マルコヴィッチの穴
マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
1999年製作 アメリカ 122分 2000年9月23日上映
rating 3.4 3.4
236 56

『マルコヴィッチの穴』の感想・評価・ネタバレ 3ページ

  • Shiori Sawaguchi
    Shiori Sawaguchi 3 2014年4月23日

    観ている最中も観終わったあとも、不思議な感覚に陥る作品。マルコビッチ...かわいそう。

  • Shoji Ishii
    Shoji Ishii 2 2014年3月20日

    シュール。 変な話だってのは覚えてる。

  • Yu_san

    マルコヴィッチにマルコヴィッチしまくっていてマルコヴィッチがかわいそうでした。自分のなかに入ったらどうなるか、というところなんておもしろい。人形使いである主人公の駄目っぷりがどう暴走するのか見ものだったし、愛やエロスの描かれ方もぶっ飛んでいながらしかし全く理解できないわけじゃない…という絶妙さ。こんな映画もあるんだなーと若干引きつつも感服いたしました。ブラピ!(笑)

  • Naoko Kanehira
    Naoko Kanehira 4 2014年3月18日

    なんてぶっ飛んでる映画! 見終わって友達と顔見合わせて苦笑い…。 だけど時間が経つ程にジワジワと面白さがせり上がってくる不思議な世界観。 自分が思っている自分は自分ではないのかも。個性溢れていると思っていた周りの人は実は自分と何も変わらないのかも。 とにかく斬新で奇妙で癖になる何かがある!

  • 竪琴

    2004.12月に鑑賞

  • hk

    自分のままでも幸せになれないし他の自分になっても幸せになれない

  • イワ

    サイコホラーって感じ(適当)。ジェンダーとかアイデンティティ論じる系のレポートがはかどりそうだなって思いながら観てた。映画としては特に面白味を感じるところがなかった。

  • m_saito

    マジキチ♥︎

  • イトヨ
    イトヨ 5 2013年11月21日

    本当に面白かった! ブラピが一瞬だけ登場したのに笑った(笑) エキストラかい(笑) 例えるならば、 外国板世にも奇妙な物語みたいな感じかな? は~面白かった!(笑)

  • y r e

    とにかく不思議ですわ。何も考えたくない時に。

  • Natori Takahiro
    Natori Takahiro 3 2013年10月15日

    ジャケで分かりますが、ぶっ飛び

  • zun

    1999年公開アメリカ Being John Malkovich スパイク・ジョーンズ監督作品デビュー作(かいじゅうたちのいるところ,アイム・ヒア ほか)/チャーリー・カウフマン脚本(エターナル・サンシャイン ほか) [レンタル]112分

  • taisukeinoue
    taisukeinoue 0 2013年9月15日

    これはおもろーやった。なかなかこうゆー切り口はないとおもわれ。やっぱりこういう現実とかけ離れた映画は楽しい。

  • あめみや
    あめみや 0 2013年6月10日

    めも。 マルコビッチの奇妙な世界。 穴をくぐれば誰でもマルコビッチ。邦題がいいですね。 主人公が売れない人形師というのが、よく計算されているストーリーだなと思いました。

  • Toshiyuki Koyama
    Toshiyuki Koyama 3 2013年4月14日

    それぞれの思惑が、マルコヴィッチを原因に、良くも悪くも狂っていく。人形劇師となっていくマルコヴィッチのシーンが印象的。マルコヴィッチなのにマルコヴィッチじゃないマルコヴィッチが観てて面白い。

  • jurinnko
    jurinnko 2 2013年2月28日

    マルコビッチの世界を堪能できる扉を見つけてから、主人公の人生はおかしくなっていく。正直意味のわからない部分も多いだけにミステリアスな映画だった

  • 928uhen

    2013/2/24 この脚本を書いた人は頭がブッ飛んでる!!!

  • おかえり
    おかえり 0 2012年12月15日

    なんかよくわかんないしコメディじゃない気がする。 ブラピが二秒しか出ていないのが気になった。

  • moco02

    コメディかと思ったら全然違った。笑えないよー怖いし切ないよー なぜマルコヴィッチなんだろう…と思ったけど、なんかそこも変に生々しくていいのかもしれない。笑 ネタバレになりますが。 みんな可哀想。ありのままの姿の人がほとんど出てこない。 マキシンは謎だったなぁ。あの人は誰に惹かれていたのか。特定の誰かではなくて、自分を見つめる者を求めてただけだったのか。(マルコヴィッチの中身がロッテじゃないって分かってからもそのまま関係を続けてたよね?) この手の映画は議論しても仕方がない(設定がぶっとびすぎている)けど、この映画を観て何を感じたか、いろんな人と話してみたいと思った。

  • ruha75511
    ruha75511 4 2012年9月13日

    ポルノ映画と言っていいほどのエロス。人間の生と性に対する飽くなき欲求を描いている作品だと思います。