モンテーニュ通りのカフェ

モンテーニュ通りのカフェ

Fauteuils d'orchestre
2006年製作 フランス 106分 2008年4月26日上映
rating 3.1 3.1
23 9

『モンテーニュ通りのカフェ』とは

花の都パリはモンテーニュ通りに実在する一流かつ名門のカフェ「カフェ・ド・テアトル」を舞台に、カフェに集う人々それぞれの人生と人間模様を、ユーモラスかつハートフルに描く秀作ドラマ。カフェで働く美しい女性ギャルソンからの視点を軸に、人生に迷う人々の様々なエピソードを軽妙に綴る。 監督はベテラン脚本家で、『さよならの微笑』ではアカデミー脚本賞ノミネートの経験を持つダニエル・トンプソン。出演は『ハイテンション』のセシル・ドゥ・フランス、ヴァレリー・ルメルシェ、クロード・ブラッスール、そして名監督にしてバイプレイヤーのシドニー・ポラック。2006年セザール賞にて4部門にノミネートされ、ヴァレリー・ルメルシェが見事助演女優賞に輝いた。

『モンテーニュ通りのカフェ』のあらすじ

パリ8区、モンテーニュ通り。著名な劇場やホテルが立ち並ぶセレブ御用達のこの街に、ある日若く美しい女性ジェシカが訪れる。田舎町マコンからやって来たばかりのジェシカは、早速由緒あるカフェ「カフェ・ド・テアトル」を訪れる。通常は男性ギャルソン以外は雇わない名門カフェだったが、演劇やオークションなどビッグイベントを控えたこの時期、人手不足に困り果てていた。 丁度いいタイミングで訪れたジェシカは、運良く女性ギャルソンとしての職を得る。可愛い笑顔と美しい容貌が評判を呼び、瞬く間に看板娘として人気者となるジェシカ。やがて店には、様々な悩みや葛藤を抱える著名人が次々と来店する。

『モンテーニュ通りのカフェ』のスタッフ・キャスト

『モンテーニュ通りのカフェ』の感想・評価・ネタバレ

  • どんぐり
    どんぐり 3 2016年1月20日

    恐れずに前に一歩踏み出すことが大切よ。 それで私の人生は輝いたのよ。

  • Miss Augusta
    Miss Augusta 4 2013年9月22日

    渾身の勇気で今の自分から一歩踏み出す瞬間、その手前にある、誰もが思案し思い悩む一時を、丁寧に、軽やかに描いた作品。「恐れずに一歩踏み出したから、私の人生は輝いたのよ」物語は軽やかな音楽の様に流れて行くけれど、物語に 散りばめられた言葉は人生を語るにふさわしい重みや深さを持ち合わせている。

  • あや

    フランス映画。 あこがれの街であこがれの恋。という感じかな。

『モンテーニュ通りのカフェ』に関連する作品