2019年12月13日更新

『STAND BY ME ドラえもん 2』公開!「おばあちゃんの思い出」をベースにした“ドラ泣き”必至の感動作!

ドラえもん

大ヒット映画の続編となる『STAND BY ME ドラえもん 2』の公開されます!本記事では名作と名高い「おばあちゃんの思い出」をベースにした本作のあらすじや見どころなど、最新情報を紹介!

目次

「STAND BY ME(スタンドバイミー) ドラえもん 2」が公開決定!山崎貴最新作

公開日:未定

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』が公開されます! 本作は2014年に公開された『STAND BY ME ドラえもん』の続編。前作と同じく山崎貴と八木隆一が監督をし、脚本は山崎が務めます。 3Dアニメーションで製作された『STAND BY ME ドラえもん』は、ドラえもんとのび太の出会いから、「のび太の結婚前夜」や「帰ってきたドラえもん」などのストーリーを再構成したもので、日本で83億円の興行収入を上げました。 この記事では続編となる「2」のあらすじやキャストなど最新情報を紹介します!

あらすじを紹介!「のび太とおばあちゃんの思い出」が描かれる

本作は原作4巻に収録されている「おばあちゃんの思い出」をベースに、オリジナル要素を加えたものになるとのこと。 「おばあちゃんの思い出」はドラえもんの中でも屈指の感動エピソード。亡くなったおばあちゃんが大好きだったのび太は、タイムマシンで会いに行くことを思いつきます。小学生になったのび太に驚きながらも、疑うことなく優しく受け入れるおばあちゃん。 そして「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃったねぇ」と呟くのです。そこでのび太はおばあちゃんの願いに応えるため、ドラえもんと時間を越えた冒険に出発します。

『STAND BY ME ドラえもん 2』の見どころは?

共同監督と脚本を担当する山崎貴は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや『永遠の0』などの実写映画に加え、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』や『ルパン三世 THE FIRST』などの3DCGアニメを手掛けています。 そんな山崎によると、名作を繋げば1本のストーリーとして成立するという発見から前作を作ったとのこと。その際、ほとんどの「名作」と呼ばれるストーリーは使っていましたが、前回どうしても入れ込みたくても難しかった「おばあちゃんの思い出」があったため、この話を軸に膨らませることはできないかというところからプロジェクトをスタートさせたそうです。 元々は短編だった物語から、おばあちゃんの一言をきっかけに大冒険が幕を開ける『STAND BY ME ドラえもん 2』。難産だったという本作で、のび太とドラえもんはいつしか家族というものの温かさを再発見していくことになります。 おばあちゃんのためにひたむきに頑張るのび太を通して、私たちも家族の大切さを再認識する物語となっているでしょう。

ドラえもん50周年記念作品『STAND BY ME ドラえもん 2』の公開をお楽しみに!

日本中を感涙の渦に巻き込んだ大ヒット映画の続編、『STAND BY ME ドラえもん 2』は2020年8月7日に公開が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年6月現在、公開日未定となっています。 「ドラえもん」の世界にそのまま入り込んだかのような圧倒的な映像と大人も泣ける感涙のストーリー。みんなで“ドラ泣き”しましょう!