芦田愛菜もいじめの被害に。俳優、女優が受けた壮絶ないじめとは

2017年7月6日更新

俳優や、女優が過去にいじめを受けていたという情報はたまに耳にしますが、彼ら、彼女らが受けるいじめはその職業ならではの独特なものだったり、壮絶なもの。今回はいじめを体験してきた俳優や女優をそのいじめ内容とともに紹介したいと思います。

芦田愛菜 大物子役ゆえのいじめ…

ハリウッドにも進出し、成長がめまぐるしい芦田愛菜ちゃんですが、学校に行くと様子は一転。ちょっかいを出してくるいじめっ子が多いんだとか。 “あしだまな”と書いてある勉強道具を持って帰ってしまう生徒もいたりするそうで、愛菜ちゃんは1年間で筆箱を10個以上買うハメになったといいます。

戸田恵梨香 いじめたその犯人はなんと…

戸田恵梨香
(C)TBS

ドラマや映画と、芸能界で地位を確立しつつある戸田恵梨香ですが、そんなキラキラ輝いている彼女にもいじめられていた過去が。 中学のころ、友だちとの間にすれ違いや誤解が続き、ある日、7~8人から学校のトイレに呼び出されたことがあるそうです。その出来事で一番の衝撃はそのいじめの首謀者が赤ちゃんのころからの幼なじみだったということだと告白しています。

安達祐実 壮絶ないじめの被害者

子役として大活躍していた安達祐実ですが、私生活では役柄のせいもあり壮絶ないじめの被害者となっていました。 上履きを花壇に埋められ、体操着を切られてるとかがあったり、男の子は体を触ってきたりと耐え難い日々が3年も続いたといいます。体を触ってきたことに関して本人は「スカートめくりなんてレベルじゃなく痴漢」とコメント。学校内だけでなく外でも通行人から「生で見るとブスだな」と罵られた事もあるといいます。

木村拓哉 地元の不良たちからボコボコに

今もファンが根強くいる木村哲哉ですが、アイドルとして世に出始めたころにはいじめを経験していたそうです。 アイドルとして活動し始め、人気が出るにつれ、それを面白く思わない地元の不良たちにボコボコに殴られる日々が続いたのだとか。帰宅する頃には服装が泥で汚れ、ボタンが取れ、ポケットが破れている、そんな悲惨な経験をしていたといいます。

岡田将生 心の傷を負った主人公に感情移入

様々な映画に出演し、女性からの熱烈な支持を受けている俳優の岡田将生も、映画「アントキノイノチ」のモントリオール世界映画祭受賞会見にて、「心に傷を負った主人公の杏平と同じように僕もイジメの経験がある」と語りました。詳しくその内容を言及はしませんでしたが、内容を語らないというところにそのいじめの深刻さがうかがえます。

松坂桃李 名前のせいでいじめの被害者に

その身長に、顔、すべてが完璧に見える松坂桃李ですが、そんな彼にも暗い過去がありました。 もともとは活発な少年だったという彼が控えめになった一件が小学校のときにあったそう。そのいじめのきっかけは”桃李”という名前だったんだとか。その後は自分を押し殺すように控えめに過ごしていたそおうですが、「FINE BOYS」のモデルのオーディションでグランプリをとったことをきっかけに、現在の松坂桃李となったといいます。