恐怖の報酬 (1977)

恐怖の報酬 (1977)

Sorcerer
1977年製作 アメリカ 121分 1978年3月上映
rating 4 4
14 3

『恐怖の報酬 (1977)』とは

アカデミー賞5部門に輝いた『フレンチ・コネクション』や、オカルトブームの引き金とも言える『エクソシスト』の監督を務めた巨匠ウィリアム・フリードキンが1977年に手がけた『恐怖の報酬』のオリジナル完全版となる。 ジョルジュ・アルノーが原作を、アンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督を務めた同名のフランス映画をリメイクし、南米のジャングルを舞台に高額な報酬と引き換えに危険な仕事を引き受けた4人の男たちの姿を描いた。 4Kデジタル版121分:2018年公開

『恐怖の報酬 (1977)』のあらすじ

南米のジャングル、ポルベニール。そこは犯罪者やならず者たちが多く暮らす街だった。ある日、街から300キロほど離れた山の上にある油田が、反政府ゲリラによって爆破される。炎を消すためには爆薬を運び込むほかないと判断した石油会社は、1万ドルの報酬と引き換えに、極めて危険なニトログリセリンの運搬希望者を募集する。 そこで名乗りを上げたのが賭場荒らしで裏組織から追われるドミンゲス、不正融資で逃亡したセラーノ、ナチス残党狩りのニーロ、爆弾犯として警察に追われるカッセムという4人の男たちだった。彼らは2台のトラックで危険な旅に出ることになる。

『恐怖の報酬 (1977)』のスタッフ・キャスト

『恐怖の報酬 (1977)』の感想・評価・ネタバレ

  • 錆犬

    2018/12/19 名古屋シネマテーク

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2018年12月16日

    社会から溢れた男たちが流れ着く街、高額の報酬に釣られて男たちは集められた。男たちの仕事は爆発寸前の不安定なニトロを運搬することだった。 最高。ここ数年ずっと鑑賞したかった映画のように感じました。しばらく放っておいて、それでもこの感動が色褪せなければ星を5にしたい。そのうえでオールタイムベストに加えたいです。最高の感動でした。絵がとても汚い。ブニュエルを思わせる上品なパリのシーンなどは、その後続く泥まみれの映像に対しアクセントとなっています。スピード感皆無、緊張感マックスの運搬シーンが至高。映画なので運んでいるニトロが偽物なのは当然なのですが、その嘘をこれでもかと突き通し、本物のニトロに肉薄するスリルを味わうことができます。もうあのニトロは本物のニトロ。映画体験としてこれ以上のものはないでしょう。 大仕事で成功し、その後足元を掬われる。サラリーマンの私にとっても他人ごとではありません。この映画はすべての労働者にささげられているように思います。労働に労働を重ね、そこに金銭的な欲望などとっくに消えうせた先にあるものとは。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2015年8月23日

    高額報酬目当てにニトロを運搬する事になったトラックドライバーの恐怖、ニトロは揺らした程度じゃ爆発しないと知ったのはずっと後になってからですが 知ってて観たとしても緊張感は変わらなかったと思います、アンリ・ジョルジュ・クルーゾーの演出の素晴らしさで¨映画の中の設定がそうなんだから映画の中ではそれがリアル、と納得させられる説得力があります、フリードキンがリメイクした作品も◎。

『恐怖の報酬 (1977)』に関連する作品