バーニーズ・バージョン ローマと共に

バーニーズ・バージョン ローマと共に

作品情報

原題 Barney's Version
日本劇場公開日 2013年1月19日
製作国 カナダ・イタリア

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
70年代のローマで過ごした若き日と現在を行き来しつつ(とはいえローマはタイトルにするほどじゃない)、ややミステリータッチの回想形式が1人の男の女性遍歴になっていて、ハゲおやじでも記憶ではドンファンさながら。この情熱的だけどいつも間が悪いユダヤ人バーニーの底知れない複雑さ。業と孤独の深さ。狡猾なのに純粋で、滑稽なのに哀しくて、不幸というほどでもないが幸福でもない。ポール・ジアマッティはシェイクスピアの悲劇役者のよう。誰もみな悲哀にあふれたドラマだった。老年期まで自然にこなしたロザムンド・パイクの落ち着いた声色もすてき。ダスティン・ホフマンには途中まで気付かんかった…。
EllyMimyの感想・評価
地味な映画ながら、これ、良かったです。
主演はポール・ジアマッティ。それだけでもちょっとマニアックですが…
三度結婚した、バーニーズの生涯の物語なのですが、
なかなか見応えありました。
ちょっとせつなくも暖かい終わり方もよかった。
laa_laa2316の感想・評価
単館でほぼ1週間で上映終了なんてもったいないくらいの良作。
一人のユダヤ人男性の人生遍歴でサブ・タイトルにあるローマはあまり重要ではないです。とにかくこれでゴールデン・グローブ主演男優賞を獲ったというジアマッティが魅せる。若く血気盛んな頃から死期が迫る晩年まで、その存在感に圧倒される。
好きなように生きてきたけどたったひとりの大切な人を(自分の過ちで)手放してしまった、その悲しい結果に胸が締めつけられる。
そして男はロマンチストなんだなあとしみじみします。
ciatrをフォロー: