2017年10月1日更新

朝ドラ『あさが来た』子役の鈴木梨央に注目!歌もうますぎる!

芦田愛菜に続き、人気子役の名をほしいまま人している鈴木梨央。時代劇にも似合う素朴なかわいらしさで、NHKの大河ドラマや朝ドラにも出演している鈴木梨央に注目しました!

鈴木梨央のプロフィール

鈴木梨央は2005年2月10日生まれの子役です。 テレビドラマ『Mother』をみて芦田愛菜のようになりたいと思い、5歳の時から芸能活動を始めた梨央ちゃん。芦田愛菜の所属するジョビィキッズプロダクションに入り、2012年のテレビドラマ『カエルの王女さま』で子役デビューを果たしました。 2013年『Mother』のスタッフで贈られるドラマ『Woman』で満島ひかりの娘役を演じ、注目を浴びました。 2014年には、憧れの芦田愛菜と『明日、ママがいない』で共演し、人気子役同士のドラマ初共演が話題を呼びました。同年『鈴木梨央のおしゃれアレンジBOOK』を出版。また、CMでも活躍しており、2014年はKDDI「auスマートバリュー」のCMにおとくちゃん役、2015年には大塚製薬「ポカリスエット」のCMに子役として初めて起用されました。2015年には『お兄ちゃん、ガチャ』で連続ドラマ初主演。 この記事ではそんな彼女の代表作や注目エピソードを紹介します。

鈴木梨央の主な出演ドラマ

『Woman』(2013年)

2013年7月3日から9月11日まで放送された満島ひかり主演のドラマ。シングルマザーの主人公を中心に、命を懸けて生きる女性たちの生きる姿を描いています。

鈴木梨央は、満島ひかり演じる青柳小春の娘、青柳望海を演じています。弟の面倒を見るしっかり者の性格で、お姉ちゃんらしい演技を披露しています。

『明日、ママがいない』(2014年)

2014年1月15日から3月12日まで放送されていた、子供たちを主演に迎えたテレビドラマ。

人気子役の芦田愛菜との共演でも話題になりました。児童施設を舞台に、いろんな事情で親元を離れた子供たちの目線から、親とは何か、愛すること、愛されることとは何かを描いたサスペンスドラマです。

鈴木梨央は、母親が恋人を殴り捕まったことで児童施設に引き取られたドンキこと渡辺真希を演じています。

『お兄ちゃん、ガチャ』(2015年)

2015年1月11日から3月29日まで放送された鈴木梨央の初主演連続テレビドラマ。

お兄ちゃんのいない主人公ミコが、お兄ちゃんガチャというガチャガチャを見つけ、願いを込めてガチャを回すといろんなお兄ちゃんたちが次々と現れてくる理想のお兄ちゃん探しファンタジー物語。

鈴木は、主人公のミコ役を演じています。

NHK大河ドラマ『八重の桜』に主人公八重の子供時代を演じる

2013年1月6日から2013年12月15日まで放送された大河ドラマで、同支社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描いた作品です。

八重の幼少期を演じた鈴木梨央。本人は左利きなのですが、八重が右利きだとわかると、それから特訓をはじめ、鉄砲を構えるシーン、食事などをすべて自然な右利きになるように訓練しました。

朝ドラ『あさが来た』でヒロインあさの子供時代を演じる

2015年9月28日から2016年4月2日に放送されるNHKの連続テレビ小説『あさが来た』。大阪を拠点に活動した企業家広岡浅子をモデルにした物語です。

鈴木梨央は波瑠演じるヒロイン、白岡あさの子供時代を演じています。

オーディションの時から、京ことばを完璧にこなし、方言指導の先生からは「こんなに音感の良い子は珍しい」と驚かれたそうです。

朝ドラのヒロインの子供時代と、大河のヒロインの子供時代を演じたのは、鈴木ただ一人だそうです。

『あさが来た』の放送開始初週は、許婚である玉木宏演じる白岡新次郎との年齢差が話題になりました。リアルでは鈴木が10歳、玉木宏は35歳で25歳差ですが、物語の設定では、白岡新次郎は22歳、あさが11歳という設定で11歳差です。当時は11歳という年齢差も、生まれた時から結婚相手が決まっていることも珍しいことではなかったそうです。

姉のはつの子供時代を演じる守殿愛生とともに、『あさが来た』子役の演技が上手すぎると話題になりました。

あさの少女時代に続いて、あさの子ども白岡千代役での出演も決定!

ヒロインあさの少女時代を演じ好評を博した鈴木梨央ですが、なんと今後はあさの子ども千代役で出演することが決定しました。視聴者、スタッフともに評判が良かったことが今回の異例の抜擢の理由とのことです。

あさの子ども千代は、あさとは正反対の家庭的なおとなしい性格とのことで、『あさが来た』第一週では、天真爛漫な少女を演じた彼女ですが、今度は姉はつのような落ち着いた雰囲気の少女ということで、どのように演じ分けるのか注目です。

復興支援ソング『花は咲く』で歌声を披露

かなり音感がいい鈴木梨央。2014年からギターをはじめ、綾香の「三日月」を弾けるほど上達したようです。

そんな彼女は、ギターだけでなく歌声も披露しています。

2012年に発売された東日本大震災の復興を応援するために作られたチャリティーソングの子供バージョンを歌っています。かすれたやわらかな歌声が魅力的ですね。

鈴木梨央の理想の王子様は?

2015年11月21日公開の『リトルプリンス 星の王子さまと私』で主人公の女の子役の日本語吹き替えを担当した鈴木梨央。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』の世界観をイルミネーションで表現した「YAKEI」の点灯式イベントに、錦野旦とともに出席しました。「理想のデートは?」との質問に対して

理想のデートは海で夜景を見ながらワインで乾杯。お台場はピッタリですね

と答えていました。

また、「理想の王子様は?」との質問に対しては、「三浦春馬さん、阿部寛さん、ジャニーズJr.の岸優太さん」と返答。幅広い年齢層をカバーしているようですね。

共演者が語る鈴木梨央

『リトルプリンス 星の王子さまと私』で共演した瀬戸朝香、津川雅彦も鈴木梨央を絶賛。瀬戸朝香は

ここ何日か一緒にプロモーション活動をしていても『ははー』と感心することばかり

と話し、津川雅彦は

口の合わせ方、ニュアンスとか、僕らが苦労して演技している部分をヒュッと、簡単にクリアしていて、本当に天才だなって。将来きっと素晴らしい女優さんになるでしょうね

とコメントしています。また、ジャパンプレミアの席で、来年取り組みたいことという質問に対して「努力」と答え、理由を

一生懸命努力することで、素敵な人にめぐり合えるからです

と話した鈴木梨央を受けて、同イベントに出席していた伊勢谷友介は「はぁ~大好き」と一言。老若男女問わずメロメロにさせる梨央ちゃん。今後活躍していくことは間違いないように思えます。

吉田羊と共演したポカリスエットのCMが最高にキュート!

ポカリスエットCM|「マラソンとかけて」「乾燥に注意」篇 30秒

ポカリスエットCM|「スルメ」「枯葉」篇 30秒

これは、「ポカリ、のまなきゃ。」ってなりますね。

鈴木梨央は演技力を磨きながら成長中!

ドラマ『わたしを離さないで』

2016年1月から放送されたドラマ『わたしを離さないで』。本作は日系イギリス人の作家カズオ・イシグロの小説が原作。綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみという豪華キャストが同級生を演じました。

鈴木梨央は綾瀬はるか演じる保科恭子の幼少期を演じており、第1話と第2話に出演。

演技が好評を博したこともあって、3月4日放送の第8話で再出演することが決定。今回、綾瀬はるかの幼少期を演じていましたが、第8話ではふたりが同じシーンに出演するようです。回想シーンではなく、自分の幼少期とそっくりの少女と保科恭子が出会うということらしく、どのような対面になるのか注目が集まっています。

『あさが来た』『わたしを離さないで』と異例の再出演が続いている鈴木梨央。2016年最注目の子役といってもいいかもしれません。

映画『僕だけがいない街』

映画『僕だけがいない街』にも雛月加代役で出演した鈴木。

本作は「再上映(リバイバル)」というタイムスリップ能力を持つ主人公が、事件を防ぐために現在と過去を行き来するというストーリー。

鈴木梨央が演じる雛月加代は主人公の小学校時代の同級生で、連続殺人事件に巻き込まれてしまうという役どころ。複雑な家庭環境に育ち、周囲に心を閉ざす雛月加代をどのように演じるのかに注目が集まりました。

『僕だけがいない街』鈴木梨央メイキング映像が公開

彼女のインタビューも収録された『僕だけがいない街』メイキング映像が公開。監督に演技指導をされる様子も収められており、ファンとしては、上記のメイキングを見てから映画館に行くのも楽しいかもしれません。

ドラマ『全力疾走』で、全国を放浪する主人公の一人娘を演じる

2017年9月スタートのBSプレミアムドラマ『全力疾走』。家庭も仕事もうまくいかず、闇金に借りた借金で首が回らなくなった男が、失踪宣告による「完全失踪」に「全力」で挑む姿を描きます。 見どころは何と言っても完全失踪。つまり、7年間もの間借金取りに見つからず逃げおおせるかどうかというところです。 放浪の旅に出る主人公・磯山武役をNHKドラマ初主演となる原田泰造、その妻・聖子役を緒川たまき。私立中学の受験勉強でストレス過多気味の娘・ななみ役を鈴木梨央が演じます。 磯山は完全失踪を成し遂げ人生をやり直すことができるのでしょうか?

映画『LOGAN/ローガン』の吹き替えでスペイン語にチャレンジ!

人気シリーズ「X-MEN」の人気キャラクター・ウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ作『LOGAN/ローガン』。本作のキーマンと言うべき少女・ローラの吹き替えを鈴木梨央が担当しています。 劇中、英語とスペインを話すローラに対し、英語の部分には日本語、スペイン語にはスペイン語を当てて吹き替え。ところが、ローラが話すスペイン語は語学の先生でも舌を巻くほどのスピードなのです。 鈴木は早口スペイン語をマスターするため、アクセントやテンポを書き込みワンフレーズずつに区切って覚えたのだとか。さすが天才子役、役作りに対する心構えが違いますね。

鈴木梨央が『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に出演!

2017年9月23日公開の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。原作は東野圭吾作品の中でも最も泣けると評判の累計発行部数1000万部を越えるベストセラー小説です。 2012年のある夜のこと。空き家に忍び込んだ少年たちに届いた手紙は32年前の世界で書かれたものでした。ナミヤ雑貨店で起きた奇蹟と感動を描きます。売れないミュージシャンが養護施設を訪れた時に演奏した曲『REBORN』。 この曲を聴いて感動したセリが、やがては日本を席巻するプロのシンガーへと成長するのです。本作のキーパーソンとなるミュージシャン・セリの幼少時代を鈴木梨央、大人になってからを門脇麦が演じます。