エイリアン2

エイリアン2

Aliens2
1986年製作 アメリカ 137分 1986年8月30日上映
rating 3.7 3.7
220 1

『エイリアン2』とは

SFホラー映画『エイリアン(1979年)』の第2作目。ホラー色の強かった前作とは趣きを変え、57年後を舞台に、増殖したエイリアンと宇宙海兵隊との死闘を描く戦争アクション映画として製作された。監督・脚本を務めるのは『ターミネーター』シリーズの巨匠ジェームズ・キャメロン。主演は前作に引き続きシガニー・ウィーヴァーがリプリーを好演している。第59回アカデミー賞視覚効果賞と音響効果編集賞を受賞。同賞と第44回ゴールデングローブ賞両賞でシガニー・ウィーヴァーが最優秀主演女優賞にノミネートされた。本作は後年、未公開シーンを加えた154分の完全版が発表されている。

『エイリアン2』のあらすじ

宇宙貨物船ノストロモ号唯一の生存者である二等航海士のリプリー(シガニー・ウィーヴァー)は、冷凍睡眠カプセルで生き永らえながら宇宙空間を漂流中、惨事から57年後にようやく発見された。貨物船会社の査問会でリプリーはエイリアンの襲撃を訴えるが誰も信用してくれず、逆にノストロモ号爆破の責任と精神異常を問われ、二等航海士の資格を剥奪されてしまう。そして現在、惨劇の発端となった小惑星LV-426では地球化計画が進み、入植者たちが既に居住していると知らされ、リプリーは驚きを隠せなかった。その後、彼女は倉庫作業員として働くこととなるが、やがてLV-426からの交信が断絶、入植者157人消息不明の事態に陥る。リプリーは宇宙海兵隊と共に現地調査に同行するよう命じられるのだが……。

『エイリアン2』のスタッフ・キャスト

『エイリアン2』の感想・評価・ネタバレ

  • Masahiro.
    Masahiro. 3 2018年8月19日

    1の方が圧倒的に面白かった。脚本に無理がある感じがして、あんま集中できなかった。

  • Miyu

    エイリアンへの恐怖をエモーショナルに掻き立てるようなパニック映画的な側面を前作より抑えたのが良かった。主人公が前より逞しくなったことでエイリアンに太刀打ちできるようになったのが大きい。1に引き続き小さいもの(猫→子ども)がいると画面が大分和むので心の箸休めになってありがたい。 1でも思ったけど、私ならエイリアンに殺されるくらいなら持ってる拳銃で自殺するなぁ…。あとわざわざ宇宙船爆破しに戻る必要あるのかなぁ。 ビショップが好き!

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年3月15日

    続編映画の中では秀作と言われる本作。前作をB級感丸出しと評した僕ですが、本作のほうがそれが顕著。地球に戻ってきたリプリーがうっかりまた例の星に戻ってきてしまう、というお話。明らかに数を増したエイリアンが海兵隊たち、そしてリプリーに襲いかかります。前作の異様な雰囲気のただようSF映画から一転、モンスターパニック映画に仕上がっています。ただこれが面白くないわけじゃない。完全な一般市民であるリプリーがダメッダメな海兵隊を統率し、さっき覚えたばかりの銃をじゃんじゃん使いこなします。リプリーの万能感が高まったところで例の「パシフィック・リム」です。大笑いというわけですね。 前作のプロットを上手く重ねつつ、続編の新しい指針を示しました。いやー、ジェームズ・キャメロンすごいなあ。ところで僕は前作のほうが好きです。

『エイリアン2』に関連する作品