2020年10月19日更新

父親育児は映画に学べ!子育ての悩みを乗り越える父親を描いた映画5選【10月19日はイクメンの日】

『クレイマー、クレイマー』ダスティン・ホフマン、ジャスティン・ヘンリー
© COLUMBIA/zetaimage

10月19日の「イクメンの日」に日にちなんで、父親の育児を扱った映画を5作品紹介します!子育ての悩みを乗り越えていく父親たちからイクメンの心得を学びましょう。

目次

「イクメンの日」に観たい!パパたちが育児に奮闘する映画を紹介

女性の社会進出が進む現代において、“育児は女性がする”という考え方はもう古い?近年、若い世代を中心として、積極的に子育てに参加する男性が増加中です。 毎年10月19日は父親が育児を楽しみ、頑張る日である「イクメンの日」。語呂合わせにすると「父(10)さん育(19)児」と読めることから、日本記念日協会が2011年に制定しました。その年に最も頑張ったイクメン著名人を表彰する「イクメンオブザイヤー」も開催されています。 この記事では、イクメンの心得を学ぶことができる映画5作品を紹介。子育てをしている人も、これから子育てをする人にも響く作品ばかりです!

『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

インクレディブル・ファミリー
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「Mr.インクレディブル」シリーズ第2作目であり、ピクサーの記念すべき長編アニメーション第20作目でもある『インクレディブル・ファミリー』。 14年越しの続編となった本作も、父親のボブことMr.インクレディブルをはじめ、スーパーパワーを持つヒーロー一家が大活躍します。スーパーヒーロー活動が法律で認められたことによって、世界の脅威との戦いだけでなく、育児と仕事の両立に悩む夫婦の姿が描かれました。 家の事は妻のヘレンに頼っていたボブですが、彼女がとあるミッションで長期不在に……。ボブは慣れない家事や育児に奮闘し、家族の絆を守るヒーローになるのです。イクメンオブザイヤー2018では、Mr.インクレディブルがキャラクター部門を受賞しました。

『クレイマー、クレイマー』(1980年)

『クレイマー、クレイマー』ダスティン・ホフマン、ジャスティン・ヘンリー
© COLUMBIA/zetaimage

70年代のアメリカで社会問題となった離婚率の増加、そして親権争いを扱った作品です。第52回アカデミー賞にて、作品賞を含む5部門を獲得しました。 主人公のテッドは仕事が第一で、家事も育児も妻のジョアンナに任せっきりでした。そんな中、社会復帰を目指す彼女は夫に不満を募らせ、テッドと息子のビリーを残して家出。テッドはシングルファーザーとして奮闘しますが、職場での風当たりは強くなっていき……。 『俺たちに明日はない』(1968年)のロバート・ベントンが監督と脚本を務め、ダスティン・ホフマンやメリル・ストリープが共演した本作。親権を巡る裁判や、テッドとビリーが一緒にフレンチトーストを作る名シーンなどから、様々なことを考えさせられる作品です。

『そして父になる』(2013年)

是枝裕和監督が昭和40年ごろに多発した同様の事件に着想を得て、“子どもを取り違えられた”2つの家族の苦悩を描いた『そして父になる』。福山雅治が父親役に初挑戦した作品で、第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を獲得しました。 エリート建築家の野々宮良多は、高級マンションで妻と息子と3人暮らし。しかしある時、彼の息子の慶多が“他人の子”で、実子は群馬県の斎木家にいると判明。全く違う境遇の夫婦たちは、育ててきた他人の子と血の繋がった息子、どちらを選ぶか選択を迫られました。 良多は自分を拒絶する実子の琉晴(りゅうせい)や、慶多の本当の思いと初めて向き合うことに。最初は交換に積極的でしたが、次第に父親としての心境の変化が生まれます。 家庭を顧みない良多と、貧しくとも家族に愛情を注ぐ斎木家の父・雄大の対比にも注目です。

『うさぎドロップ』(2011年)

『うさぎドロップ』は宇仁田ゆみの人気漫画を実写映画化したヒューマンドラマです。主演の松山ケンイチが初めてイクメン役を演じ、芦田愛菜と初共演を果たしました。 主人公のダイキチは、独身で彼女もいない27歳のサラリーマン。彼はある日、祖父の葬式に出席するために帰省した実家で、祖父の隠し子だという少女りんと出会います。ダイキチは勢いでりんを引き取ると言ってしまい、年下の叔母との同居生活が始まるのです。 慣れない育児に四苦八苦しながら、手を繋いでりんの送り迎えをしたり、一緒の布団に寝たりして父親になっていくダイキチ。彼を見守る周囲やシングルマザーの苦悩、保育園が抱える問題などにも言及されており、今の時代にピッタリな映画と言えるでしょう。

『ミセス・ダウト』(1994年)

『ミセス・ダウト』
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

「ホーム・アローン」シリーズのクリス・コロンバス監督、名優ロビン・ウィリアムズの主演で制作されたホームコメディ『ミセス・ダウト』。 仕事も家事もろくにしませんが、子どもを心から愛する子煩悩な父親ダニエル。全てを一手に担う妻はそんな夫に離婚を突きつけ、親権は収入がある彼女に渡りました。最愛の我が子に会うため、ダニエルは妻の家で「家政婦」として働き始めますが……。 自堕落な性格が女装で変わるわけもなく、料理も掃除も満足にこなせません。序盤は料理中に胸の詰め物が燃えるなど爆笑必至の失敗が重なり、ロビン・ウィリアムズの名演が光ります。元ダメ男は狂気的なまでの愛の力で成長し、子どもの教育にも関心を持つようになるのです。 父親の愛は家族の心を動かすことができたのか、ぜひ実際に観て確かめてください!