暗殺のオペラ

暗殺のオペラ

La strategia del ragno
1970年製作 イタリア 99分 1979年8月4日上映
rating 4 4
1 1

『暗殺のオペラ』とは

1987年のアカデミー賞で9部門を受賞した『ラストエンペラー』のベルナルド・ベルトルッチが監督し、1970年にイタリアで公開された作品。ホルヘ・ルイス・ボルヘスの小説『裏切り者と英雄のテーマ』を原作としている。反ファシストの英雄だった父親の死の真相を探るため、アトスは見知らぬ田舎町でさまざまな人に翻弄されながらも謎を解明していく。撮影監督は『地獄の黙示録』のビットリオ・ストラーロ。主人公アトスをアジュリオ・ブロージが演じている。ブロージは本作で若き日の父と息子の1人2役に挑戦した。

『暗殺のオペラ』のあらすじ

オペラを観劇中に暗殺された父親の死の真相を探るアトスは、殺害の場となった田舎町を訪れる。そこで父親は反ファシストの闘士として、通りにはその名が冠され、銅像が立てられるほどの英雄であった。調査を始めるアトスは父親の愛人を名乗る女性・ドライファに出会う。ドライファの不可思議な行動に翻弄されつつも、アトスは父親と敵対していた人間や、父親の仲間の情報を聞き出す。謎の妨害にも遭遇する中、やがて父親のかつての仲間と出会うことにより謎が少しずつ解かれていく。父は本当に英雄だったのか。待っていたのは意外な事実であった。

『暗殺のオペラ』のスタッフ・キャスト

『暗殺のオペラ』の感想・評価・ネタバレ

  • Kozai Szatosi
    Kozai Szatosi 4 2018年8月21日

    「伝奇集」に収められたボルヘスの短編を、ベルトルッチが映画化した奇作。 ファシズムに対する抵抗運動の末、何者かに殺された父。その死の真相を探る、父と生き写しな息子の彷徨。つげ義春の「ゲンセンカン主人」を思い出す。 カメラが360度パンしたところにアリダ・ヴァリが亡霊のようにいきなり現れていたり、夜の居酒屋の中庭に意味ありげな電灯と机とスイカがあったり、人の配置ひとつとってもいちいち表現がバカバカしいほどに凝ってるのがベルトルッチらしい。今回はお馴染みのヴィットリオ・ストラーロだけでなく、「サン★ロレンツォの夜」や「イル・ポスティーノ」、一連のナンニ・モレッティ映画で知られるフランコ・ディ・ジャコモも撮影を手掛けたらしいが、どこで役割が分かれていたのかは謎だ。 しかし、この人の特徴は理解し難いような当惑的な表現にある、ということを忘れてはならない。 回想場面で父親役が主人公と同じジュリオ・ブロージが演じているのに周りは年寄りのままだったり、物語の脈絡とは関係なくライオンがサーカスから逃げ、それを丸焼きにしたり、麦わら帽子を被った「坊や」が実は「お嬢ちゃん」だったりといった表現がまさにそれだ。 我々は一体、何を見せられているのだろうか。ボルヘスが原作である、ということがその不条理に拍車をかけている。 だが同時に、ベルトルッチの本質は泥臭さにある。そのことは、アリダ・ヴァリのジュリオ・ブロージに対するいささか気色の悪い、狂気的な求愛からも見て取れる。 ラストでいつまで経っても来ない列車を待つジュリオ・ブロージのように、我々はベルトルッチ映画の当惑の中からいつまでも抜け出せないままでいるのかもしれない。

『暗殺のオペラ』に関連する作品