イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版

2009年製作 日本 106分 2010年3月6日上映
rating 3.5 3.5
100 17

『イヴの時間 劇場版』とは

2008年にネット上で配信され人気となったWEBアニメーションの劇場版で、全6話の再編集に新たなシーンを加えた作品となる。2010年に東京国際アニメフェア2010・第9回東京アニメアワード優秀賞OVA部門を受賞。 第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査員推薦作品である。監督、脚本、原作は『ペイル・コクーン』の吉浦康裕が担当。声の出演は、主人公のリクオを『コードギアス 反逆のルルーシュ』の福山潤、リクオの友人マサカズを『灼眼のシャナ』の野島健児が演じる。

『イヴの時間 劇場版』のあらすじ

近未来の日本のような国では、人間型ロボット「アンドロイド」が実用化され「家電」として扱われていた。アンドロイドは普通の人間とほぼ変わりがない外見である為、アンドロイドに入れ込む人間は後をたたない。そして、そういう人間は「ドリ系」と呼ばれ社会問題となっていた。 高校生のリクオは、アンドロイドを単なる機械として扱っていたが、リクオの家の自家用アンドロイド・サミィの行動ログに不審な点があることに気が付いた。気になったリクオはサミィのログを頼りにある場所に辿りつく。そこは“人間とロボットを区別しないルール”を掲げる喫茶店「イヴの時間」だった。

『イヴの時間 劇場版』のスタッフ・キャスト

『イヴの時間 劇場版』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 3 5月3日

    ちょっと退屈な時間もあったけど、いい納め方。面白かった!

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 3 2017年8月16日

    アンドロイドにも感情が、という素敵なようなちゃっちいような。心とは。ロボットはどこまで進化するのか楽しみ。続きが出るなら観たい。

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2017年5月4日

    『イヴの時間』鑑賞。アンドロイドと人間が共存しはじめた未来の話。少し古い作品だけど、今見ても違和感がない。アンドロイドとの距離感をみんな模索していて、便利な一方人間の仕事がアンドロイドにどんどん取られ、素直にアンドロイドの存在を受け入れられない人間たちがうまく描かれている。

関連する記事

『イヴの時間 劇場版』に関連する作品