【閲覧要注意】悪趣味な人しか楽しめない超グロテスクな映画20選

2017年7月6日更新

恋愛映画が好きな人、コメディが好きな人、アクションが好きな人、など映画の趣味趣向は人それぞれです。でも、もしもこのリストの作品が好みの人があなたの側にいたなら.....今回はwhatculture.comが選ぶ悪趣味な人しか楽しめない?下劣な映画20選を紹介します。

1.ルッジェロ・デオダートが『食人族』の前に撮った問題作

【あらすじ】

「鮮血の美学」のD・ヘスが異常殺人鬼を演じるエロティック・バイオレンス。車を修理した青年から、パーティに誘われたガレージの経営者。彼は部下を連れてパーティへ行くと、四人の美女と青年がプールにいる。強姦魔の過去を持つ経営者は、本性を現し、部下とともに美女たちを辱める。だが、隙を見て青年が銃を持ち出し、経営者に銃弾を浴びせつつ、真相を語る。青年の妹は、かつて経営者に殺されており、その復讐のためにパーティに誘ったのだ……。

ある男の復讐劇というありきたりな設定ですが、監督が『食人族』のルッジェロ・デオダートだけあってエロティックかつ、過激なバイオレンス描写が続きます。

2.問題作『August Underground』の第2作目!

スナッフフィルムの形式を取られた『August Underground』の第二弾、前作よりも過激さが増し、とにかく悪趣味、はらわたを裂いた女性に対して暴行やレイプをする映像など、やりたい放題の作品です。

3.恋人を失った男が我を失い、メイドと共に女性に襲い掛かる!

【あらすじ】

原因不明の病で恋人アナを失ったフランクはアナを剥製に。恋人を失った喪失感から狂気と化す、女性たちはそんなフランクの犠牲に。その後、メイドのアイリスがアナの死に関わった張本人であることが発覚する。

フランクがアナを剥製にするため、内臓や目を取り出すシーンや喉を裂いて人を殺すシーンなど過激なゴア描写満載の作品です。

4.壮絶な家庭環境の中で暮らすミサキ、あることがきっかけでさらなる地獄へ!

VeEzh85K

【あらすじ】 高校生のミサキは重度の障害をもつ姉、酔っぱらっては姉を犯す父親と3人で暮らしていた。そんなミサキに2人の男が好意を寄せるが…..

強姦魔からの告白を受け入れなかったことで、ミサキは暴力の連鎖へと巻き込まれていきます。強姦魔や変態など、登場人物がほとんどクズです。

5. イギリス人夫婦がバカンスでやってきた島には子供しかいなかった!?

Keimiyazato リメイク版は未見ですがオリジナルは越えて無いらしいので見なくてもいいかな、光る眼と鳥を足した印象ですが襲って来る鳥を子供に替えた発想がイカれてます、作品の出来はB級なんだけど恐るべき子供達と言う設定一発で不気味さAクラスになっています。

スペインのある島で人が次々に殺されていく。ここまでなら何の変哲もないホラー映画ですが。『ザ・チャイルド』というタイトルから分かるように、子供たちが殺人鬼という設定のため正気で見ることがきつい作品です。

6.2011年公開された残酷復讐劇『アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ』の第2弾!

Chanichz ぬー。1は実話を基に。という建て前があったけれど、これは? ともかく、ヒロインが酷い暴行を受けすぎ。ひどいひどいひどい。としか言いようがなく絶句。復讐戦になってからはサバイバル・・・。これもグロい。胸の悪さは1よりパワーアップ。

前作よりもレイプシーンや拷問シーンがパワーアップしているため、ゴア描写や残酷描写に耐性がある人でさえ嫌悪感を抱く可能性があります。

7.元ポルノスターが生活のために仕事復帰することに、クライアントは怪しい大富豪。

mackagy モラル大崩壊映画!!「この映画見たよー。」と人前で言うだけで人格疑われるんじゃないか、ってゆーほどゲスいストーリー。だがそこがいい!! amazonの商品紹介を見て速攻で予約しました。主人公が伝説のAV男優って時点でもう期待度MAXですよ。 ただ。。似たような映画にホステルという超名作がありますが、それと比べるとどうも見劣りしてしまいます。なんか敵の組織が安っぽいんですよね。ホステルみたいに「こいつらに関わったらまぢ助からん」感が出てない。だからあんまり緊張感が感じられない。期待度が高かった分若干肩すかしでした。 でも平均以上の出来ではあるので一人でこっそり観てください。 間違っても家族や恋人同士でみちゃだめな作品です。

女性を犯している最中に首を切り落とすシーンなどモラルが完全に崩壊した描写の連続、まさにこのリストのためにあるかのような作品です。

8.パオロ・パソリーニ監督作、あまりに過激なため上映禁止にもなった問題作!

tetsuaki 原作はマルキ・ド・サドの「ソドムの120日」 奇才パゾリーニの遺作。本作撮影直後、轢死体で発見される。 芸術作品なのか?映像文学なのか??ただのエログロスカトロ変態映画なのか??? まだまだ未熟者の私には評価(★)できない作品。 すっごいぞ!!!

権力者によって集められた男女がレイプされた上に、汚物を食べさせられるシーンなど悪趣味極まりない描写が存在します。

映画のオープニングとエンディングクレジット以外は目も当てられないシーンしかありません。

9.最凶の男の趣味は女性へのレイプを記録したスクラップブック! 

【あらすじ】

サディストのレオナルドは女性を誘拐してはレイプ、拷問を繰り返し、最後には殺害。その模様を写真に収めたスクラップブックを作っていた。

サディスト男のレイプシーンは見るに耐えない描写が続きます。

10.ジャンルは嘔吐映画!?

Slaughtered Vomit Dolls

【あらすじ】

19歳のストリッパーアンジェラが辿り着いた場所は正に地獄!

ノコギリで腕を切り落とされるなどのゴア描写やタイトルから推測できるように嘔吐に次ぐ嘔吐シーンが続きます。

11.『Slaughtered Vomit Dolls』の続編!

【あらすじ】

『Slaughtered Vomit Dolls』の続きから話は始まる。アンジェラは惨劇の後ホテルで自殺を試みるが….

『Slaughtered Vomit Dolls』の続編だけあって見るに耐えない拷問と嘔吐の連続です。

12.白石晃士監督作、男の狂気が炸裂した衝撃作!

pleiades_gin ストーリー デート中の一組のカップルが、突然一人の男に連れ去られる。 目覚めた彼らを待ち受ける数々の拷問、犯人の求める"感動"とは何なのか...

これはギャグ映画です! ぜひホットドッグでも齧りながら呑気に観るのが丁度いい。

絶望の中でカップルが見せる"感動"に期待するという割に、カップルに決定を託す範囲が狭い。だからこの犯人実はもっと...なんて思ってしまうがただの勘違い。結局犯人は終始小物です。

一度落として持ち上げる、あそこくらいかな?まだいいところは笑

ストーリーはあってないようなもので、タイトル通りグロテスクな描写と暴力の連続、まさにサディストに打って付けの映画です。