2024年4月4日更新

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』最新話まで全話ネタバレあらすじ&感想!最終回の結末予想も

このページにはプロモーションが含まれています

「妻の仕事で移住した島で......。」「こちゃん鍋の中身は......」などの文言で話題の青年漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』。 本作は一見美しい離島で描かれる、常軌を逸した生活を描いたエログロサスペンス漫画です。この記事では、最新巻までのネタバレ感想や続きが気になる最新話を含めたストーリーのネタバレ・最終回の考察をしていきます

読みたいネタバレ巻数をクリック
1巻2巻3巻
4巻5巻6巻
7巻8巻9巻
10巻11巻12巻
13巻14巻
漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』をお得に読めるサービス

おすすめ

renta!

[PR]

配信中 配信中 お得なポイント還元
登録無料

おすすめ

コミックシーモア
配信中配信中 70%OFF
登録無料
漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』を読める他のサービス
配信中 配信中 最大50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 50%即時還元
登録無料
配信中 配信中 600円OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額550円〜
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額330円〜
配信していないサービス

※配信状況は4月4日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

menu icon

タップできる目次

【最新巻】漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』14巻ネタバレ感想

娘を人質に取られ、手も足も出ない状況に陥ってしまった颯太と愛梨。さらに町長は愛梨に服を脱ぐよう言い放ち、颯太の目の前で凌辱しようとしてきました。 言われた通りに服を脱ぎ、町長の前へと歩いていく愛梨。すると次の瞬間、斧を持った駐在が後ろから町長に切りかかったのです。それでもなお、颯太たちに襲い掛かろうとする町長を、今後はガソリンを被った山田が取り押さえ、自身ともども火を付けました。 その隙に船へと乗り込んだ颯太と真凛。愛梨も後に続こうとしましたが、炎に包まれた状態の町長が追いかけてきて……。

吹き出し アイコン

や、山田がまさかのヒーローに!?ずっと片想いしていた愛梨を助けるためとはいえ、あまりにも捨て身な作戦。それにしても火に包まれても諦めない町長の執念が恐ろしい……。最後は思いがけない展開になったけど、ニュースで焼死体は2人って言ってたから、だれか生き残ったのかな?島から脱出してもまだまだ終わらなそうだ。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』13巻ネタバレ感想

愛梨と再会した後に、一緒に門脇町長から逃げ出した颯太。生まれ変わったと思った島はまったく変わっておらず、愛梨も騙されていたとのこと。 真凛は山田に預けたと告げる愛梨でしたが、颯太は愛梨のことも山田のことも信じられません。それでも彼女の言葉を信じて港に用意されている船へと向かうのでした。 そして島からの脱出を図ろうとしますが、門脇町長によって船を爆破されます。行き場を失った2人のもとに、門脇町長と人質に捕られた真凛がやってくるのでした。 門脇町長から「愛梨を殺せ」と命令される颯太。もし殺せないのであれば、真凛を殺すと言われ……。

吹き出し アイコン

前回のラストに登場した愛梨が、まさかの味方に回るという熱い展開が!だけど状況は最悪です。愛梨は騙されていて、再び島民全員が敵に回るという厄介な展開に。しかも颯太としては、本当に愛梨を信じて良いのかという問題もあります。読んでいる感じ大丈夫っぽいけど果たして……。そして絶望的な状況からどのように脱却するのか!

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』12巻ネタバレ感想

桃井先生に責められているうちに気を失っていた颯太。彼が目を覚ますと見知らぬ病院にいました。颯太がなぜ病院にいるのか理解できないでいると、館内放送で聞き覚えのある声が聞こえてきます。 その内容は、颯太を捕らえたものに精子を手に入れる権利が与えられるというものでした。しかもその声は、警察に捕らえられたはずの門脇町長のもので……。 不思議に思っている颯太のもとには、彼の精子を求める女性たちがものすごい勢いでやってきます。颯太は彼女たちから逃げ回っているうちに、とある部屋で多くの男が捕まっている場面に遭遇するのでした。

吹き出し アイコン

てっきり味方だと思った桃井先生には騙されました。この島の人間はやっぱりどうかしていますね。警察に捕まったはずの町長も現れて、平和な気分で読める日はまだまだ先なのかもしれないですね。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』11巻ネタバレ感想

妻と娘を追いかけて再び根度羅島へとやってきた颯太。そこには桃井先生と山田もいました。無邪気に島に馴染んでいる山田を見ていると、怒るに怒れない気分になってきます。愛梨に1週間の猶予が欲しいと言われた颯太は、妻と娘のために生まれ変わった根度羅島を見極めることに決めます。 島のことは信用できないけど、やはり真凛には母親が必要だと思う気持ちは颯太の中で日に日に高まっていきます。そうして迎えた6日目、家族で参加したきのこ狩り大会で、颯太と桃井先生が2人っきりになる瞬間が。山の中の小屋で拘束され、責めに責められた颯太はーー。

吹き出し アイコン

どうして愛梨はここまで島に固執しているんだろう?真凛のためとはいえ、このまま島にとどまるのは怖すぎるよ!桃井先生の動きも気になります……。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』10巻ネタバレ感想

母に会いたいあまり、1人で根度羅島へ向かった真凛。真凛の置手紙を見つけた主人公は、必死で真凛と連絡を取ろうとしますが、電話は全く通じません。そこに会社の同僚の山田から電話がかかってきます。背後から聞こえるのは船の音。なんと山田は真凛を連れて根度羅島に向かっていました。 実は桃井先生と山田はつながっていて、桃井先生が主人公を引き留めている間に山田が真凛を拉致したようです。「僕は真凛ちゃんの願いを聞いてあげたんです」と開き直る山田。どうして桃井先生と山田がつながっているのか……?山田の目的は……?

吹き出し アイコン

まさかの山田も根度羅島の人間なんですか!?島では新たな町長が誕生しているし、前のような島ではなくなっているみたい……?子育てしやすい島になっていると言われているけど信用できないなぁ。でもひとまず愛梨が無事に生きていたのはよかったです!また家族3人で暮らせる日が来るならハッピーエンドだけど、これまでの展開を考えるとたぶんそうはならないな……。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』9巻ネタバレ感想

根度羅島でのトラウマが忘れられない颯太。そんな中、真凜は「ママに会いたい」と言い出します。颯太はいつか会えるまで待とうとなだめますが、真凜は「1人で根度羅島まで行く」といって反抗してしまいます。 場面は変わり、真凜の担任の桃井先生との二者面談が始まります。颯太は、真凜との関係について相談しますが、桃井先生は颯太を安心させるために、「特製のカモミールティー」を提供します。 頼れる担任の桃井先生に安心しホッとする颯太。しかし、カモミールティーの正体は桃井先生の〇〇が入った「こちゃんティー」で......!?

吹き出し アイコン

まさかの「こちゃんティー」の登場に笑いました。桃井先生は颯太を島に連れ戻すための刺客だと思われます。さらに終盤で、真凛が家出する展開が描かれます!颯太の救われない境遇が可哀想です。颯太たちは根度羅島に再び戻ってしまうのでしょうか?続きがとても気になる第2章の展開でした。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』8巻ネタバレ感想

何も知らない真凛。颯太はその姿を見て、娘を守るために「父親」として生きることを選択します。 その数日後、颯太は愛梨を睡眠薬で眠らせ、真凛と島からの脱出を図ります。その脱出に協力してくれたのは本土出身の漁師と駐在でした。 そこで、駐在によって根度羅島の壮絶な過去が語られます。実は駐在自身も本土から連れられてきた人間だったのです。 それから2年後......、颯太は島からの脱出に成功し、シングルファーザーとして真凛との親子の日常を送っていました。 そんなある日、「暴かれたカルト島!!」として根度羅島がスクープされた広告を見つけてしまいます。寒気を感じた颯太は真凛の手を引き、その場から離れようとします。そしてその先に門脇に似ている人物が立っているのを見つけるのでした。

吹き出し アイコン

颯太が娘の真凛を守ることを選んだのが予想外でした。「男」としての本能よりも「父親」として、娘の安全を第一に考えたということですね。 そして、まさかの第2章開幕。島から開放された颯太ですが、まだまだ島の住人との因縁は続きそうです。さらに、真凛が「お母さんに会うために根度羅島に行きたい」と叫ぶシーンもあり、愛梨が生きている可能性も考えられます。伏線や謎も残っていて、これからの展開が楽しみです。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』7巻ネタバレ感想

「何としても颯太を助けたい」その一心で自分が根度羅島出身であることを明かした愛梨は、門脇に颯太を助けてやって欲しいと進言します。 もちろん答えはNOだったのですが、突然颯太がどれだけ優秀な人間なのか証明したいと言いその場で服を脱ぎだした愛梨。歓声を上げる島民たちに「この身体、堪能したくないですか」と下着姿で呼びかけ、彼らを煽りはじめます。 颯太はたまらず愛梨を止めようとしますが、愛梨は「本音でぶつかろうよ」と颯太の寝取られ趣味を暴露。そして唯一まとっていた下着をも脱ぎ捨て、その身を島民たちにゆだねるのでした

吹き出し アイコン

いい意味で「普通の夫」だった主人公の印象がガラッと変わってビックリしました。でも旦那の嗜好的にはこういう展開の方が興奮するのかなと思ったり。この展開に持って行った愛梨の本心も気になる所です。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』6巻ネタバレ感想

実は根度羅島の出身であることが発覚した妻・愛梨は、「島の掟」にしたがって本土へやってきました。島では18歳になると長老のもとへ集められ、根度羅の血から遠い男と結婚し、子供を産んだら島へ帰ってくるように言い渡されます。 相手にふさわしい男性は「知性」と「生殖力」に優れた男性であること。そして、自分が一生愛し続けられる相手であること。 こうして彼女は、生涯の伴侶を探すべく本土へとやって来たのです。しかし良い相手にはなかなか恵まれません。掟に添う相手に出会えないまま本土で就職した彼女は、そこで理想的な結婚相手である颯太に出会ったのです。

吹き出し アイコン

まさか愛梨がこの島の出身だったとは思わず、かなり驚きました。 この島はかなり閉鎖的に見えますが、「根度羅の血から遠い男」を島に連れてきて島の女性たちとの子供を産ませるとはどういう事なのでしょう。長老が女の子を一喝するシーンからも「島外の男」への並々ならぬ執着を感じます。 島民全員が子宝に恵まれる事を望みながら、相手は島外の人間でなければいけないという所にもひっかるものを感じました。6話は愛梨の過去が判明する回でしたが、颯太や真凛が無事なのか気になりますね。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』5巻ネタバレ感想

5話では、島のどこかにある地下施設の存在が明かされます。裁判所のようなその場所に、颯太は手錠をかけて転がされていました。 門脇が振り下ろす鉈から愛梨を守った颯太は、麻酔薬のようなものを注射され意識を奪われました。次に目覚めた時には見知らぬ場所で拘束され、近くに愛梨の姿もありません。 そんな状況に困惑する颯太を無視して裁判が始まります。裁判長の姿をしているのは門脇。傍聴席には島民たちがそろっていました。 「ちゃんちゃん祭り」を妨害した罪に問われる颯太でしたが、裁判は驚くべき展開に向かっていきます。

吹き出し アイコン

島の地下に隠されるように存在する裁判所……。不穏な気配しかしません。裁判長が門脇であることから、島での門脇の絶対的な権力を改めて感じました。そんな門脇に逆らった颯太たちは一体どうなってしまうのか、心配でなりません。

真凛だけでなく愛梨までいなくなってしまい、そちらも気になるところです。無事であってほしいけど、この状況で無事なことってあるんでしょうか……。今後の展開がますます気になってきました。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』4巻ネタバレ感想

火を放たれた容器の中にいたのは人間ではないかと感じた主人公は、消火器で容器に燃え移った火を消してしまいます。しかし容器の中にあったのは、よく出来た人形でした。儀式を中断に追い込まれた島民たちの怒りはピークに。 喉元に包丁を突き付けられあわや大惨事となったとき、「そこまでだ!」と拳銃を構えた駐在が間に入ってくれます。駐在は主人公夫妻に交番へ行くよう指示をし、娘は必ず自分が見つけると約束するのでした。 島民の狂気は駐在に向かい、主人公夫婦はどうにか会場から逃げることに成功します。交番に向かう途中で追手が迫っていることに気づいた夫婦は身を隠しましたが、島民たちの魔の手はすぐそこまで迫っていました

吹き出し アイコン

島民が愛梨に子供のことを尋ねた時は「まあ小さい島だし、子どもが沢山生まれた方がいいんだろうな」くらいに感じていましたが、この儀式の異様な盛り上がりにはさすがに混乱してしまいますね。

そして駐在さんが本当に心配ですし、真凛をはじめとした子供たちが一体どこへ行ったのか気になります。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』3巻ネタバレ感想

楽しみにしていた「ちゃんちゃん祭り」にやって来た主人公一家。途中で友人と出店に向かった娘の真凛を探すべく、夫婦は手分けして会場を探します。途中で会った駐在から「子孫繁栄の儀式をする舞台の近くに子供たちがいた」と聞かされ、舞台へ向かう事に。 すると駐在は自分が颯太の味方であると言いだし、町長に歯向かわないようにと釘を刺すのでした。その後舞台にたどり着いた主人公は、子孫繁栄の儀式を目の当たりにします。 この島が子宝に恵まれるようにと島民が願い、舞台にはなにやら大きな容器が運ばれてきます。その容器に中には町長の妻の姿が。そして島民たちは人が入ったその容器に、迷わず火を放つのでした

吹き出し アイコン

この島では駐在も「島民たちのやっていることを知っていながら黙認している」という事でしょうね。町長に逆らうと何があるのか考えただけでも恐ろしいですが、ひとまず味方になってくれそうな人がいたというだけでホッとします。

そして子孫繁栄の儀式が恐ろしすぎるのですが、容器に入っているのは誰なのでしょうか……。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』2巻ネタバレ感想

島民との歓迎会を終えた翌日、主人公が娘を学校に送った帰りに醤油を買おうとスーパーへ向かおうとしたその時。何やら農家の敷地で聞こえる物音が気になって近寄ってみると、そこでは「豊作祈願」と称した異常な行為が行われていました。 驚きのあまり醤油を買うのも忘れ、家に居た妻に自分が見たことを話そうとします。するとチャイムが鳴り、扉の前には町長夫妻が。町長が持ってきた鯛を捌いて3人で舌鼓を打っていた時、不意に彼が「妻の好きな所」を語り始めます。 その内容の異常さにいたたまれなくなり、中座した主人公。すると町長の妻が彼に迫ってきて、強引に体をまさぐられてしまうのでした

吹き出し アイコン

島で迎える朝の風景がのどかなのと、ご近所さんたちに挨拶をする主人公父娘の姿が爽やかで「昨晩あった事は何かの思い違いなんじゃないか?」と思わせるような冒頭でした。でもやはりこの島は狂っていて……というストーリーなのですが、一体この島の倫理観がどこまで狂っているのか気になります。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』1巻ネタバレ感想

妻の仕事の関係で、とある離島に家族3人で移住することになった颯太。町長の門脇も一家を歓迎したものの、やたら親密なボディタッチにもやもやさせられます。その後島民との夕食に一家で誘われ、温かい歓迎の言葉をかけられたことでほっと胸を撫でおろす主人公夫妻。 しかし、「こちゃん鍋」という謎の鍋料理が到着してからは味の感想をしつこく聞いたり、妻の身体を舐め回すように見る態度に主人公も辟易してしまうほど島民たちの様子が一変します。 「荷解きがありますので」と早々に家族を連れて帰宅する主人公でしたが、彼らに振る舞われた「こちゃん鍋」にはなんと村の男たちの精液が入れられていました

吹き出し アイコン

広告で気になった「こちゃん鍋」の中身が1話で分かります!一見移住者を快く受け入れる温かな島の様子が描かれているのですが、愛梨への発言だとかこちゃん鍋の具材は完全にアウトですね。島民の妻たちが作っている様子でしたが、本当にアレが入った鍋を煮込んだんです……?そもそもアレが入ってるって知ってたんです……?と、色々ゾッとするシーンが多かったです。

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』作品概要&登場人物

作者名 杉野アキユキ
出版社 ファンギルド
ジャンル ホラー , ミステリー , サスペンス , お色気
既刊数 14巻(2024年4月4日時点)

登場人物

成瀬颯太

主人公。妻の愛梨に根度羅島の移住を提案され、家族で島に引っ越す。やがて島の異常性を知ることになり、島から逃げる決意をする。

成瀬愛梨

颯太の妻。広告の仕事で根度羅島の魅力を伝えるために島への移住を希望する。後に島の出身者であることが発覚する。

成瀬真凛

颯太の娘。小学校に上がるのを機に島へ移住する。颯太が島を出る際に一緒に連れて逃げたため、母親の愛梨と離ればなれになる。

門脇

根度羅島の町長。妻以外の女性たちとの間に子どもが10人以上いる。妻の香葉子を颯太に寝取らせようとするなど、尋常ではない行動を取る。

門脇香葉子

門脇の妻。夫とは年の離れた若い女性。夫の門脇との間に子どもがおらず、子作りに異常な執着を見せる。

桃井

真凛が通う小学校の担任教師。優しい先生に見えるが、島から逃げた颯太を連れ戻そうと裏で画策している。

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』最終回の結末予想&考察

予想もつかない展開で続きが気になる本作ですが、一体最終回はどうなるのか。今までのストーリーから考察してみました。

考察①:全員生存のハッピーエンド!根度羅島の暗部が白日の下に晒される

まず考えられるのは、何らかの方法で根度羅島の風習が晒されることで警察の手が入り、一家そろって根度羅島を脱出するというパターンでしょう。愛梨のように定期的に島から婿探しに来ていた女性たちがいるなら、誰かが口を滑らせていたとしても不思議ではないと考えられます。 その中の誰かが気になって島のことを調べ、ネットやマスコミで取り上げられるようになって警察が介入……というシナリオも考えられますし、島民の暴露という線もありそう。 6話で描かれた愛梨の過去で、婿探しに送られる女子たちの中に「嫌だ」と泣く子が一人いました。もし例年の婿探しが全員合意の上では無かったとしたら……?と考えると、島民の中に情報提供者がいる線も浮かんできますね。 10話では、村長の門脇が逮捕されたことが明かされます。新しく村長になった貴崎の改革によって、これまでの異様な風習はすべて廃止されていました。子供を育てやすい島にするためにいろいろと動き出しているとのことですが、これが本当ならハッピーエンドも期待できそうです。

考察②:異常な風習に抗えなかった颯太は根度羅の男に。そして成長した真凛が婿探しへ……。

もう一つ考えられるエンディングは、このまま島から脱出できずに根度羅島の住人として一生を終えるというパターンです。 6話では愛梨が島の住人だったということが明かされ、7話では颯太の異常な性癖が明らかになりました。彼は異常ともいえる島の中で唯一「普通の人間」として描かれていたので驚きましたが、裏を返せば「根度羅島には普通の人間など存在しない」ということ。 7話で島の男たちに愛梨を差し出して興奮する颯太も、颯太が門脇に認められて「島中の女性と子作りすること」を言い渡されて喜ぶ愛梨もまともとは言えませんが、それが彼らの本質なのでしょう。 さらに10話では、一度島を離れた颯太と真凛が再び島に戻ってきます。一度は脱出に成功したのに戻ってきてしまったことで、このまま根度羅島の風習に染まってしまう可能性が高くなってきました。しかも全裸の女たちが颯太の家を取り囲むという描写もあるので、前村長の意思はまだ残っていそうです。 以上の点から、彼らはむしろこの島に残ることを喜んで受け入れるのではないでしょうか。そして18歳になった真凛が婿探しに本土へ行き、島の歴史は続いてゆく……という後味の悪いエンディングもありそうですね。

考察③:想定外の事態が起きて島から脱出!しかし、脱出できたのは……。

最後の考察は若干トリッキーではありますが、「予期せぬ事態によって颯太だけが島から脱出する」というエンディングもありそうだと考えています。 ①のようなハッピーエンドを迎えたとしても、2人が一緒に生活することはどうしても難しい気がするんですよね……。「破れ鍋に綴じ蓋」だと開き直ってしまえばアリかもしれませんが、それでも島から出て生活するのは難しいでしょう。 そのまま2人が島に残れば②のようなエンディングを迎えると予想できますが、ここで何らかの自然災害が起こり、夫婦が引き離されることも想像できます。根度羅は外部との接触もあまり無い島ですし、災害が起これば被害が大きくなるのは予想できますよね。 一生を共にすると誓った伴侶を喪った颯太が取り残されるという悲惨なエンディングにはなりますが、こういった形もアリなのではないかと思います。

考察④:愛梨だけが生き残る生存ルート!鍵となるのは表紙イラスト?

さまざまなエンディング予想がありますが、最もモヤモヤしそうな終わり方である「愛梨のみ生存」のルートも考えられます。主人公である颯太が島民によって殺され、娘の真凛も死んでしまう……。 島の実態を考えるのであれば、愛梨以外が死ぬ構図は簡単に想像できますよね。さらに愛梨だけが島の外へと出ることができるので、十分に生き残る可能性はあるはず。 そして愛梨のみの生存ルートの伏線は、漫画の表紙にヒントがあると考えられます。表紙イラストには、島の浜辺と思わしき場所で愛梨・颯太・真凛・門脇町長・門脇町長の妻の5人が笑顔で集合写真を撮っています。 仲睦まじい様子を見せていますが、注目すべき点はキャラクターの足元。颯太・真凛・門脇町長・門脇町長の妻の4人は足が海の水に浸かっていますが、愛梨だけは水に浸かっていないのです。 つまり愛梨が島の外へ逃げるか、島の中で生き残るかを示唆しているのだと思われます。明らかにバッドエンドなので、モヤモヤする幕引きですよね!

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』最新巻の発売日は?

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』最新15巻の発売日はまだ発表されていませんコミックシーモアでは新刊自動購入機能があるので、発売日を逃さずに読みたい方はこの機能を利用するのがおすすめ!

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』ねどらじま(根度羅島)の秘密まとめ

秘密①:こちゃん鍋の中身はなんと……

島に移住することになった主人公家族の歓迎会で出された「こちゃん鍋」。見た目はエビや魚が丸ごと入っており、タコの足ものぞく海鮮風味の鍋であることが想像できます。 しかしその味は「苦いような酸っぱいような独特の味」なのだとか。愛梨曰く隠し味に白みそが入っているようですが、この時点で危ない感じがしますね……。 それもそのはず、こちゃん鍋には「島の男たちのエキス」……つまり精○がたっぷり入っているのです。そんな代物を食べる愛梨の顔を見て興奮するなどぞっとしますが、この先は更にゾッとする展開が待っていますよ

秘密②:ねどらじま(根度羅島)の豊作祈願の仕方は?

根度羅島では田畑の豊作を願って作物の入った籠を持ちながら男女がまぐあうという、島独自の「豊作祈願」が日常的に行われています。 一心不乱に性行為を続けながら、根度羅の神に向けた呪文を唱える男女の姿は不気味を通り越して恐ろしいというレベル。祈願の様子を見ていた颯太も、あまりの異様さにドン引きしてその場を離れています。

秘密③:香葉子の罪とは

町長の妻である香葉子は、颯太の精子を採取するという使命を課されていました。そのため町長と一家の元を訪ねた時、強引に颯太に迫ってきたのです。 しかし思いのほか颯太のガードが固く、香葉子は使命を果たせませんでした。その後、物語後半では町長・門脇家の名誉を汚した罪として刑に処され、むごい殺され方をします。

秘密④:愛梨の正体

颯太の妻・愛梨は根度羅島の出身で、島の掟に従い伴侶を見つけるため本土へやってきました。理想の伴侶の条件は3つ。「知性」「生殖力」に優れ、一生愛せる相手かどうかというもの。 愛梨は颯太に寝取られ性癖があると見抜き、彼を伴侶にしようと決意します。この瞬間から颯太は島に連れてこられる運命にあったのです。

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』の見どころ

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』
『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』
  • サスペンス好きにはたまらない不気味な雰囲気
  • エロとサスペンスの絶妙なコラボレーション

見どころ①:不穏で不気味な世界観

倫理観の狂った孤島という設定のもと手に汗握る展開が続く本作。作者・杉野アキユキのほの暗いイラストも相まって、作品全体に心をざわつかせる不穏な空気が広がっています。 閉鎖的なサスペンス作品が好きな人にとって、この不気味な雰囲気はたまらないはず。背筋が粟立つ感覚がクセになります。 またやることなすこと予測不能な島民たちからも目が離せません。次はどんな狂気が待ち受けているのか、怖いもの見たさでついついページをめくってしまいますよ。

見どころ②:エロ×サスペンスの織りなす高揚感

スリルに満ちた世界観の中にバランスよく織り交ぜられたエロ要素も本作の見どころです。 子孫繁栄のためなら何でもするこの島ではモラルや法律なんて無意味。引っ越し早々ターゲットにされた主人公一家に、島民たちが容赦なく襲い掛かります。この手法が何とも下劣で、人によっては胸くそに感じてしまうでしょう。 その一方で猟奇性とエロの相乗効果で、より一層ドキドキハラハラしてしまう人も多いはず。非日常的なスリルを思いっきり堪能できる作品です。

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』の口コミ・評価

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』の総合評価
4.5 / 2人のレビュー
吹き出し アイコン

20代女性

めっちゃ胸くそだし気持ち悪いし怖いし、とにかく不快。不快なんだけど……、結局続きが気になって全話買ってしまいました。人の好奇心をくすぐる中毒性がものすごい作品です。夢に出て来そう。閉鎖的な地域での因習とか、退廃的な雰囲気が好きな人は多分ハマっちゃいますね。

吹き出し アイコン

30代男性

久しぶりに痺れた!1話目からガツンとパンチがあって、ゾワゾワ神経を煽られる雰囲気がたまらないです。特に鍋の下りは気持ち悪かった~(笑)。適度なホラー感と生々しいエロスのバランスもグッド。主人公たちがどうなっていくのか気になるな~。続き早く読みたすぎる!

作者・杉野アキユキは何者?

作者の杉野アキユキは、2017年に読切「髭男」でデビュー。その後『クイズ!正義の選択』で連載デビューした漫画家です。 SNSで『合コンをする将棋の駒たち』という、本記事で紹介した作品とは全く違う作風の漫画がバズった事も。 本来「とにかくエグいものが描きたかった」と作者本人がSNSで発言している通り、連載されたものはどちらもエグさ満点の作品です

漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』を全巻無料で読む方法の調査結果!

配信しているサービス

おすすめ

renta!

[PR]

配信中 配信中 お得なポイント還元
登録無料

おすすめ

コミックシーモア
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 最大50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 50%即時還元
登録無料
配信中 配信中 600円OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額550円〜
配信中 配信中 70%OFF
登録無料
配信中 配信中 50%還元
登録無料
配信中 配信中 50%OFF
登録無料
配信中 配信中 お得なポイント還元
月額330円〜
配信していないサービス

※配信状況は4月4日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

調査の結果、2024年4月時点で漫画『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』を今すぐ全巻無料で読む方法はありませんでした。電子書籍サービスでは、上記のようにコミックシーモアのほか複数のサイトで配信されています。

コミックシーモアでは、新規会員登録時にどの作品にも使える70%オフクーポンが配布されており、このクーポンを利用することで『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』もお得に読むことができます。

Renta!は格安レンタル&ポイント還元が魅力!

低価格でのレンタルが可能!お得なポイント利用も

おすすめポイント

  • 気に入った作品は差額で購入可能
  • 110円で48時間レンタルできる!
  • BL・TL作品が豊富

注意点

  • 48時間レンタルができる作品は少なめ

Renta!でも「ディストピア 移住先は不貞の島でした」を配信中です。

Renta!は国内でも珍しい電子書籍レンタルサービスで、総ラインナップ数は127,237点(2023年10月時点)。中でもBL・TLのラインナップ数は他社をしのぐ作品数を誇るサービスです。

最大のおすすめポイントとして、Renta!では“ちょっと読んでみたい作品”を格安でレンタルできる48時間レンタルサービスが提供されています。このサービスを使えば気になっていた作品を格安で楽しむことができるうえ、気に入った作品は差額を支払うことで購入する事もできますよ。

Renta!にログインしたり作品レビューを投稿するともらえるスタンプはポイントに交換でき、作品レンタル/購入時に還元されるポイントを利用することでお得に漫画を楽しめるサービスになっています。

「ディストピア 移住先は不貞の島でした」はコミックシーモアで2巻無料!

迷ったらこれ!品揃え・お得感・機能性のバランスが最高

おすすめポイント

  • 無料で読める作品が多い
  • 安心のネームバリュー
  • 個別購入と読み放題を選べる

注意点

  • ビジネス書は少なめ

コミックシーモアでは『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』1冊分を今すぐ70%オフで読むことが出来ます。 コミックシーモアは作品ラインナップ・お得感・機能性など全てがバランスよく揃った電子書籍サービス。老舗で安心感もあるので、電子書籍を初めて使う場合や、迷ったときにはコミックシーモアを選んでまず間違いないでしょう。 無料で読める作品数は業界屈指の約1万8000冊。マイナー作品だけでなく、有名作品も一部無料で読むことができます。また通常購入だけでなく、月額制の読み放題プランやレンタルプランもあるので自分にあった方法で漫画ライフを楽しむことができます。 ただし、ビジネス書の取り扱いが少ない点には注意が必要です。

Amebaマンガなら100冊まで50%OFF!「ディストピア」をお得に読める

女性向け漫画全般と成人漫画が充実

おすすめポイント

  • 初回100冊50%オフクーポン
  • 無料で漫画を読み進められる
  • 女性向け漫画が豊富

注意点

  • 漫画以外のラインナップは弱い

Amebaマンガでも「ディストピア 移住先は不貞の島でした」を配信中です。

Amebaマンガは株式会社サイバーエージェントが運営する電子書籍サービス。初回登録の場合、なんと100冊まで50%オフになるクーポンが付与されます。そのため、巻数の多い漫画を一気読みしたい場合は特におすすめ。

また、毎日1万冊以上の無料漫画が更新されるのも魅力的です。ただし、漫画に特化しているため小説や実用書は扱っていません。

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』をraw・zip・pdfなど違法サイトで読むのは絶対にやめよう!

違法NG

海賊版サイトで『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』のzip・rar・pdf・rawなどのファイルが違法アップロードされていたとしても、絶対に利用するのはやめましょう。

海賊版の漫画サイトは利用しただけで犯罪になる可能性があります。軽い気持ちで漫画を閲覧したとしても、最悪のケースだと刑事罰を科されることもあるのです。元々違法アップロードの規制対象は、音楽と映像のみでした。しかし、2021年1月の法改正により漫画、雑誌など全ての著作物に適用されるようになったのです。

さらに海賊版サイトにはデバイスのウイルス感染や、クレジットカード情報が不正に抜き取られるなど、犯罪に巻き込まれるリスクさえはらんでいます。安全に漫画を読むためにも、公式なサービスの利用を心がけましょう。

令和3年1月1日から、インターネット上に違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツのダウンロードを行う行為が幅広く違法となります。刑事罰の対象となる場合もあります。

『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』をネタバレ解説しました!

本記事では、『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』のあらすじをネタバレ解説ありで紹介しました。また調査の結果、『ディストピア~移住先は不貞の島でした~』はRenta!で今すぐお得に読めることが分かりました!

お得に本作を読みたい方は、Renta!の利用がおすすめです。