バットマン リターンズ
バットマン リターンズ
Batman Returns
アメリカ 126分 1992年上映
rating 3.5 3.5
136 8

『バットマン リターンズ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2017年10月5日

    ゴッサムシティが産んだ新しい怪物ペンギンとキャットウーマン。彼らとバットマンとの三つ巴の戦いが幕を開ける。 長らくティム・バートンが苦手、としていましたが全く嫌悪感なく鑑賞できました。これは映画がどうこうというよりも僕の成長に違いありません。甘さ:苦さ=9:1くらいの配合の絶妙なティム・バートンの世界が本作では炸裂。ペンギンの吐く血は緑色で、キャットウーマンはバットマンを色仕掛けしますが、それでもどこか童話的。ティム・バートンってフェリーニやホドロフスキーの系譜なのかな、と感じさせます。このコテコテの感じは、もしかすると最もアメコミの雰囲気に近いのかもしれません。 小太りの男ペンギンが大量のペンギンを地下で操っている様子、なんの裏づけもありませんが『怪盗グルーの月泥棒』など「ミニオン」シリーズがオマージュしたのではないでしょうか。ビジュアルがとても似ている。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 2017年1月4日

    2017年 1本目 ①DVDにて鑑賞 ②BDにて鑑賞

  • _____wassyoi
    _____wassyoi 3 2016年10月1日

    明るさの中に不気味な雰囲気が漂う、まさにティムバートン監督の空気が滲み出ていた作品!

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 3 2016年7月25日

    いよいよキャットウーマン登場の巻。全てがマンガで、ただもうワクワク。でもペンギンのメイクが恐かった気がする。

  • けんしろー
    けんしろー 3 2016年5月8日

    世界観がいい。ペンギン普通に弱そうだが周りにあるセットの一つ一つに面白みを感じる。

  • HEROHALU

    記録用

  • 錦織孝文
    錦織孝文 2 2015年5月8日

    普通かな? 皇帝ペンギン普通に弱そうだけど(笑)

  • なん こつ
    なん こつ 4 2015年2月12日

    暗い世界観が好きです!みんな闇を抱えてる!ミシェルファイファーが美しい!

  • m_saito

    ティムバートン監督のモンスター愛が心地よいバートン版バットマン。 ペンギンが凄くハマっていて、「あっ、コミックで見たペンギンだ!」と感動したよ。

  • ごとー
    ごとー 0 2014年12月4日

    2014/12/4

  • チュウ
    チュウ 5 2014年5月13日

    バートン版「バットマン」ならこの1本!

  • 竪琴

    2004.9月以前に鑑賞

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 5 2013年11月20日

    コウモリ男がペンギン男とネコ女と闘う話。 ティム・バートンの世界観がほんと好き。

  • ime_cine
    ime_cine 3 2012年9月27日

    ミシェル・ファイファーかわいい!!! ツリーの点灯式の広場を観て何故か「メトロポリス」思い出しました。 ダークナイトとかと比べると古いし、チープに見えるけど、 洋服デザイン良かった〜。 オープニングの見せ方がさすが!ティム・バートンですね。 この頃のメイクって濃いけど憧れる▲ HELL HERE!ミャーオ

  • gwashiiii
    gwashiiii 0 2012年8月29日

    バットマンリターンズ/ティム・バートン(1992) ★★★★★★★☆☆☆ 同監督による「バットマン(1989)」の続編。 今回の敵は鳥人間、ペンギンことオズワルド。 このシリーズの敵キャラはいつもインパクトがあって面白い。 ペンギンのキャラも含め相変わらずのファンタジー具合。 ミサイルを背負ったペンギンの群れが大行進するところなんて、怖さ以上に可愛さが際立ってクスっとくる。 映画全体に漂う暗いイメージを独特のコミカルな演出で明るく見せるのは同監督の得意とする所。 とするとバットマンっていう少し暗さを持った物語に、ティム・バートンってのは適してるのかも…と妙に納得。 今回はそのコミカルな演出にも抵抗を感じず面白く観れたし。 しかし冬の暗い雰囲気が好きなのかなぁと推測するほど、ティム・バートンはクリスマスが大好きだな。

  • さくら
    さくら 0 2012年3月27日

    異形なものへの愛情がすごいよね。ペンギンがうじゃうじゃ。 次作から色々変わっちゃうのね。もったいない。