2020年11月16日更新

映画「スタンドバイミードラえもん」のあらすじを振り返る なぜ“ドラ泣き”できるのか【ネタバレ】

スタンドバイミードラえもん サムネイル

2020年11月に続編が公開されることでも話題の『STAND BY ME ドラえもん』。原作コミック屈指の人気エピソードを組み合わせた、“大人も泣ける”感動作です。今回は、日本中が“ドラ泣き”した第1作のあらすじを振り返っていきます!

目次

『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)は原作のどのエピソード?あらすじから解説

日本を代表する漫画家であり、国民的アニメ『ドラえもん』の原作者である藤子・F・不二雄の生誕80周年記念作品『STAND BY ME ドラえもん』。 「ドラえもん」シリーズ初のフル3DCGアニメーション映画として話題を集め、第38回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞に輝いた作品です。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの名作を世に送り出した山崎貴、八木竜一コンビが共同監督し、山崎が脚本を担当しました。 この記事では、日本中が“ドラ泣き”した感動作のあらすじ、声優キャストなどを紹介します。

『STAND BY ME ドラえもん』無料で観る方法はこちら!

2020年11月20日に本作の続編「スタンドバイミードラえもん2」が公開されることを記念して、動画視聴サービスTELASA(テラサ)では「スタンドバイミードラえもん1」の配信が決定しました! 「スタンドバイミードラえもん1」は、続編公開翌日の11月21日(土)から視聴することができます。 ちなみに2020年11月現在、ほかの動画配信サービスでは「1」を視聴することはできないようです。ぜひTELASAで本作を楽しんでみてくださいね。

「スタンドバイミードラえもん」のあらすじを結末まで紹介!しずかちゃんと結婚?【ネタバレ】

「ドラえもん」のはじまり

誰より優しい心を持っているものの、運動も勉強も落ちこぼれの小学生・野比のび太。学校では先生に怒られ、ガキ大将のジャイアンたちに馬鹿にされていました。 そんなある日、机の引き出しからのび太の孫を名乗る少年・セワシと、猫型ロボットのドラえもんが「タイムマシン」に乗って未来からやってきます。のび太がお茶とどら焼きを出してもてなすと、ドラえもんは飛び跳ねて大喜び。 セワシはのび太に、未来では彼がジャイ子と結婚しており、起業した会社が倒産して、借金を抱えていることを話します。「未来は変えられる」とのび太を励ましたセワシは、ドラえもんに仕込んでいた“のび太を幸せにしない限り未来に帰れない”プログラムを起動。 ドラえもんは嫌がりますが、セワシは彼をのび太のもとに残して帰って行きました。

次々登場するおなじみの“ひみつ道具”たち

ドラえもんは未来で開発されたひみつ道具を持っており、のび太の日常を一変させます。遅刻しそうな時は「どこでもドア」で瞬間移動し、テストでは「暗記パン」を食べて高得点を連発。 ジャイアンに「透明マント」で逆襲したり、しずかの汚れた服を「きせかえカメラ」で新品にしたりと、両親も驚きの優等生に変身しました。ドラえもんはしずかやジャイアン、スネ夫とも出会い、ひみつ道具を使って一緒に遊ぶようになります。 「アパートごっこの木」で地中に部屋を作り、「雲かためガス」で固めた雲の上で遊ぶなど、子供心をくすぐられるシーンも! そんな中、どうしても未来へ帰りたいドラえもんは、のび太の幸せとはしずかと結ばれることだと考え始めるのです。のび太も1度はひみつ道具でしずかの想いを操ろうとしますが、考えを改めて真面目に努力するようになりました。

のび太としずかちゃんの壮大なラブストーリー

未来が少し変わったとドラえもんから聞き、どんな未来になるか気になるのび太。彼が「タイムテレビ」で14年後の世界を見ると、画面に映し出されたのはしずかと雪山登山する当日の様子でした。 大人のび太が風邪を引いて自宅で寝込んでいるため、しずかは1人で山を登り始めますが、悪天候で遭難してしまいます。のび太は「タイムふろしき」で大人に成長し、「タイムマシン」で14年後へと向かいますが……。 中身が小学生では役に立たず、逆にしずかに助けられることになります。一方のしずかは、必死で助けようとするのび太に心打たれ、「このあいだの返事、OKよ」と告げて気絶。とっさの機転で大人のび太が駆けつけ、のび太は別れ際にしずかの返事を伝えます。 ドラえもんとのび太は、結婚式の様子をみに未来へ行きますが、到着したのは式の前日でした。ジャイアンたちに祝福されるのび太と、お父さんと語り合うしずか。そんな2人の姿を見て、「式の当日は楽しみにとっておこう」と現代に戻ることにしました。

のび太とドラえもんの別れ【涙の結末ネタバレ】

のび太は心の底から幸せになり、ドラえもんにセットされたプログラムが解除されます。今から48時間以内に、ドラえもんは22世紀へ帰らなければなりません。 のび太は自分1人でも大丈夫だと、ドラえもんを安心させるために、ジャイアンに決闘を申し込みました。しぶとく食らいつくのび太にジャイアンが根負けし、のび太が勝利。その日の夜、ドラえもんはのび太の寝顔を見つめていましたが、朝にはもうその姿はありませんでした。

それから時が経ち、のび太は「そこでドラえもんに会った」というジャイアンの嘘で心が折れしまい、寂しくて堪らなくなりました。ドラえもんが残していった「スイッチ」を思い出し、言われた通り押してみると、“言った言葉が全て嘘になる”薬「ウソ800」が出てきます。 薬でジャイアンとスネ夫に復讐しても虚しいばかりで、家に戻ってきたのび太。彼は思わず「ドラえもんはいるわけない。もう2度と会えないんだから」と呟きました。 すると、机の引き出しからドラえもんが現れ、「この時代にいても良いことになった」と言います。なぜならのび太は「ウソ800」を飲んだ状態で「もう2度と会えない」と言いました。その言葉が「嘘」になったことで、彼はドラえもんと再会することができたのです。 のび太は「全然嬉しくない……」と反対の言葉を言い、涙を流しながら再会を喜びました。

「スタンドバイミードラえもん」原作のどの話?原作との違いは?

本作は原作のエピソードの中から、ファンの人気が高い「さようなら、ドラえもん」など7つのエピソードを選出し、新解釈を加えて再構築されました。 ■原作コミックス第1巻第1話「未来の国からはるばると」:のび太とドラえもんの出会い ■原作コミックス第37巻「たまごの中のしずちゃん」:のび太の敗北と挫折 ■原作コミックス第32巻「しずちゃんさようなら」:のび太としずかちゃんの固い絆 ■原作コミックス第20巻「雪山のロマンス」:結婚を決める重要事件 ■原作コミックス第25巻「のび太の結婚前夜」:結婚を迎えた2人と周りの人々 ■原作コミックス第6巻最終話「さようならドラえもん」:のび太とドラえもんの別れ ■原作コミックス第7巻第1話「帰ってきたドラえもん」:のび太とドラえもんの再会 原作との最も大きな違いは、ドラえもんが“のび太の世話を嫌がる”という設定でしょう。最初は強制される形だからこそ、2人の間に芽生える友情に胸を打たれます。 また映画では、のび太とドラえもんが初めて出会ったときにどら焼きが大好物になりました。しかし原作で初対面ののび太が出してくれたのは、どら焼きではなく「お餅」だったのです。 さらに、映画の終盤でドラえもんはのび太がしずかと結婚すると知って、川辺で「あれ、おかしいな」と言いながら涙しますが、このシーンも原作にはありません。 他にも細かい変更点があるので、原作と比べてみるとより映画を楽しめるでしょう。

『STAND BY ME ドラえもん』はなぜあんなに泣けるのか?見どころを紹介

泣けるシーン①ひとりでジャイアンに立ち向かうのび太

多くの人が心を打たれたシーンの1つは、のび太がジャイアンに決闘を申し込むところでしょう。心配するドラえもんに、1人でも立ち向かえると証明するため、あえて勝負を挑んだのび太。殴られても蹴られてもジャイアンに食らいつき、真夜中まで及ぶ勝負に勝利します。 何でもドラえもんと彼のひみつ道具に頼っていたのび太が、独り立ちを決意したのです。お互いを思いやる2人の友情と別れに、涙が溢れる観客が続出しました。

泣けるシーン②しずかちゃんに嫌われようとするのび太

のび太はひみつ道具が無いと何もできず、もしこんな自分としずかが結婚したら苦労をさせてしまうと思い、悲しみに暮れます。その思いから彼は、遠くに引っ越したいとママに言い出したり、スカートめくりをしたりして、しずかに嫌われる行動を取り始めました。 飲むと相手に嫌われる薬「虫スカン」を一気に飲み干し、ドラえもんたちにまで嫌われますが、結局はしずか本人に救われることに。 相手の幸せを一心に願う、のび太の一途な思いが胸に迫る“ドラ泣き”シーンと言えます。

泣けるシーン③結婚前夜のしずかちゃんのお父さんの言葉

結婚式の前夜、マリッジブルーになっていた大人しずかは、自分の父に「パパ!私、結婚やめる!」と言い出します。 父はしずかとの思い出を語りかけ、それを聞いてもなお不安を抱く彼女に、「(自分が選んだ)のび太くんを信じなさい」と優しく諭しました。我が子を思う言葉に、幼い頃に『ドラえもん』を観て親になった世代は涙せずにはいられなかったのでしょう。 子どもたちはもちろん、彼らを取り巻く大人にも感情移入できるのが本作の魅力なのです。

ゲスト声優・妻夫木聡が“大人のび太”を演じる

映画『STAND BY ME ドラえもん』のゲスト声優を務めたのは、演技派として知られる妻夫木聡です。 妻夫木はドラマ『オレンジデイズ』(2004年)、映画『怒り』(2016年)などに出演し、『怒り』では第40回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞。2020年はドラマ『危険なビーナス』で、『オレンジデイズ』以来16年に、TBS系「日曜劇場」の主演を務めています。 実は本作に先立って、大人のび太を演じたことがある妻夫木。2011年に放送されたトヨタ自動車のCM「ドラえもん」シリーズにて、30歳ののび太役に扮しました。どこか頼りないけれど人の良さが隠し切れないのび太を好演し、はまり役だと話題に! 2020年11月20日に公開される続編「スタンドバイミードラえもん2」でも、大人のび太役を続投することが発表されました。

そのほか主要キャラクターはおなじみの声優が勢ぞろい!

のび太を幸せにするため、未来からやって来た猫型ロボットのドラえもん。国民的キャラクターを演じた声優は、TVアニメ版と同じく水田わさびです。水田は『ヒカルの碁』(2001年)のフク役などで知られ、2005年に大山のぶ代から役を引き継ぎました。 いじめられっ子の野比のび太を大原めぐみ、ヒロインの源静香を「創聖のアクエリオン」シリーズなどのかかずゆみが演じたほか、お馴染みの声優が勢ぞろい! ガキ大将のジャイアンこと剛田武を『輪るピングドラム』(2011年)や『ヒプシノスマイク』に出演し、人気上昇中の木村昴が演じました。取り巻きのスネ夫役は、2020年の大ヒット作『鬼滅の刃』をはじめ、数多くの作品に出演するベテラン声優・関智一が担当。 のび太の孫・セワシ役を演じたのは、「ペンギンの問題」シリーズや「夜桜四重奏」シリーズなどの作品に出演した松本さちです。

主題歌は秦基博の大ヒット曲「ひまわりの約束」

映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌は、シンガーソングライターの秦基博が、本作のために描き下ろした楽曲「ひまわりの約束」です。 2006年11月にシングル「シンクロ」をリリースし、メジャーデビューした秦基博。彼の歌声は「ハガネとガラスで出来た声」とも称され、繊細さと力強さをあわせ持つのが特徴です。2010年にリリースした3rdアルバムは、CDショップ対象の準大賞作品に選ばれました。 タイアップ曲も数多く手がけており、その1つである「ひまわりの約束」は誰かに語りかけ、寄り添うような歌詞で紡がれた珠玉のバラード。そばに居ても離れていても、のび太に優しさと愛情を注ぐドラえもんという存在を、ひまわりの花に例えた曲です。 別れのときに初めて、相手の存在の大きさに気付いたのび太とドラえもん。彼らの姿をとおして、大切な人がいるありがたさを歌ったこの曲は、秦基博、最大のヒット曲となりました。

続編「スタンドバイミードラえもん 2」が2020年11月公開!

『STAND BY MEドラえもん2』(スタンドバイミードラえもん2)
(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

日本中を感動の渦で包んだ本作の続編『STAND BY MEドラえもん 2』が、2020年11月20日から全国の劇場で公開されました。 続編のベースとなるのは、屈指の名エピソードである「おばあちゃんの思い出」。監督は山崎貴と八木隆一が続投し、脚本も山崎が担当します。どんな結末を迎え、またも観客を“ドラ泣き”させる作品となるのでしょうか?ぜひ劇場で見届けてください。

続編『STAND BY ME ドラえもん 2』の情報はこちら