2017年7月6日更新

『進撃の巨人』実写ドラマ版のあらすじからキャストまでを徹底解説!

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

実写ドラマ版『進撃の巨人』はより濃密なストーリーに

劇場版と連動しているという実写ドラマ版『進撃の巨人』は、本編では描ききれなかった各キャラクターの過去や内面により迫った内容となっているそです。 兵士たちの日常から兵器開発、さらには巨人研究の内容などより細部にフォーカスしたストーリが展開し、『進撃の巨人』をさらに楽しみたいかたは必見のドラマです。

劇場版と監督・キャストが同じ!そのクオリティも見逃せない!

ドラマ版『進撃の巨人』の製作はなんと劇場版と同じ製作スタッフで行われたのだそうです。監督は樋口真嗣、そしてキャストもまた劇場版と同じくハンジ役・石原さとみ、サシャ役・桜庭ななみ、フクシ役・渡部秀、リル役・武田梨奈、ヒアナ役・水崎綾女などなど。 そしてドラマにのみ登場する新キャラクターもいるとのこと。 またセットも映画版と同じで出演者でさえ驚くほど、ドラマとは思えないクオリティーの高さになっているようです。

ドラマ版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』が観れるのはdTVだけ!

このドラマ版『進撃の巨人』は地上波での放送でもケーブルテレビでもなく、ドコモとエイベックスによる新メディアdTVによる独占配信。 dTVは月額550円で映画からドラマ、アニメ、音楽などまで楽しめる動画配信サービスです。ドラマ版『進撃の巨人』はdTVのリニューアルに伴った目玉コンテンツです。 映画のサイドストーリーを映画さながらのクオリティーで楽しめるということあって、『進撃の巨人』ファンは絶対見逃せないドラマとなっているようです。