劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留

劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留

2007年製作 日本 56分 2008年1月26日上映
rating 3.6 3.6
10 0

『劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留』とは

奈須きのこ原作の伝奇小説『空の境界』の劇場版アニメ作品。本作は第3作目となる。物語の時系列に沿うと、本作は3番目の出来事に位置する。監督は『ソルティレイ SoltyRei』の小船井充。声の出演は『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』の坂本真綾、『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』の鈴村健一、『夢かける高原 清里の父 ポール・ラッシュ』の本田貴子。

『劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留』のあらすじ

1998年7月。体の手足、首がねじられた変死体が複数発見された。とても人間の仕業とは思えない殺人事件が発生する。 昏睡状態から目覚めたばかりの両儀式は、生きている実感が無いまま蒼崎橙子の仕事に協力することに。その仕事とは殺人事件の犯人、浅上藤乃の保護及び殺害。式と浅上は戦うことになるが、浅上が持つ対象の強度に関係なく曲げる能力「歪曲」の前に式は苦戦を強いられる。そして、式は浅上の持つ「あるモノ」を殺すことを決意。その「あるモノ」とは、浅上をずっと苦しめてきた病気だった。しかしこの結果に納得しない浅上は、能力を暴走させてしまう……。

『劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留』のスタッフ・キャスト

『劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留』の感想・評価・ネタバレ

『劇場版 空の境界/第三章 痛覚残留』に関連する作品