乾いた花

乾いた花

1964年製作 日本 96分 1964年3月1日上映
rating 2.8 2.8
2 1

『乾いた花』とは

『乾いた花』は石原慎太郎の同名短編小説を映画化した作品。監督は『涙を、獅子のたて髪に』の篠田正浩。『泥だらけの純情』の馬場当と篠田監督自身が共同で脚色している。第1回目の映画芸術ベストテンでは、邦画第5位に選ばれた。 池部良がヤクザ者を、加賀まりこが幻の少女を演じた。

『乾いた花』のあらすじ

ヤクザ仲間の争いから人を殺し、三年ぶりに刑務所を出所した村木。彼は賭場で、周りの空気と不釣合いな少女と出会う。次の賭場でも再びその少女に会った村木は、彼女にサシで勝負を挑む。有金を全部張って挑んでくる少女に、村木は心を楽しませた。 その夜、彼は屋台でその少女と再会した。彼女の名は冴子。冴子はもっと大きな勝負があるところへ連れて行ってほしいとせがむ。 そして二人は大きな賭場へ行くが、そこで村木は葉という男を見つける。葉は、賭けをしている冴子のことを隅にうずくまって擬視していたのだ。中国帰りで殺しと麻薬だけに生きているという葉の鋭い視線に、村木は得体の知れない危険を感じた。ギャンブルを接点として心を通わせていった村木と冴子だが、同時に村木は彼女に対して屈折した愛も強めていった。 その頃、ヤグザ同士の抗争に巻き込まれ、刺客の役を引き受けた村木は、冴子の目の前で殺人を遂行する。

『乾いた花』のスタッフ・キャスト

『乾いた花』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年3月1日

    出所したばかりの村木は賭場で美しい女冴子と出会い、彼女とギャンブルに興じるようになる。 博才のある冴子にせがまれた村木は上位レートの賭場に連れて行く。村木は兄貴肌の人間であり、当然冴子に対してもリードしたかったのでしょう。自分が連れて行った賭場でおじさま達を捻り潰す冴子を見ていて楽しくてしょうがなかったはず。しかし冴子が薬と、薬を常習しているという怪しげな男に興味を持ち始め、それに対して村木は焦燥感を覚えるようになる。その果てにあのラストシーン。冴子をあの場所に連れて行った理由が容易にわかります。真正面から冴子を見つめる村木の顔に、激しい自尊心(決してネガティブな意味ではない)を感じました。 最高のシーンが初めて上位レートの賭場に連れて行った時の冴子の博打シーン。その後のカーチェイス。この二場面が冴子を象徴しています。顔色一つ変えず、時にケラケラと笑いながら、狂気に身を沈めて行く。村木は冴子にリードしているようで、実は全編通して冴子に翻弄され続けているのです。だせえ。それでいてかっこいい。村木に男らしさを感じます。 映像にも尋常ではないこだわりが。夢の中のシーンなど、ヌーベルバーグっぽさもある実験的で抽象的な映像でした。おしゃれヤクザ映画というなかなか見ない組み合わせ。 加賀まりこ、池部良が本当に最高。加賀まりこの美貌がぶっ飛んでいます。冴子役にどハマりしている。ものすごい幼顔ながら凛々しい顔の加賀まりこに、ニヒルに笑いながらも実は翻弄されている村木役演じる池部良がこちらもどハマり。 大傑作です。しばらく星4.5にしておいて、気が向いたら5にします。

『乾いた花』に関連する作品