2022年2月16日更新

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の動画を見逃し配信中のサブスクはここ!【無料あり】

ドラマ『TOKYO MER(エムイーアール)~走る緊急救命室~』は鈴木亮平主演の本格医療ドラマで、2021年7月よりTBS系列で放送されました!本作は北里大学病院救命救急チームや東京消防庁などが監修していることもあり、非常に本格的な内容ですよ。 本記事では、そんな本作の見逃し動画を観られるサブスクを徹底解説します!

放送年2021年
ジャンル医療,ヒューマンドラマ
話数全11話
キャスト喜多見幸太(きたみこうた)役/鈴木亮平
音羽尚(おとわなお)役/賀来賢人
弦巻比奈(つるまきひな)役/中条あやみ
千住幹生(せんじゅみきお)役/要潤
公式サイト・SNS公式サイト
公式Instagram
公式Twitter
あらすじ危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、患者をいち早く救命するために都知事の命で発足された救命救急チーム「TOKYO MER」。

そのチームメンバーとして集められたのはチーフドクターの喜多見幸太、研修医の弦巻比奈、看護師の蔵前夏梅、ベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン、麻酔科医の冬木治朗、臨床工学技士の徳丸元一、そして厚生労働省の官僚で医師の音羽尚の7人でした。

チームの発足記念式典が行われている最中、彼らのもとに「バス事故が起きている」という情報が入ります。現場に急行し悲惨な現場を目の当たりにした彼らは、複数の患者を事故現場でオペをするという危険な選択をすることに。

しかしその喜多見の行動が、厚生労働省から問題視されてしまい……。

予告動画

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を配信中のサービス一覧

Netflix・アマプラ・Huluで配信していないのか調査

Netflixでは配信していない!

Netflixではドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は配信されていませんでした。 本サービスには無料トライアル期間がないので、登録の際はあらかじめ作品ラインナップをチェックしておくようにしましょう!

Amazonプライム・ビデオでは配信していない!

Amazonプライム・ビデオでも、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は配信されていませんでした。 しかしショッピングのほうでは、本作品のDVDボックスを購入することができます。DVDの視聴を考えている人は要チェックです。

Huluでは配信していない!

TOKYOMERHuluスクショ
出典 : www.hulu.jp

Huluでも『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は視聴することができませんでした。 検索結果には、タイトルに「TOKYO」が含まれる作品や「緊急救命」つながりの医療系ドラマが出てきています。

結論:「TOKYO MER」を観るならディズニープラス!

調査の結果、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』はNetflixやAmazonプライム・ビデオ、Huluでは配信されていないことが明らかになりました。 つまり、本作をサブスクで視聴したい場合にはディズニープラスを利用する必要があります。どちらを選ぶかは自分のニーズに合わせて決めてみてください!

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の再放送情報を紹介

現在、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が再放送するという情報はありませんでした。そのため現時点で本作品を観るには、配信中のサブスクを利用するかDVDを購入・レンタルする必要があります。 人気が高くファンも多いドラマなので、今後再放送される可能性は大いにありますが、あくまで推測の域を出ません。再放送の情報が出るまで待ちきれないという人は、今回紹介したサービスを活用してみてくださいね。

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は無料動画サイトで観られる?

GYAO!配信なし
Tver配信なし
Youtube配信なし
ニコニコ動画配信なし

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は、過去にはTVerで見逃し配信されていました。しかし各話が1週間限定で公開されていたので、放送から時間が経った今は視聴することができなくなっています。 また、YouTubeやdailymotionといった無料動画サイトにも本作はありませんでした。また、仮に動画があったとしても違法でアップロードされたものなので、絶対に視聴したりダウンロードしたりしないようにしてください。

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の全話あらすじ

第1話「待ってては救えない命」

東京都知事の命で発足した、救命救急のスペシャリストチーム「TOKYO MER」。チーフドクターの喜多見幸太(きたみこうた)や厚生労働省の官僚で医師の音羽尚(おとわなお)を中心に7人で構成されたこのチームは、誰もが救命救急のスペシャリストです。 その発足記念式典の最中に「バス事故が起きている」との連絡を受けた彼らは、現場に急行することに。喜多見は事故現場で多くの重症患者たちを目の当たりにして、リスクを背負いながら現場でオペを行う覚悟を決めます。 しかしその後喜多見の行動が厚生労働省から問題視され、発足早々TOKYO MERは解散の危機に陥るのでした。そのような状況下でまたしても重大な事故が発生し、彼らは現場に向かいますが……。

第2話「若き医師への『命』という試練」

工事現場で起きた鉄骨落下事故の現場に急行したTOKYO MERのメンバー。研修医の弦巻比奈は危険を顧みずに現場でオペを始めるチーフドクターの喜多見幸太に反発しますが、自らのミスで患者が命の危機にさらされてしまいます。 そのことをきっかけに比奈は大きく自信を失い、今後医師としてどのように動いていけば良いのか分からなくなってしまうのでした。そんな中、比奈たちに再び指令が出されます。次の事故現場は、なんと夏祭りでの爆発事故。 苦しむ多数の患者の姿を前にして比奈は「自分たちの安全も守りながら患者の命を助けること」の難しさを痛感し、動けなくなってしまいます。喜多見はそんな比奈に1人での重大なオペを任せますが……。

第3話「立てこもり事件…人質の少女を救え!」

男が重病を患う少女を人質にとり立て篭もる事件が発生し、TOKYO MERのメンバーたちは現場に急行します。チーフドクターの喜多見幸太は先に現場に到着していた警察官に少女に命の危険があることを伝えますが、両者は対立してしまうのでした。 そんな中薬が無いと発作を起こす可能性のある少女の身を案じた看護師・蔵前夏梅が、自ら身代わりを志願。シングルマザーの彼女には少女を救いたい強い気持ちがありましたが、建物の中でなんと犯人は夏梅に発砲します。 現場で激しい銃撃戦が繰り広げられる中、全員を救いたいという強い気持ちがある喜多見は難しい状況下でオペを開始することを決意。彼は果たして少女や看護師の夏梅、さらに犯人を救うことができるのでしょうか。

第4話「トンネル崩落!移植手術へ命のタイムリミット」

トンネルの崩落事故が発生した現場に急行した喜多見幸太は、その道中で移植手術に使用する心臓を運搬していた医師がガレキの下敷きになっていることに気がつきます。 彼は急いで救出にあたるものの新たな崩落が起こり、危機的な状況に陥ってしまうのでした。それでも諦めない喜多見はレスキュー隊員・千住幹生と看護師・蔵前夏梅とともに決死の覚悟で突入を試みます。 その頃東京海浜病院では循環器外科医・高輪千晶から手術を受ける予定である少女の命のタイムリミットが、刻一刻と迫っていました。事故現場やオペ室、さらに指令室において全てのメンバーが諦めない心を持ちながら命のリレーを繋ぐ中、果たして彼らはすべての命を救うことができるのでしょうか。

第5話「妊婦に迫る炎!絶体絶命の密室で母子の命を救え」

喜多見幸太の妹・喜多見涼風とお腹の大きな妊婦を乗せたエレベーターが、突如起こった火災の影響で急停止してしまいます。そこには偶然TOKYO MERのメンバーで医系技官の音羽尚と大物政治家・天沼夕源が乗り合わせていて、彼らはエレベーターの中に閉じ込められてしまうのでした。 そんな中エレベーターの中にも煙が充満し始め、酸欠状態の中で妊婦の容態が急変します。現場に急行したものの、政治家である天沼の命を最優先で救出するように命令されたTOKYO MERのメンバーたち。 まさにエレベーターが炎上しようとしている中、音羽は究極の選択を迫られます。危機的状況に陥った母子を救うため、喜多見はある決断を下しますが……。

第6話「小学生が山で謎の大量失踪 親子の絆を救え」

18人の小学生が山中で突然失踪してしまうという事件が発生し、喜多見を始めとするTOKYO MERのメンバーは現場に向かいます。 彼らは急いで子供たちを捜索し、迅速に治療にあたるために3つのチームにメンバーたちを分断しました。これまでチーム一丸となって治療をおこなってきた彼らは、初めてバラバラに行動することに。 音羽や弦巻たちは必死に原因不明の重症に苦しむ子供たちの治療を行いますが、なかなかうまくいきません。喜多見も11名の児童たちに急いで処置を行いますが、必要な薬剤が足りずに苦慮します。 ちょうどその時彼らの元に、ドローンで点滴が運ばれてきます。治療を再開した喜多見たちでしたが、彼らの元に新たな危機が襲いかかり......。

第7話「新たな敵は警察 追い込まれた弱者を救え!」

外国人労働者たちが突如原因不明の症状を訴えはじめ、TOKYO MERのメンバーたちはただちに出動することに。 体調不良の原因は集団食中毒だと思われていましたが、彼らが到着するとなぜか現場には多くの警察官の姿がありました。喜多見は状況が掴めないままとりあえず苦しむ傷病者たちを搬送しようとしたものの、彼の前に公安刑事・月島しずかが立ちはだかります。 彼女は患者の身柄を拘束し、喜多見たちは治療を行えない状況に陥るのでした。ただの食中毒だと思われたこの事件の背景には、実は政府に大きく関わるようなとある事件が関係していました。 それと同時にその事件は、喜多見の驚くべき秘密と謎の「空白の1年」に繋がっていて……。

第8話「暴かれた禁断の過去!仲間との絆に、終焉」

都からの要請を受けたTOKYO MERは、停電が起きた病院に急行します。出動する途中の車内で、喜多見の過去を知ってしまった音羽は彼を問い詰めます。TOKYO MERのメンバーたちは喜多見をかばいますが、何も言葉を発さない彼を見てなんともいえない気持ちに。 本当のことを告げない喜多見に対して、「そんな人に命を預けられない。今後は一切命令に従わない」と告げた音羽。車内で重苦しい雰囲気が漂う中次第に雨脚も強まり、ようやく彼らは現場に到着します。 喜多見らが現場に到着すると、病院はなんとか非常用電源でもっていましたがギリギリの状態。そんな中、大きな地震が起き、ついに非常用電源までも使えなくなってしまい……。

第9話「大使館で事故!突入すれば国際問題 究極の選択」

大使館の地下駐車場で消火設備を点検している最中に、突然設備が誤作動したことで大量の二酸化炭素が噴出してしまいます。 数人の作業員がそのまま駐車場に取り残されており、彼らは二酸化炭素中毒の危機に。そんな中、TOKYO MERのもとに小規模医療事案として出動要請がかかります。 急いで現場に駆けつけた喜多見らでしたが、彼らの前に「治外法権」という法律の壁が立ちはだかり思うように動けません。 喜多見はなんとかチームメンバーに指示を出しますが、その時同じくその場に居合わせた都知事・赤塚の身体に異変が起こり倒れてしまいます。 その後地下に移動して救助にあたっていた喜多見とレスキュー隊員の千住でしたが、患者とともに地下駐車場に閉じ込められてしまい……。

第10話「最終章前編 ついに死者が?誰よりも守りたい人」

テロ組織への関与を疑われた喜多見は、TOKYO MERへの出動禁止を命じられてしまいます。そんな中大学で爆破事件が起こり、喜多見は音羽だけを連れて救助のために駆け付けます。 しかしそれは、別のところで爆破テロを仕掛けていたエリオット・椿の罠だったのです。喜多見と音羽の2人は爆弾が仕掛けられた大学の校舎内で、重傷者のオペを行うことに。 そこにいた学生たちはSNSで拡散された噂を鵜呑みにし、喜多見たちをテロリストだと勘違いした上にとんでもない行動に出るのでした。2人は重傷者の治療を思うようにすすめることができず、最大の危機に陥ります。 そんな中、TOKYO MERの関係者からついに初めての死者が出て……。

最終話「伝説に消えた勇者たち MER最後の戦い」

最愛の妹である涼香をテロによって失った喜多見は、すべての希望を失い絶望に打ちひしがれていました。責任を感じた喜多見は、そのままMERのメンバーたちに脱退することを告げます。 その頃都知事の赤塚梓は、未だ意識不明のまま入院先で生死の境を彷徨っていました。一方でMERのメンバーで医療系技官の音羽尚は大物政治家・天沼夕源に逆らえないまま、赤塚の願いも虚しく遂にMER解散が決定しようとしていて......。 そんな中、再びエリオット・椿による連続爆破テロが起こり、東京中が混乱の渦に。前回よりも多くの負傷者が出たものの、喜多見も音羽も出動せず、ついにはERカーの使用も禁じられてしまうのでした。 MERのメンバーたちは史上最大のピンチを迎えますが、その時喜多見の心を動かすある「言葉」が響き……。

登場人物とキャストを紹介

喜多見幸太(きたみこうた)役/鈴木亮平

喜多見幸太は本作の主人公で、救命救急チーム“TOKYO MER”のチーフドクター。かつて海外の紛争地域などで医師として従事した経験を持つ彼は、何事にも動じない度胸を持ち合わせています。また、患者に対する指示の的確さや処置のスピードはチームの中でも群を抜いています。 「待っているだけじゃ、助けられない命がある」という信念のもと働く彼は、自分を犠牲にして患者の命を救おうとしますが……。 喜多見幸太を演じるのは、俳優の鈴木亮平。大河ドラマ『西郷どん』で一躍有名になった彼ですが、幅広い演技力を活かして様々な作品に出演しています。代表作には、映画「変態仮面」シリーズやドラマ『レンアイ漫画家』などがあります。

音羽尚(おとわなお)役/賀来賢人

音羽尚はTOKYO MERのメンバーの1人で、医師である一方で厚生労働省の官僚という一面も持っています。 彼の正体は、厚生労働大臣の指示で“TOKYO MER”を潰すために潜入した、いわばスパイ。熱い喜多見の性格とは真逆の性格で、冷静でありながらも自身の理想とする医療政策を実現させるために野心を燃やしています。 音羽尚を演じるのは、人気俳優の賀来賢人。本作のようにクールな役からコミカルな役までこなす彼は、様々な作品に引っ張りだこです。そんな彼の代表作には、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』やドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』、さらに「今日から俺は」シリーズなどがあります。

弦巻比奈(つるまきひな)役/中条あやみ

弦巻比奈は、TOKYO MERのチームメンバーとして抜擢された研修医。彼女は東京海浜病院の循環器外科で研修中にメンバーに抜擢されましたが、本命は心臓外科医であるため兼務している状況に不満を持っています。 万全の医療体制のもと患者に適切な医療を提供したい彼女は、十分に検査などもせずに危険な状況下でオペ等を行う喜多見のやり方に反発しますが……。 弦巻比奈を演じるのは。女優・モデルの中条あやみ。イギリスと日本のハーフである彼女はその抜群のスタイルを活かし、「東京ガールズコレクション」などにも出演しています。 彼女の代表作には、映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』やドラマ『白衣の戦士!』などがあります。

千住幹生(せんじゅみきお)役/要潤

千住幹生は、東京消防庁のレスキュー舞台・即応対処部隊隊⻑です。彼はこれまで数々の現場で人命を救ってきた凄腕のレスキュー隊員で、咄嗟の判断力が求められる現場で迅速に救命活動を行っています。 常に二次災害を引き起こさないように考えながら動いているため、救命のために危険な現場に飛び込もうとする喜多見とは度々衝突しますが……。 千住幹生を演じるのは、俳優の要潤です。2001年に『仮面ライダーアギト』でデビューした彼は「イケメンヒーロー」ブームを巻き起こし、以降も多くの作品で人々を魅了し続けていますよ。彼の代表作には、ドラマ『重版出来!』や映画『スマホを落としただけなのに』などがあります。

ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の見どころ

救命現場で繰り広げられる人間ドラマに注目

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の1番の見どころは、救命現場の最前線で繰り広げられる熱い人間ドラマです。脚本はこれまでにドラマ『東京グランメゾン』や映画『キングダム』などを手掛けた黒岩勉が担当していて、救命救急チームの葛藤や人間模様がリアルに描かれています。 主演を務める鈴木亮平もこれまでドラマ『天皇の料理番』や『テセウスの船』などで重厚かつリアリティ溢れる演技を見せていて、本作でも緊張感溢れるシーンでどのように喜多見幸太という役柄を演じてくれるのか今から楽しみです。 また、壮大なスケールで描かれる事故や災害なども本作の見どころの1つ。まるで実際の事故現場かのような雰囲気が漂っているため、思わず引き込まれてしまうような出来となっています。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』視聴者の口コミ・感想

総合評価
4.5

吹き出し アイコン

30代女性

鈴木亮平史上、1番のはまり役!東京の治安悪すぎるし、身内巻き込まれすぎだし、ツッコミどころを挙げたらきりがないけど、医療従事者へのリスペクト強く感じるドラマでした。毎回感動して泣いたけど、特にラスト2話は号泣しすぎて頭が痛くなるほどだった。

吹き出し アイコン

20代男性

まさに「日曜劇場」の名にふさわしい、安定のハイクオリティードラマ。ストーリーにひねりがなかったからちょっと物足りなさもあるけど、キャスト全員の演技力の高さには脱帽した。映画も楽しみ。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の気になるQ&A

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を配信しているサービスは?

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を配信しているサービスは「ディズニープラス」です。「ディズニープラス」ではスピンオフ作品も視聴することができます。 また「ディズニープラス」でも見逃し配信されていますが、本サービスにおける無料体験期間は終了しているため、注意が必要です。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の劇場版はいつ公開される?

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の劇場版は2023年に公開される予定です。詳しい上映スケジュールに関しては、まだ公式から発表されていないため、続報を待ちましょう!

動画配信サービスでドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』を見逃し視聴しよう!【無料あり】