スティーブ・ジョブズ (2015)

スティーブ・ジョブズ (2015)

Steve Jobs
2015年製作 アメリカ 2016年2月12日上映
rating 3.3 3.3
55 28

『スティーブ・ジョブズ (2015)』のあらすじ

1984年、スティーブ・ジョブズは激怒していた。Macintosh発表会の40分前、「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。カットしようという意見に絶対に折れないジョブズ。そこへ元恋人が、ジョブズが認知を拒む娘のリサを連れて現れる。混乱のなか、今度は突然胸ポケット付きの白いシャツを用意しろと指示するジョブズ。次々と繰り出す彼の不可解で強硬な要求に周りは振り回されるが、そのすべてに重大な理由があった──。

『スティーブ・ジョブズ (2015)』のスタッフ・キャスト

『スティーブ・ジョブズ (2015)』の感想・評価・ネタバレ

  • Minori

    アップル信者でもないし、スティーブ・ジョブズ本人、そしてITに関する知識も全くないままで観たから、2時間近くただへぇっていう状況が続いたけど、最後10分ですごく素敵な物語になった 劇中のケイトウィンスレットのように、彼の頭脳にではなく、人格も何もかも含めた"彼自身"についてきてくれた人がいたことだけでも幸運だと思った

  • JEREMY CRUISE
    JEREMY CRUISE 4 2017年4月5日

    Jobs。僕は結局Itunesを使い、Ipodを使い、Iphoneを使い、Ipadを使い、明日Macbookを使う。君の勝ちだ。Stay Hungry, Stay Foolish. ありがとう。

  • フルーツグラノーラ
    フルーツグラノーラ 3 2016年9月21日

    正直内容はさっぱり理解できませんでした(^^; スティーブ・ジョブスについて知らなすぎて、、、 アップルとか なんかすごい人!ってことしか知らなかったもので^^; 大事な発表会の直前×3を描いただけと聞いたら、なんだ…似たシーンの繰り返しか、しかも会話劇…それは退屈なのでは!?と思うかもしれませんが、不思議と退屈はしませんでした。 内容についていけてないのに退屈しなかったというのは、何かは分からないけれどこの映画のすごいところなのでは?と個人的には思っています。(曖昧で申し訳ないです^^;) 関係ないかもしれませんが 考えは思うだけでも言うだけでもダメで、ちゃんと伝わらないと意味がないということを強く思わされました。 クライマックスはとても良かったです。

『スティーブ・ジョブズ (2015)』に関連する作品