2023年1月23日更新

漫画『裏バイト逃亡禁止』全話ネタバレあらすじ&感想!割高なバイトは危険が一杯!?

『裏バイト逃亡禁止』

あなたは大金と、自身の命の安全のどちらを取りますか?そこで大金を取ったあなたには、裏バイトがおすすめです。 『裏バイト逃亡禁止』では、主人公の和美が自身の命を危険に晒し、沢山お金を稼げる裏バイトをこなすホラーサスペンスとなっています。 今回はそんな『裏バイト逃亡禁止』の各話ネタバレを含みながら解説していきます! ※本記事は『裏バイト逃亡禁止』のネタバレが含まれています。読み進める際は注意してください。

AD

『裏バイト逃亡禁止』のあらすじ【ネタバレ注意】

主役は金髪で快活な性格をしている白浜和美。そして「自身の命の危険」を匂いで感じる、友人の黒嶺ユメの2人です。とある事情で大金を求める2人は、明らかに仕事内容と給料が釣り合ってないバイトへと手を出します。 しかし常識はずれの高給報酬には、何か裏があるのが常です。そんな裏バイトの中で起こる怪異と戦いながら、2人がバイトの枠を超えた報酬を手にするホラーサスペンスです。

『裏バイト逃亡禁止』をお得に読む方法は?

漫画『裏バイト逃亡禁止』をお得に読みたい人にはコミックシーモアがおすすめ。 コミックシーモアでは無料会員登録で70%オフのクーポンをゲットできるので、かなりお得に読むことが出来ます。この機会に是非コミックシーモアで『裏バイト逃亡禁止』を一気読みしてくださいね!

ホールスタッフ編(1話)ネタバレ感想

給与 90万円

この物語の始まりとなるのは、郊外の緑豊かな森リゾートレストランのバイトです。住み込みでの仕事となりますが、その時給はなんと15000円と超高額です。 しかし「2階には大病の妻がいる」と、その行動に怪しさしかないオーナー。またユメは異臭が気になるようで、いつも「くさい」と連呼しています。オーナーも同居人も、やばさムンムンで既に帰りたくて仕方ないですね。 そしてある日ユメと共に奥さんの部屋を覗くと、白骨死体が座らされていたのです!それに気づいたオーナーに手斧で2人に襲い掛かります。 なんとかオーナーから逃れ、森林を朝になるまで走り回っていた2人。後に判明したのがオーナーは独身であること、そしてあのレストランでは度々行方不明者が現れていたことでした。 そして明らかに給料なんて出なさそうな状況ですが、和美はしっかり店から仕事分の給料を盗んでいました。

AD

ビル警備員編(2~5話)ネタバレ感想

給与 248万円

新たにビル警備員のアルバイトを始めることになった2人。今回のバイト代は、時給10000円です。 そして今回も最初から怪奇現象が起こります。空きフロアとされた7階を除くと、なんと上司らしき男が部下に暴力を振るう光景が繰り広げられていたのです。更にはバイトの先輩である西本が自宅で自殺し、明らかに2人に命の危険が迫ります。 この話のホラー要素は死んだ人間の霊がいることではなく、霊達が死んでも働かされている点でしょう。 和美の「ユメちゃん…仮にさ、究極のブラック企業があったら…死ぬまで働けってモンじゃないよね…死んでも働けだよね」には、1ミリも笑えない読者も多いのではないでしょうか?

個人向け配送業編(6~9話)ネタバレ感想

給与 50万円

今回の仕事は個人向け配送業の裏バイトです。依頼主から鞄を受け取り、指定した場所まで持っていくだけの簡単な仕事ですが……。勿論これは裏バイトで、渡される鞄がただの鞄な訳ないのです。 当然いく先々で鞄を巡って、あらゆる人間が狂ったように2人に襲いかかってきます。タクシーの運転手すら2人から鞄を奪おうしてきますが、なんとか2人は依頼主に辿り着きます。 そして依頼主たちすら、鞄の中身を知らなかったのです。そして依頼を終えて入ったラーメン屋で、鞄を巡って国が壊滅するニュースを見ます。 冷静に「国を壊滅させる鞄」とはなんでしょう?中身を見てみたいものですが、きっと見たら筆者も死ぬでしょう。

AD

治験編(10〜12話)ネタバレ感想

給与 300万円

今回ユメと和美が望むのは、治験の裏バイトです。治験といえば新薬の効果を検証する、現実でもかなり割りのいいバイトです。 しかし今回は裏バイトということもあり、その報酬は1週間で300万!年収並みの数字を稼いでしまえるのです。勿論摂取する薬のヤバさも折り紙付きで、開始してから暫くして「寝る前後の記憶」がないことに気づきます。 また今回は絵里とゆうという、裏バイト仲間がいます。この2人と、ユメ和美が取る選択の違いが明暗を分けることになるのです。 そしてゆうのファインプレーで、彼女達の体調異常は薬ではなく、部屋にあるテレビだと気づくのですが……。 治験と言いつつ、別の方法で人体実験されたらたまったものではないですよね……。

人形供養編(13〜15話)ネタバレ感想

給与 96万6666円

今回は人形供養の裏アルバイトに挑戦です。そして今回も主人公の2人だけでなく、シャーロット天ノ崎というドール系ファッションの女性も参加します。あまりに名前が濃すぎますね。 そして依頼者から「アナタ方には普通じゃない人形としばらく一緒に暮らしてもらう」と告げられ、一軒家で人形たちと過ごすことに。 しかし着いて早々、人形たちと共に家に閉じ込められたことに気づき、まさしく最初から絶対絶命と言った感じです。 そして2人が家の中を探索していく中で、彼女たちが人形の生贄として用意されていたことが判明し……。この話、筆者としては1番背筋が凍ったラストで、暫くトラウマになりました。

AD

自然保護監視員(16〜18話)ネタバレ感想

給与 30万円

今回は自然保護監視委員として雪山に訪れた2人。「雪山」という単語だけで、既に事件が起こりそうな予感がムンムンですね。 着任して早々彼女たちは、雪山の整備、清掃、案内仕事などを任されていきます。どう考えても仕事の量が多すぎると思うのは私だけでしょうか? 今回のバイトは、裏バイト中でも過酷な割に、報酬がイマイチです。裏バイトの中でも更にブラックな部類と言えるかもしれません。 そして2人は地元民から、この地で以前に大雪崩でホテル関係者の人間が沢山死んでしまった事を聞きます。バイトのリーダーである馬岡は、その雪崩の理由を突き止めるため、今までも裏バイトと調査してきた模様。 しかし今までの裏バイトは「失敗した」とのことです。もう死の予感しかしない、緊張のある章になってます。

助勤巫女編(19〜21話)ネタバレ感想

給与 800万円

今回の話でユメと和美が、裏バイトの世界で有名になってきていることが明かされます。数々の裏バイトを股にかけ、無傷で戻ってきていることから、和美と組みたい人も少なくないようです。 そんな中ユメと向かう次のバイトは助勤巫女です。これは巫女のアルバイトで、神社へ参拝に来た人に対してお守りやお札などを販売します。 これだけならまだ聞こえはいいですが、問題はこの神社がある場所が離島とのことです。相変わらず立地が「事件を起こしてくれ」と言っていますね。 そして今回も2人だけでなく、未帆と真琴と言った別グループの女性も参加しています。そう、今回の犠牲者です。 着いて早々未帆が行方不明になってしまいます。そして神主から「巫女の裏バイトでは毎年、神隠しに遭う者が1名いる」と告げられるのです。

AD

水族館スタッフ編(21〜24話)ネタバレ感想

給与 400万円

水族館スタッフと聞いて何を思い浮かべますか?やっぱりペンギンショーとか華やかの思い浮かべますよね。しかし2人が挑戦するのは、「バックヤードツアー担当」です。 水族館の裏側を見せる特別なツアーで、なんとツアー代は300万円とのことです。2人が稼ぎすぎてるからか、なんか少ないようにすら思えます。 勿論そのツアーは、人の命を貪るツアーなのでしょう。そしてなんと彼女たちは10日間のアルバイトで400万稼がことになりました。1回ツアーに参加できますね。 今回は以前和美のバディを務めていた、橙が登場します。今回の犠牲者かと思いきや、どうやらレギュラー入りのようですね。死なない他キャラは珍しいです。

学校用務員編(25〜27話)ネタバレ感想

給与 63万円

学校の用務員って何をしているかって知ってますか?花壇や学校の設備を直したりと、多岐に渡っています。和美たちが挑戦するのは、そんな学校用務員です。 しかし生徒たちから、「自殺した人の霊が出るため用務員たちが辞めていく」と告げられ、やはり不穏な空気が立ち込めます。 しかも今回はユメの匂いによる危機察知が上手く機能せず、本作でも屈指にハラハラさせられるエピソードです。 依頼主の安居の正体と、学校の先生たちの末路に驚かされつつも、背筋が凍ります。

AD

探偵助手編(28〜30話)ネタバレ感想

給与 100万円

探偵助手と聞くと誰を思い浮かべますか?私はホームズの相棒であるワトソン君ですね。しかし裏バイトの探偵助手は、そんなかっこいいものではありません。 依頼主から今回の仕事が、芸能人である吾妻史朗といった男性の素行調査であることを聞かされます。そして「尾行は絶対見つかるなよぉ…見つかったら死ぬと思ってね!」と、不安しかない言葉を告げられます。 そして吾妻を尾行する中で、彼の周りで次々と引き起こされる怪異を、彼女たちは目の当たりにすることになるのです。 今回の話の超常的なホラーの原因は、本作の中でも非常に難解なものとなっているため、何度も読み直しが必要かもしれません。

温泉宿スタッフ編(31〜33話)

給与 250万円

温泉宿のスタッフは、一時期『花咲くいろは』の影響で人気だったので、やったことある方もいるのではないでしょうか? しかしこの作品の温泉宿はそんなキラキラしたものではなく、怪異が起こる事故現場です。今回和美たちが働くのは、働く宿はこの辺りで1番人気の温泉宿「乳海」です。 この世界では人気の店とか、人の出入りが多い場所でも普通に怪異が起こる迷惑さが特徴ですね。そして今回の怪異の原因となるのが、みなさん大好きな「若返りの効能がある温泉」です。 筆者がこの話を通して学べることは、「若返りには代償がつきもの」だと感じています。

AD

『裏バイト逃亡禁止』の感想&レビュー

本作はホラーサスペンスとなっており、引き起こされる怪異の根源を紐解いていくのが醍醐味です。 しかし怪異の原因が、もはや人智を超えた怪奇現象と表現するしかないようなものばかりなのが、本作の特徴です。 その為読んでる側に怪異の意味が伝わらず、困惑してしまう場面もあるでしょう。しかし人智を超えた力によって引き起こされる怪異には、「何が起こっているか分からない」という感覚が付き纏います。 そんな「何に脅かされているのか」という恐怖は、ホラーを楽しむ上で最高のスパイスです。本作はそんなスパイスの扱いが、非常に上手い作品といえます。

『裏バイト逃亡禁止』あらすじをネタバレ解説しました

ここまで『裏バイト逃亡禁止』のネタバレを解説してきました。筆者はホラーが苦手なので、読み進めながら何度も目を覆ってしまいました。 しかし元から苦手な私からしても、本作は中々冷や汗をかくハラハラが多いです。ユメの特殊能力も、そんなハラハラを作るのに一役買っているのが、本作の凄い所だと改めて感じます。 特殊能力や超常現象も、ホラーとして楽しめる本作を、是非愛読書にしてはどうでしょう?