SOMEWHERE
SOMEWHERE
SOMEWHERE
2010年製作 アメリカ 98分 2011年4月2日上映
rating 3.5 3.5
275 106

『SOMEWHERE』の感想・評価・ネタバレ

  • minako-n
    minako-n 0 1月5日

    衣装とロスのかわいさ。色味。すべて

  • イワ

    テイストは嫌いじゃないんだけどあまりにもコッポラ自身が陶酔しきってるというかウォンカーウェイみたいで若干のいやらしさは感じた。KANKENリュックとかも可愛いけどちょっと狙いすぎだったり。 素直に泣く娘/泣けない親父、100人中100人が感じるであろうエル・ファニングみたいな娘ほしいという感情

  • narasan
    narasan 3 2015年7月8日

    20150709 DVD

  • ライカ
    ライカ 3 2015年5月25日

    2015.05.24

  • Fukuco

    May.14

  • Masahiro.
    Masahiro. 3 2015年4月14日

    まるでドキュメンタリーを見ているかのような自然な雰囲気。娘は父親からすると本当に愛しいんだろうなと思った。娘さんがいる人はこの気持ちを本当に理解できるのでしょう。単調なシーンが続くしストーリーに起伏もないけど僕は飽きずに見れた。

  • ももか
    ももか 3 2015年3月19日

    音楽と色がすきだな。 それとキャストに魅せられて みたって感じ。 過ぎていく感じみてて嫌じゃないし、 気持ちの変化だったり家族だったり 考えさせられる部分は多いとおもう。 かんがえる、というかかんじる? でもすこし退屈にも感じられる。 セリフの少なさ、結末のみえなさ。 良くも悪くも。 でも映像がほんとにのびやかで きれいだからそれが強みになってる。 バランスはそこでとれてるのかなって きがする。 わたしはプールのところがすごく好き。 可愛いってだけなんだけど 音楽とマッチしてていいなーって。

  • Ayk

    音楽と風景と日常描写が良い

  • きいろ
    きいろ 4 2015年1月10日

    ずっと観たかった映画!やっと見れた。プールで遊んでるシーンが特に好き。音楽も衣装もかわいくてお気に入り。コッポラ映画の中で1番かも!

  • asaaako

    真夜中のジェラート。

  • Kanako Takaichi
    Kanako Takaichi 3 2014年12月6日

    名声と富を手に入れたハリウッドスターが荒んだ生活をしていたが、本当に大切な何かに気づくというお話。 でもな、その本当に大切な何かに気づくには莫大なお金を使ってるわけやん。 庶民には無理やん? じゃあお金もなくて荒んだ生活をしているわしらはどうすればええねん! レビューでも共感できないって書いてる人多数やけど、そういうことやろな。

  • filmstar
    filmstar 3 2014年12月4日

    これはソフィア・コッポラ版『都会のアリス』なのではないか、と考えながら私はこの映画を観た。もちろん、この映画はロード・ムーヴィ―ではない。そこからして勘違いだと言われればそれまでである。ただ、主人公の中年男がホテル暮らしをしており、その意味で「HOME」を持たない存在であること、そして無邪気な少女と車に乗って(「車」はこの映画の重要なモチーフである)ダラダラと放浪するあたりが『都会のアリス』の匂いに似ているかな、と思ってしまったのだ。つまり、ヴィム・ヴェンダースやあるいはジム・ジャームッシュの映画を楽しむようなノリで観なければついていけない作品なのではないだろうか、と。そのあたりで評価は割れるだろう。私はそれなりに楽しめたのだけれど。

  • Naoto Ozaki
    Naoto Ozaki 5 2014年11月11日

    とても雰囲気の綺麗な映画。ロストイントランスレーションとは違った不器用な人間の優しい話。

  • tomomI osakI
    tomomI osakI 5 2014年10月2日

    スター俳優の父と娘の話。私のパパは普通のサラリーマン。だけど、父と娘の関係は職業に関係なく一緒。わたしもいろいろ事情があって、近くにいるのにパパに会えてないしあんまり話せなかった。パパは大好きなのに。そうやって自分に当てはめて観てると自然に両目から涙がこぼれてた淡々としていながら深かった。サントラ良し。

  • Ayaka Kume
    Ayaka Kume 5 2014年9月22日

    のんびりと観れる映画、大好きです。 エル・ファニングが天使や!!

  • SAYA

    ジョニーと娘クレオとの無期限のようで短い親子のひととき。エル・ファニングが可愛い。

  • s09

    のんびりだらだらしてる 何もしたくないって日につけておく感じ でも心温まる

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2014年8月24日

    良作だけど体調悪かったら寝てしまいそうな作品。無気力状態のハリウッド俳優が前妻の妻の娘を預かってめちゃめちゃ生き生きするお話。ソフィア・コッポラの実体験を元にした作品だそうで偉大な父を持った彼女でしか撮れない映画だと思います。この空気感は独特です。 エル・ファニングがその娘役なのですが、この父娘が仲良く遊んでいるシーンが本当に最高で幸せな気分になります。モノには苦労しないであろうこの環境下で良くこんな良い娘が育ったな、とはちょっと思いますが、それにしてもめちゃめちゃ素敵。水を得たように露骨に喜ぶお父さんもものすごい可愛かったです。ラストも意味深長で格好いい。格好いい映画でした。 実はソフィア・コッポラ初観賞でしたがなかなかよかったです。「ロスト・イン・トランスレーション」が熱いらしいのでそちらも気になる。

  • ヒマラヤ
    ヒマラヤ 4 2014年8月23日

    ものすごく退屈だと思った でもそれはこの映画が退屈なんじゃなくて主人公と同じ感情なんだと 後から気づいた すごいよ、ソフィアコッポラ 2014/08/23

  • Asami Honma
    Asami Honma 4 2014年8月20日

    なんか、流すような感じで。 わたしはすき。 すきだった友達と見たなぁ!