パルプ・フィクション

パルプ・フィクション

Pulp Fiction
1994年製作 アメリカ 154分 1994年10月4日上映
rating 4 4
558 71

『パルプ・フィクション』とは

アメリカの大衆雑誌に連載されているような犯罪小説をイメージして、複数のストーリーを交錯させながら語られる異色のバイオレンス・アクションである。監督はデビュー作『レザボアドッグス』でも同じ手法で描いたクエンティン・タランティーノ。主演は『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョン・トラヴォルタ。共演は『ジュラシック・パーク』のサミュエル・エル・ジャクソン、『バロン』のユマ・サーマン、『ビアノ・レッスン』のハーヴェイ・カイテル、『恋愛の法則』のティム・ロスほか。個性的なキャストが見せる演技、スピード感のあるアクションシーン、ユーモアたっぷりのコメディパートなど見所が多い作品だ。主演のジョン・トラヴォルタは本作がきっかけでブランクを克服し、再びトップスターへと復帰した。第67回アカデミー賞では7部門にノミネートされ、うち脚本賞を受賞。94年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。

『パルプ・フィクション』のあらすじ

朝のロサンゼルス、コーヒーショップでは不良カップルのパンプキンとハニーが強盗を始めた。2人組のギャング、ヴィンセントとジュールスはボスの命令で騙し取られたスーツケースを取り返すべく、若いギャング団のアパートへ行き容赦なく彼らを殺害した。その頃、ボクサーのブッチ・クリッジはギャングのボスであるマーセルスから八百長の依頼金を受け取っていた。ヴィンセントはマーセルスから、留守中に美人妻ミアの食事の相手をさせられ、2人はクラブ・レストランでダンスを踊り、お互いに惹かれあうのだった。一方、ブッチはマーセルスを裏切り自分に大金を賭けて試合に勝った。ブッチは恋人ファビアンの待つモーテルに逃れるが、彼女が父の形見である金時計を忘れたことを知り、危険を承知でアパートに戻った。しかし、そこにはヴィンセントが待ち構えていた……。

『パルプ・フィクション』のスタッフ・キャスト

『パルプ・フィクション』の感想・評価・ネタバレ

  • tamago3
    tamago3 3 15日前

    ジョントラボルタが復活を果たした作品。時間が前後しつつ物語は進む。 タランティーノだからある程度の面白さはあるが、感想としてはまあまあかな。

  • manikademonika
    manikademonika 0 5月14日

  • Junichi  Nakamura
    Junichi Nakamura 0 2019年2月17日

    20190216 Toho上大岡

『パルプ・フィクション』に関連する作品