ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

Harry Potter And The Order Of The Phoenix
2007年製作 アメリカ 138分 2007年7月20日上映
rating 3.8 3.8
963 3

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは

J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・アドベンチャー。魔法使いの少年ハリー・ポッターが仲間と共に危機を乗り越えるシリーズ第5弾。監督はこの後シリーズ最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年)』までを担当、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)』にも起用されたデヴィッド・イェーツ。出演はレギュラー陣にくわえ、『ヴェラ・ドレイク(2004年)』のイメルダ・スタウントン、『鳩の翼(1997年)』、『チャーリーとチョコレート工場(2005年)』のヘレナ・ボナム=カーターなどが出演している。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になる日を控えた夏休み、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は相も変わらずダーズリー家に帰省し、孤独に耐える日々を過ごしていた。そんなある日、ハリーが意地悪な従兄弟のダドリー(ハリー・メリング)と街を歩いている時、突然「ディメンター」の奇襲に遭い、魔法を使って窮地を切り抜ける。だが、その事態が魔法省の知るところとなり、ハリーのもとにホグワーツ除籍の通知が届く。ハリーに唯一自己弁護の機会が与えられるのは魔法省の尋問会だが、魔法省大臣コーネリアス・ファッジ(ロバート・ハーディ)は密かにハリーの永久追放を狙っており、危ういところをダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)の尽力で無罪放免となる。しかし、魔法省はダンブルドア校長が大臣の地位ほしさに偽証したと疑って……。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のスタッフ・キャスト

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の感想・評価・ネタバレ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に関連する作品