2020年9月19日更新

『パヴァロッティ 太陽のテノール』レビュー&偉大な音楽家を描いたおすすめ映画3作を紹介

『パヴァロッティ 太陽のテノール』
(C)2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

新型コロナウイルスの影響による公開延期を経て、いよいよ『パヴァロッティ 太陽のテノール』が公開されました!ぜひ劇場の高音質で楽しんでほしい本作とともに、音楽家の生涯をつづったおすすめ映画を紹介します。

目次

『パヴァロッティ 太陽のテノール』公開記念!おすすめ音楽映画を紹介

『パヴァロッティ 太陽のテノール』
(C)2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が延期されていた『パヴァロッティ 太陽のテノール』が、9月4日に公開されました! “3大テノールの王”と称されたルチアーノ・パヴァロッティの人生を、彼の圧巻の歌声とともにつづる本作。名匠ロン・ハワード監督は、偉大な音楽家としてだけでなく彼の愛すべき人間性も引き出しています。最新の音響技術で至高の歌声を蘇らせた本作は、オペラに詳しくない人にもぜひ体験してほしい作品です。 今回は『パヴァロッティ 太陽のテノール』とともに、音楽家の人生を描いたおすすめ映画を紹介しましょう。

パヴァロッティの名前は知ってるけど……なライターも感動の歌声と人生讃歌!

“人生を楽しむ天才”パヴァロッティの生涯とは

『パヴァロッティ 太陽のテノール』
(C)2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

オペラファンだけでなく、世界中の人々を魅了したテノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティ。日本では、3大テノールの来日コンサートやトリノオリンピック開会式でのパフォーマンス、そして同五輪でフィギュアスケートの荒川静香が、彼の得意とする「誰も寝てはならぬ」で金メダルを獲得したことなどがよく知られているのではないでしょうか。 かくいうわたしも、“パヴァロッティ”についてはそれくらいのことしか知りませんでした。しかしそういったことだけでも、オペラ歌手の名前をオペラファンでない人が知っている、ということ自体が珍しいケースだと思うのです。そんな興味から本作を観たところ、圧巻のパフォーマンスの数々に感動!そして彼の人柄や人生にも強く惹きつけられました。 パヴァロッティの人生を追う本作は、彼の家族や高名な音楽家など、23人の証言からその芸術家としての功績だけでなく、愛にあふれる人間性を引き出していきます。 一夜にしてスターに登りつめた若きテノール歌手が世界にその名を轟かせるようになるまでと、その黄金時代と高まる名声、そしてスキャンダルによる失墜とU2のボノをはじめとする他ジャンルの歌手との共演やチャリティ活動という、オペラになぞらえた3幕構成で展開される本作。 彼の妻から提供されたホームビデオは、陽気なイメージの裏に隠された1人の男としての葛藤など、これまで知られていなかったパヴァロッティの素顔も伝えてくれます。 さらに彼の十八番『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめ、『トスカ』の「星は日か練りぬ」、『ラ・ボエーム』から「冷たい手を」、3大テノールが集結したライヴ・イン・ローマでの「オ・ソレ・ミーオ」など20曲におよぶ彼のパフォーマンスはどれも圧巻。曲名でピンとこなくても、聴けばどこかで聴いたことがあると思う人も多いのではないでしょうか。 ぜひ劇場の高音質で楽しみたい作品です。

「パヴァロッティ」に興味がある人におすすめの音楽映画3選

『パヴァロッティ 太陽のテノール』を観れば、ロックやポップス以外の音楽、そしてそれぞれのジャンルのスターを知りたいと思うのではないでしょうか。 ここでは、偉大なオペラ歌手やシャンソン歌手を描いたおすすめ映画を紹介します。

『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(2007年)

マリオン・コティヤールが激動の人生を送ったシャンソン歌手を熱演

『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』シルヴィー・テステュー、マリオン・コティヤール
©︎ TF1\CANAL+/zetaimage

伝説的シャンソン歌手、エディット・ピアフの激動の人生をつづった『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』。その迫真の演技でピアフをスクリーンに蘇らせたマリオン・コティヤールは、セザール賞とアカデミー賞で主演女優賞を獲得しています。 1915年、第一次世界大戦中の貧しい家庭に生まれたエディット・ピアフ。祖母が営む娼館で育った彼女は、街頭で歌って日銭を稼いでいたところをスカウトされ、瞬く間に人気歌手に成長します。しかし一方で、その私生活は順風満帆とはいい難いものでした。 「愛の讃歌」「ばら色の人生」などピアフの生み出した名曲を散りばめながら、47年という彼女の短くも激しい人生が描き出されます。

『ワン チャンス』(2013年)

何度失敗してもあきらめない!笑いと涙のサクセスストーリー

『ワン チャンス』ジェームズ・コーデン
©︎ THE WEINSTEIN COMPANY/zetaimage

イギリスの人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」から一躍注目を浴び、世界中でセンセーションを巻き起こした歌手、ポール・ポッツの波瀾万丈な半生を描く伝記映画です。 幼いころからオペラ歌手を夢見ていたポール・ポッツ。冴えないいじめられっ子だった彼は、大人になってからもケータイ販売員としてパッとしない日々を送っていました。あるときメールでしか交流のなかった恋人ジュルズに初めて実際に会った彼は、彼女に発破をかけられ本格的にオペラ歌手を目指すことにします。 失敗や挫折を何度もくり返しながら、夢をあきらめない姿勢が感動を呼ぶ本作。イギリス映画らしいユーモアも魅力です。歌唱シーンでは実際のポール・ポッツの歌声を聞くことができ、その美しさと迫力に圧倒されます。

『私は、マリア・カラス』(2017年)

未完の自叙伝や未公開音源から紐解く、誰も知らない歌姫の素顔

マリア・カラス
©︎ Photofest/zetaimage

音楽史にその名を残す歌姫マリア・カラス。その歌声はもちろん高度なテクニックと演技力、エキゾチックな美貌で20世紀最高のオペラ歌手と評される彼女の人生は、これまでにも劇映画やドキュメンタリーの題材になってきました。 しかし本作の監督トム・ヴォルフは、徹底的な取材によって彼女の未完成の自叙伝を発見。さらに彼女の友人たちの信頼を得て入手したプライベートな手紙や映像、音源をまとめ、誰も知らなかったマリア・カラスの素顔を浮かび上がらせます。 当時の舞台映像やインタビュー、プライベート映像で構成され、全編に渡ってカラスの歌声が響く本作。栄光の裏に隠された苦悩や舞台の途中降板によるバッシング、愛と裏切り、そしてキャリアの衰退など、波乱の末にも輝きを失わない歌声に魅了されます。

波瀾万丈な人生が歌声に込められる

『パヴァロッティ 太陽のテノール』
(C)2019 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

オペラにはあまり詳しくないという人にも、その歌声をぜひ劇場で体感してほしい『パヴァロッティ 太陽のテノール』。その裏にある彼の人間性と人生がありのままに描かれています。 そのほかにも今回紹介した映画で、偉大な歌手たちの歌声に込められた波瀾万丈な人生を見つめるのもいいのではないでしょうか。