スウェプト・アウェイ

rating 2 2
14 1

「スウェプト・アウェイ」のスタッフ・キャスト

「スウェプト・アウェイ」の感想・評価・ネタバレ

  • tora
    tora 3 2015年12月11日

    ※DVD特典のガイ・リッチーとマシュー・ヴォーンによる作品解説が面白い映画です。 スナッチを久しぶりにみて面白かったので、ガイ・リッチー作品で未見だったこちらを鑑賞。 「流されて」という映画のリメイク。 話は置いといてマルタの風景や海が最高に美しい。 ストーリーもマドンナ演じる資本主義の権化みたいな女が小馬鹿にしていた漁師と漂流し無人島で恋に落ちるところまでは結構面白い。 物質的には恵まれているが、人間的には全く魅力的でなかったマドンナが無人島でのサバイバルを得て自身に欠けていた愛を見出して美しくなっていきます。マドンナのムキムキしたボディがちょっと気になりますが…これは個人差あるでしょう。 作中印象的だったセリフは、他の方のレビューにもあったのですが、序盤で「マヌケ面して笑え。それが仕事だ」という船長の言葉。なんか自分の仕事の事を言われているみたいで妙にズシンときました。オリジナルにあったセリフなのかな。 ラストはちょっと物足りない&悲しいですね。ハッピーでなくともあっと言わせるどんでん返しが欲しかったかなあ。 後はやはり、観る側が期待していたガイ・リッチーらしさみたいなものを感じ得ないカメラワークやシンプルなストーリーが物足りなさを感じさせる要因でしょうか。上手く言えないんですが…彼特有のジャンクな感じが全くないというか。あっあとラジー賞のマドンナか…個人的には最悪という程ではなかったですが。相手役のアドリアーノ・ジャンニーニは良かったと思うけどなあ。 本編よりも、マドンナが評価を得られない事を作品解説で予見していたり楽曲選定や諸々の苦労話をする泥酔気味の?ガイリッチーとちょっと醒めた感じのマシュー・ヴォーンによる作品解説が面白いです。 マドンナが歌うシークエンスを解説する際にガイ・リッチーがマシュー・ヴォーンに無理矢理歌わせようとしてカモーンヴォーン、カモーンヴォーン!て叫びまくります。爆笑しました。

  • Marronxx
    Marronxx 2 2015年5月6日

    金持ちの夫人(そのままのマドンナ)が漂流して漁師と恋に落ちる話。 最初の設定から真逆になって服従させる立場から服従する側へ。 いわゆる吊り橋効果の恋愛だと思うけど、自分としては漁師に復讐とかしてほしかったな。

  • fumikov228
    fumikov228 1.5 2014年2月22日

    なんか途中まで普通に面白そうかも…?って内容だったのにラストが最悪過ぎてとっても時間が無駄に感じられました。マドンナもなんか微妙だし恋に落ちるまでも薄っぺらいしキモイし……。とか思って調べたら、ラズベリー賞5部門も受賞してたんですね(笑)納得。

関連する記事

「スウェプト・アウェイ」に関連する作品