イエスマン “YES”は人生のパスワード

イエスマン “YES”は人生のパスワード

Yes Man
2008年製作 アメリカ 104分 2009年3月20日上映
rating 3.8 3.8
921 95

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』とは

イギリスの番組プロデューサーや司会者など、マルチに活躍するダニー・ウォレスの、実際の体験談を元にしたベストセラーの映画化。ネガティブな性格故、あらゆることに「NO」と答え続けた男が、そんな自分を変えようと、全てのことに「YES」と答えるように、自分に課す。やがて彼の周りに様々な変化が起こる。主演は当代きってのコメディアン、ジム・キャリー。ヒロインに「(500)日のサマー」のゾーイ・デシャネル、共演に「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー、「コレクター」や「スーパーマン」の名優テレンス・スタンプ。監督は「チアーズ!」のペイトン・リード。

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のあらすじ

ロサンゼルスの銀行で貸付業務を担当するカール・アレン。離婚して以来、全てに対してネガティブになり、来る日も来る日もローンの申請を却下していく毎日。友人からの誘いも断り続け、果ては親友の婚約パーティーをもすっぽかしてしまい、ついにカールはその親友にまで呆れられてしまう。さすがにそんな自分を変えようと、カールはあるセミナーに参加。主催者が語ったのは、「人生を意味のあるものにするのは、全てのことにYESというだけ」という、シンプルなルール。半信半疑だったカールだが、実際にあらゆることにYESと答え始めると、全ての物事が好転し始め、アリソンという素敵な女性とも出会うのだが…。

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のスタッフ・キャスト

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 3 8月11日

    映画としてちょうど良いテーマというのがまず第一に抱いた感想。 連続シリーズにしたら退屈だし、男の人生の変化を描くには世にも奇妙な物語のようなショートストーリーだと短すぎる。映画というフォーマットに異常にしっくりくる映画だと思う。 安定した暮らしをする銀行員の男は、全てにおいて消極的だ。友人からの誘いを断り、融資も許可しない。冴えない生活をしているが失うものもない。 そんな男が旧友に誘われて参加したセミナーで伝えられたのは「物事を受け入れろ。選択を迫られたらYesと答えろ」ということ。半信半疑で実践してみると男の生活すべてが目紛しく良い方向に向かってく。 イエスと答えればうまく行くというお話だからほとんど嫌なことが起きない。映画というのは大概、主人公が成功して失敗してさらに大きな成功を手に入れるパターンが多いがここまで振り切って幸運な映画は少ないだろう。 極端に良いことばかり訪れるが、もちろん現実ではそうはいかないだろう。でも伝えたいのはきっとそういうことじゃなくて、世の中にはたくさんのチャンスが転がっている。もちろん現実では失敗もあるけど何か自分の殻から飛び出してその周りに転がっているチャンスを掴みに行ってみようぜ!ってことなんだと思う。宝くじは買わない人には当たらない。つまりそれに近いと思う。 それと、この映画を表すのにピッタリな日本の言葉を俺は知ってる。 「情けは人の為ならず」 こうやって温かく人が繋がっていける話も意外と好きなんだぜ!

  • Kochinchan
    Kochinchan 3 3月11日

    好き クレイジーすぎないジムキャリーが◯

  • JEREMY CRUISE
    JEREMY CRUISE 5 2018年2月20日

    時々見直さなければならない大名作! 1:この世は遊び場よ。大人になるとみんな忘れちゃう。 2:退屈な日々を過ごすくらいなら死んだ方がマシ。 3:「YES!!」

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』に関連する作品