銀色の髪のアギト

銀色の髪のアギト

なし
2005年製作 日本 95分 2006年1月7日上映
rating 1 1
6 0

『銀色の髪のアギト』とは

『銀色の髪のアギト』はスタジオGONZOが最先端の映像技術を駆使して手掛けたアニメーション映画。監督は劇場作品で初監督を務める杉山慶一。声の出演には『亡国のイージス』の勝地涼や『怒り』の宮崎あおいといったフレッシュな若手俳優から、遠藤憲一や大杉漣などのベテラン俳優まで豪華なキャストが起用された。本作は、森が意志を持って人を支配する300年後の未来、主人公の少年とある日出会った300年前の少女が、世界を救うために奮闘する壮大なSFファンタジー作品である。

『銀色の髪のアギト』のあらすじ

遺伝子操作で植物を操ろうとした『地球緑化計画』の失敗によって、森が意志を持って人や都市を襲うようになった300年後の未来。そんな環境でも森と友好的な関係を築く『中立都市』でたくましく生きる少年・アギト。 そんなアギトに運命的な出会いが訪れる。立ち入り禁止区域で見つけた、ステイフィールドという永久生命維持装置の中で300年間も眠り続けていた少女・トゥーラを目覚めさせたのだ。変わり果てた世界に衝撃を受け戸惑うトゥーラ。そんな彼女にアギトは優しく接し、中立都市で一緒に仲間たちと過ごしていくうちに、彼女とアギトは互いに特別な感情を抱くようになる。 しかしトゥーラは、森と敵対している軍事都市『ラグナ』に住む、同じく過去から来た男・シュナックによって連れ去られてしまう。実はトゥーラは、地球緑化計画に携わった科学者・サクル博士の娘で、シュナックは博士の研究仲間だったのだ。彼女はシュナックの巧みな誘いにより、父親の開発した『イストーク』という装置を発動させ、環境を元に戻そうとする。だがそれは、一度森を焼き払うことによって再生を促すという危険なシステムだった。アギトはトゥーラを取り戻すため、そして世界を救うために、森から禁断の力を手に入れる『強化体』の儀式を受ける。そして驚異的なパワーを得たアギトは、シュナックに闘いを挑むのだった。

『銀色の髪のアギト』のスタッフ・キャスト

『銀色の髪のアギト』の感想・評価・ネタバレ

  • Raska

    ヒロインの名前を叫ぶヒーロー。 それだけで脱力できる作品は今のところ他に知りません。

  • こーる
    こーる 1 2012年7月21日

    笑ってしまうほど訳が分からなくて、辻褄が合わず、不気味なストーリーの進み方をする映画だった。 音声なしのショートムービーなら完璧。

『銀色の髪のアギト』に関連する作品