2020年9月23日更新

フェルメールからバンクシーまで!アート・芸術家を題材にしたおすすめ映画9選!

『バスキア』ジェフリー・ライト、デヴィッド・ボウイ
© Miramax Films/Photofest/zetaimage

フェルメール、レンブラントなど古典的名画からウォーホル、バンクシーといったポップアートや現代アートまで、その作品やアーティストを題材にした映画を紹介します。アートが大好きな方からちょっと興味があるに人までおすすめの作品を選びました。

目次

『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年)

レオナルド・ダ・ヴィンチ

『ダ・ヴィンチ・コード』トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ
© COLUMBIA PICTURES/zetaimage

ある日ルーヴル美術館館長が射殺体で発見され、その周囲には不可解な暗号が残されていました。暗号のなかに名前があったハーバード大学のラングドン教授は、館長殺害の容疑で現場に呼び出されます。自身の容疑を晴らし真犯人を見つけるため、彼はレオナルド・ダ・ヴィンチが残した暗号解読に挑むことに。 同名の世界的ベストセラー小説を原作に、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に秘められたイエス・キリストの真実を解き明かすミステリー。聖杯伝説やシオン修道会など、バチカンの陰謀を暴くラングドン教授の活躍を描きます。

『ファクトリー・ガール』(2006年)

アンディ・ウォーホル

『ファクトリー・ガール』シエナ・ミラー、ガイ・ピアース
© MYRIAD PICS/zetaimage

ポップアートの先駆者、アンディ・ウォーホル。彼のミューズとして活躍したイーディ・セジウィックの生涯を描く伝記映画です。 画家になるためニューヨークにやってきたイーディは、あるギャラリーのパーティでアンディ・ウォーホルに出会います。彼は独特な感性を持ったイーディに惹かれ、2人は常に一緒に過ごすように。イーディはウォーホルの映画への出演やヴォーグのモデルを務め、一躍有名になりますが……。 ウォーホルをはじめとするアーティストのほかにも、ニコ、ルー・リードなど、ミュージシャンも多数登場しています。

『真珠の耳飾りの少女』(2003年)

ヨハネス・フェルメール

『真珠の耳飾りの少女』スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース
© Pathe/Photofest/zetaimage

フェルメールによる世界的に有名な絵画「真珠の耳飾りの少女」を題材に、作品が生まれた背景を描きます。 1665年のオランダ。グリートは画家フェルメールの家で下働きをすることに。アトリエの掃除に入った彼女に天性の才能を感じたフェルメールは、グリートに遠近法や絵の具の調合などを教えます。やがてフェルメールは彼女をモデルに絵を描きはじめますが、それが妻にあらぬ誤解をさせてしまうここになるのでした。 アカデミー賞で撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の3部門にノミネートした本作は、絵画のような美しい映像も見どころです。

『レンブラントの夜警』(2007年)

レンブラント・ファン・レイン

集団肖像画の傑作といわれるレンブラントの「夜警」に隠された謎を紐解くミステリー。17世紀のオランダ、肖像画家として成功をおさめたレンブラントは、まさに人生の絶頂にいました。あるときアムステルダム市警団から集団肖像画の依頼を受け、下調べのために団員たちに近づいた彼は、その実態を知ります。 人気肖像画家として人生の絶頂にあったレンブラントが、「夜警」をきっかけに失墜していった驚きの理由が解き明かされる本作。まさにレンブラントの絵画のような陰影の強い映像も美しいです。

『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』(2004年)

ヘンリー・ダーガー

1973年、ヘンリー・ダーガーという孤独な老人が死去。一人暮らしの彼の部屋からは15,000ページを超える小説と、3m以上もある絵画数百枚が発見されました。 死後、急速に評価を高めた孤高のアウトサイダー・アーティスト、ヘンリー・ダーガーの生涯に迫るドキュメンタリーです。奇妙で独創的な世界観、そして苦難に満ちた人生を、その膨大な数の作品や生前の彼を知る人々へのインタビューで浮き彫りにしていきます。

『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)

ピカソ、ダリ、マティス、ゴーギャン、ドガ、ロートレック、マン・レイほか

『ミッドナイト・イン・パリ』
©Sony Pictures Classics/Photofest/zetaimage

脚本家で小説家志望のギルは、処女小説の執筆に悪戦苦闘中。そんなあるとき、彼は婚約者のイネスとともに彼女の両親が住むパリを訪れます。酒に酔って真夜中に街をさまよっていた彼は、いつの間にか1920年代のパリに迷い込み、あこがれの芸術家たちに出会うのでした。 ピカソなどの画家たち以外にも、さまざまな分野の有名人が登場する本作。ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルド、ジャン・コクトー、ガートルード・スタインなどの作家や詩人、コール・ポーター、ジューナ・バーンズ、ルイス・ブニュエルなど音楽・映像分野の芸術家を演じる豪華キャストにも注目です。

『クリムト』(2006年)

グスタフ・クリムト

『クリムト』サフロン・バロウズ、ジョン・マルコヴィッチ
© SODA PICTURES/zetaimage

名優ジョン・マルコヴィッチがオーストリアの天才画家クリムトに扮し、その破天荒な人生をファンタジックな映像で映画化。 死の床にあるクリムトの回想を通してその人生を振り返る本作。自由奔放に生きた彼の生涯を、現実とも幻想ともつかない夢のような映像で表現しています。

『バスキア』(1996年)

ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホル

『バスキア』ジェフリー・ライト、デヴィッド・ボウイ
© Miramax Films/Photofest/zetaimage

中流家庭に生まれながら、ホームレスを経て時代の寵児となったアーティスト、ジャン=ポール・バスキア。彼の波乱万丈の人生は、生前の彼を知るジュリアン・シュナーベル監督によって映画化されました。 バスキアはもちろん、同じアーティストとして彼の理解者だったアンディ・ウォーホルも登場します。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』(2010年)

バンクシー、ミスター・ブレインウォッシュ

 『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』
©PARANOID PICTURES/zetaimage

イギリスを拠点に「覆面芸術家」として活動するバンクシーの初監督作品『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』は、とても奇妙なドキュメンタリー映画です。 映像作家のティエリー・グエッタは、バンクシーのドキュメンタリーを制作しようと撮影を開始。しかしバンクシーは彼に映像制作の才能がないことを知り、逆に自分が監督して彼のドキュメンタリーを作ることにしました。 途中から映画の趣旨が変わっていく本作。バンクシーの現代アートシーンに対する皮肉ともとれる展開から、やらせではないのかという議論も。しかしティエリーはその後も「ミスター・ブレインウォッシュ」としてアーティスト活動をつづけています。