Jeff Spicer/Future Image/WENN.com

ジェイソン・モモア、『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール役で人気急上昇!【DCEUではアクアマン】

2017年11月6日更新

ジェイソン・モモアを知っていますか?『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール役で一躍人気になったワイルドな俳優です。DCEU作品の『ジャスティス・リーグ』や単独映画『アクアマン』に、アクアマンとして出演する彼、ジェイソンの魅力と今後の活動についてご紹介いたします。

ジェイソン・モモアとは

ジェイソン・モモア
Jeff Spicer/Future Image/WENN.com

ジェイソン・モモアは、1979年8月1日生まれの36才、身長189cmのモデル兼俳優です。アメリカはハワイ州で、写真家のコニと画家のジョセフ・モモアの息子として生まれました。 ジェイソンの父親はハワイ先住民であり、母はドイツ、アイルランド、北アメリカの祖先からきています。ジェイソンはアイオワ州ノルウォークで母によって育てられました。 高校卒業後にハワイに移り、テレビドラマ『ベイウォッチ』に出演します。その後は2、3年ほど海外を旅していました。最終的には、2004年にロサンゼルスに移り、演技のキャリアを積んでいきます。

ジェイソン・モモア出演映画

『Baywatch: Hawaiian-Wedding(2003年)』

アメリカ人気ドラマ『ベイウォッチ』のハワイを舞台にしたスピンオフ映画です。アメリカ育ちのハワイ生まれのジェイソンという役でベイウォッチで一番若手の役を演じています。

『バレット(2013年)』

フランスの小説が原作のアクション映画。主演はシルベスター・スタローンです。ジェイソンはキーン役で共演しています。

『Road to Paloma(2014年)』

ジェイソン初の監督・製作・脚本・主演に挑戦したアクション映画です。ジェイソンはネイティブ・アメリカンのウルフ役を務めます。

『ビーストストーリー 選ばれし勇者(2014年)』

これは狼男のホラー・アクション映画です。普通の生活を送っていたケイディがある日自分が狼男に変身してしまうことに気付き、自分の過去をたどる旅に出るお話です。ジェイソンはコナー役でワイルドな狼男の役を演じています。

『ディバグ(2014年)』

執行猶予中の6人の天才ハッカー達が自由と引き換えに任務を命じられ、宇宙に送り込まれ、正体不明の恐怖に襲われるというホラーSF映画。ジェイソンはAI(人工知能)のアイアム役を演じました。

ジェイソン・モモア出演ドラマ

『Baywatch Hawaii(1999―2001年)』

アメリカの人気ドラマシリーズ、海岸レスキュー隊の物語です。1999―2001年のみハワイに舞台を移しました。この時のジェイソンの役は、同じ名前のジェイソン役です。この頃はまだバーバリアンなジェイソンではないので、爽やかなジェイソンが見られます。

『North Shore(2004年)』

ハワイのホテルを舞台にした恋愛ドラマ。ジェイソンはフランキー役で出演しています。

『The Game(2009年)』

『ガールフレンズ(2000-2008年)』というドラマのスピンオフドラマ。みなフットボール選手と関係があるという女の子達の物語。ローマン役で出演しました。

『The Red Road(2014年)』

ニュージャージー州を舞台にアメリカン・インディアンを題材にした物語。ネイティブアメリカンのラナペ族であるフィリップ・コーパス役で出演。

映画『コナン・ザ・バーバリアン』で主演

『コナン・ザ・バーバリアン』の撮影中危うく死ぬところだった!?

撮影開始前に「コナンのキャラクターにピッタリ」だという理由で、鼻の骨を折ろうと考え、冗談を交えて友人にこのアイデアを伝えると、友人はすぐさまジェイソンの顔を殴って鼻の骨を折りました。ジェイソンは怒るどころか、「奥さんには内緒だぞ」と言って、役に使えるぞと意気込んだ様子だったとか...。 また撮影中には打撲だけでなく、何度か落馬して肋骨数本を折ったジェイソン。不運にも映画は大コケしたため、これらの勲章とも呼べるケガや死にかけた経験はムダに終わってしまいました。

人気ドラマ『スターゲイト アトランティス』で主要キャストに

またジェイソンはSF人気海外ドラマシリーズ『スターゲイト アトランティス』の主要キャストであるロノン・デックスを演じました。共演のデヴィッド・ヒューレットは、ジェイソンのキャラクターを”コナン”(『英雄コナン』のこと)と呼んでいました。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール・ドロゴ役で人気に!

ジェイソンは、日本でも人気の高い、2011年に放映されたドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』では、主要なキャラクター、ターガリエン家のデナーリスの夫カールドロゴ役を演じ、人気が急上昇しました。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール・ドロゴ役をゲットできたワケとは?

ジェイソンが『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール・ドロゴ役に抜擢された理由は、とてもユニークで面白い裏話が隠されていたんです。オーディションの最中、ドロゴが繰り返し"NO"と言うセリフ読みのために、そのシーンがどんなものかを見せられたジェイソンは、そのオリジナルのシーンが非常に退屈なものだと感じました。 そこで友人の役者に相談したところ、「少し変わったやり方で試してみたら」というアドバイスをもらい、ただセリフを読んだり叫んだりするのではなく、ニュージーランドのマオリ族の民族舞踊であるハカを披露することにしたのです。 攻撃的かつ強烈にハカを踊りきった結果、スタッフから一目を置かれ、このパフォーマンスを気に入ったプロデューサーが彼にドロゴ役をオファーしました。

ジェイソン・モモアのトリビア

ありえないほどアクティブ!

屈強な肉体やハワイ育ちということもあってか、ジェイソンは後先を考えない超アクティブな男性なんです。彼は抜群の運動神経の持ち主で、あらゆるスポーツをたしなんでいるようです。 映画の役作りのためにウェイトリフティングやトレッドミルを必要としない時は、ビーチでリラックスしたりサーフィンを楽しんだり、寒い時期はマウンテンバイク、アイスクライミング、ロッククライミングを堪能するんだそうです。 そのほかにもスノーボードやランニングもするというジェイソン。これだけのスポーツを趣味に持つなんて...あの素晴らしい肉体美をゲットできるのも納得です。

『ベイウォッチ』での演技は過去の経歴と関係があった!

Aloha kakahiaka #frontier aloha j

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -

『ゲーム・オブ・スローンズ』のカール・ドロゴ役や『コナン・ザ・バーバリアン』のコナン役で知られる前、ジェイソンはアメリカドラマ『ベイウォッチ』で、ライフガード(救命隊員)のジェイソン・ローン役を演じていました。 あくまでも"役"だったのですが、視聴者が想像していた以上にジェイソンのライフガードの演技は素晴らしいものでした。というのも、彼は10代の頃、本物のライフガードで溺れている人を救助できる資格を持っていました。ライフガードとしての彼の活躍ぶりは素晴らしく、西海岸に所属していたライフガード史上最も若い人物となりました。 その後まもなくモデルエージェントにスカウトされモデルとして活動を開始したため、ライフガードとしての道を歩むことはありませんでしたが、『ベイウォッチ』でライフガードの経験を活かし俳優としてのキャリアをスタートしたのです。

奥さんはリサ・ボネット

#lisabonet

Lisa Bonetさん(@lisamichellebonet)がシェアした投稿 -

So proud of my @lilyinapad

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -

ジェイソンがシングルだと思っていたファンのみなさん、残念ながら結婚しております...。こんな男前のハートを射止めた女性はというと、アメリカの女優リサ・ボネットです。 リサはテレビ番組『コスビー・ショー』やウィル・スミス主演の『エネミー・オブ・アメリカ』でも知られていますが、私生活ではビッグシンガー、レニー・クラヴィッツの元嫁としても有名です。 1993年にレニーと離婚後、2005年にジェイソンと交際をスタートし、2人の子供にも恵まれました。実は2007年に結婚をしていたと思われていましたが、正式なものではなかったようです。 2017年11月に彼らは正式に結婚しました。

親戚は有名なサーファー

サーフィンが趣味の一つであるジェイソンですが、彼の親戚にはサーフィンと深い関係があるんです。彼の叔父Brian KeaulanaとRusty Keaulanaは世界でも超有名なハワイのサーファーで、特にRustyは1993~95年のワールド・ロングボード・チャンピオンシップで3年連続優勝し、2010年彼が44歳の時にはワールド・ツアー・イベントにワイルドカードとして出場し準決勝まで進んでいます。 一方Brianは近年サーフィンを教える講師として活動しており、多くの有名な映画作品で水上スタントのコーディネーターとしても活躍しています。 また2人の父親(ジェイソンにとって大叔父にあたる)も生まれ持ったサーフィンの天才と言われた伝説的存在なんです。これだけの偉大なサーファーを親戚に持つジェイソンのサーフィンの技術も素晴らしいことでしょう!

信仰する宗教は仏教だった

My lovees. My all blacks. My popcorn Happy papa. #missumama @allblacks Aloha j

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -

たぐいまれなる肉体を持つため戦士の役が多いのもあって、怖いイメージを抱かれがちなジェイソンですが、私生活では仏教を信仰しています。 若い頃世界各地を旅したジェイソンは、旅を通してパリで絵を学んだり、チベットでスピリチュアルな経験をしました。そしてこのチベットでの体験は"人生で一番の経験"だったそうで、仏教の教えを目の当たりにし、仏教について学び始めたそうです。 見た目と違って彼は毎日瞑想にふける平穏で心の優しい人物なんです。

左目の上にできた傷の原因

鋭い眼も魅力的なジェイソンですが、よく見ると彼の左目の上には傷があります。これは特殊メイクでもなければ撮影中に受けたケガが原因でもなく、7年前にバーで暴行された際にできた傷跡だったんです。 2008年の11月、ジェイソンはバーで口論となった男性から粉々に割れたビールグラスを顔に投げつけられました。その結果、140針を縫っただけでなく、元の顔に戻すために再建手術を受ける大ケガを負ってしまいました。 しかしジェイソンは「映画の悪役にこの傷を利用できる」と、不運な出来事を笑い飛ばしています。

ケータイ、テレビ、インターネットは使いません!

どうやらジェイソンは自身が演じたドロゴやコナンと共通点があるようです。今のご時世、地球上のほとんどの人々が携帯、パソコン、インターネット、テレビを利用しており、もはやこれらなしでは暮らしていけません。 一方ジェイソンはというと、これらの電化製品なしでもハッピーに暮らしている超珍しい人物で、読書(日本の俳句集やシャルル・ボードレールがお気に入り)や子供と遊んだり、趣味であるスポーツに時間を費やしているそうです。 しかし彼は決してアンチテクノロジーというわけでなく、「たまに映画館に行ってポップコーンや(映画が始まる前の)予告を楽しんでいるよ」と語っています。

ジェイソン・モモア、レイプ発言をSNSで謝罪?

I APOLOGISE Aloha j

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -

2017年、ハリウッドでワインスタインのセクハラ騒動が盛り上がる中、SNSをはじめていたジェイソン・モモアは自身のインスタグラムでとある謝罪をしました。それは、過去の「レイプ発言」。 2011年のサンディエゴのコミコンに、彼は『ゲーム・オブ・スローンズ』の出演者として出席。その際、ドラマ出演を楽しむ理由の一つに「美しい女性たちをレイプできる」と発言した事があり、それをとらえた動画が再炎上したのです。勿論本人は悪い冗談で発言したものの、不謹慎極まりない内容故に、数年前のその出来事を謝罪しました。

『ジャスティス・リーグ』等にアクアマンとして登場!ジェイソン・モモアの今後

ジェイソンは”アクション映画のスターとしての地位を確立しました。特に戦士としての役ははまり役で、その長身とがたいのいい体つき、ワイルドさで、アクション映画欠かせない存在となりました。 今後は日本公開未定のものもありますが、『ゴーイング・アンダー(原題)』、『シュガー・マウンテン(原題)』が2015年に全米公開予定、『ザ・バッド・バッチ(原題)』が2016年公開予定です。

Bolder United #JusticeLeague #Aquaman #UniteTheLeague. Aloha j ????????

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -

また『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年3月全米・日本公開予定)でアクアマン役に、その続編の『ザ・ジャスティス・リーグ PART1』(2017年全米公開予定)にも出演予定です。そのスピンオフ映画の『アクアマン』(2018年全米公開予定)では主演を演じます。

ワイルドなイケメンジェイソンの活躍ぶりに一層女性ファンが増えることになるかもしれません。