フック
フック
Hook
1991年製作 アメリカ 142分 1992年6月20日上映
rating 3.6 3.6
107 9

『フック』の感想・評価・ネタバレ

  • けんしろー
    けんしろー 3 2017年1月11日

    ピーターパンが大人になってしまった。 ネバーランドからもいなくなった。 記憶が交錯する中でエリート社会人として生きるピーターは家庭よりも仕事優先 ある日、フック船長に子供を誘拐されネバーランドに戻る記憶を無くしていた社会人ピーターはピーターパンだった。 スピルバーグらしい映画でした。 誰もが考える事をリアルに再現。キャスティングもいいと思いました。子供の中でもみんな良い子ではなく難しい年頃の子の起用や愛しい黒人の太った男の子など 何よりピーターパン演じたロビンが子供の中に混ざり何の違和感もなく演じ切っていたのがとてもほっこりした。 一つ気になったのが正直すぎて展開が早かった所です。しかしこれが逆にフック船長との闘いで汚い手もつかう相手に活かされたのではないだろうか。 素敵な映画です。

  • まつり
    まつり 3 2016年2月21日

    ピーターパンが大人になったら?もしピーターパンがネバーランドからいなくなったら?そんな純粋な動機を感じる映画。 タイトルはフックだけど、物語の主軸はロビン・ウィリアムズ扮するピーター。子供のまま歳をとらない筈のピーターだけど本作では現代社会にくらし仕事人間のパパになっている。 ネバーランドの記憶がごっそり抜けていて自分が何者だったかも忘れているピーター。息子たちを拐ったのは宿敵フック船長だと言われたところで世迷い言だときって捨てる。そんな調子のピーターにキレたのがティンカーベル(ジュリア・ロバーツとは驚いた)、強制連行でピーターをネバーランドへ。やっと理解が追い付いてくるピーターだけど、ピーターパンとしての記憶は戻らない。遊び心を忘れた現実主義な氏はまったく不甲斐ない有り様。あと十数センチ手を伸ばせば息子たちを助けられるのに、恐怖と臆病さのうちに早々に手を下ろす。それを目の当たりにした兄妹はひどく失望する。拐ったフックですら戦意を喪失する。しかたない、しょうがない。そんなピーターをピーターパンにする訓練の日々とフック船長との決着、親子の絆が描かれている。 とくに面白かったのが、フック船長がピーターの長男を懐柔するところ。長男のジャックは仕事ばかりで構ってくれない父にもともと不満をもっている。そこをつきジャックを自分側に引き入れてしまえばピーターパンは窮地に立たされるはずだ……と画策したはずのフックに思わぬ誤算が。ジャックとの間に妙な絆が生まれ始める。配下を使った野球試合。見事ホームランを打ったジャックを抱えあげて全力で喜ぶ、まるで親子のようなフックとジャック。そのあともミニフックと言わんばかりにジャックに自分と同じ衣装を着せて船を闊歩したりする。 父失格のピーターと父になろうとするフックの対比が面白い。親子の絆の希薄さ、遊び心の喪失などなどメッセージに豊んだところがこの作品の良さであり一方で少々クサいところだと思う。 CG全盛の今と比べると圧倒的アナログ感!感動する!美術も演出も、知恵と工夫が垣間見える。メッセージを入れるぞ!という気概も感じる(少々暑苦しいほどに笑)。とても丁寧な作り。ラストは童話らしく、急速に、すみやかに、ハッピーエンドに収束していく。

  • ごとー
    ごとー 0 2015年12月19日

    2015/12/20 父を嫌い母を愛するピーターパンが憎むべき父親になってしまうというアイディアがもうたまらない。そして息子に一度は憎まれてしまう。現実のピーターはフックと同化してると考えるとタイトルのフックも納得だよな。もちろんこのピーターパンはロビンウィリアムスにしかできない!子供心を一生持てる人なんてこの人以外考えられない!ただ殺陣がね(笑)ちょっと残念だった。大人vs子供だからしょうがないのかな。

  • R1067556

    成長したピーターパンの話。弁護士すげー

  • 前島知也
    前島知也 3 2015年5月20日

    何歳になっても見ても楽しめる映画です。 映像が綺麗だし話しの展開もおもしろいので142分が長く感じないです。 久方ぶりに見たら若い頃のグウィネス・パルトローがほんのちょこっとだけ出てました。 若い頃から美しい

  • Mae Hiroaki
    Mae Hiroaki 4 2015年1月22日

    思い出補正

  • ののはな
    ののはな 4 2014年12月3日

    当時、ロビンがピーターパンでジュリアがティンクなんて有り得ない!!と思いながらも観に行きましたよ。 ロビンはすごいです。「大人になったピーター」がスクリーンにいました。彼の笑顔の勝利です。 ネバーランドで想像の力を取り戻して、子供達と食事をするシーン。フライングするシーン。 ワクワクしました。大人も子供も楽しめる映画だと思います。 やっぱりジュリアのティンクはミスキャスト…とは未だに思いますがw

  • こばやし
    こばやし 4 2014年12月3日

    ピーターがピーターパンだって思い出す食事シーンは最高に心踊る

  • Kotomi

    タイトルがピーターパンじゃなくてフックだったからどんなの話かなと思いながら鑑賞。まさか、大人になったピーターパンが出てくるとは思わなかった。トムハンクスがいい味出してる。結構面白いです。

  • みも

    一番大好きな映画 あえてレビューしません〜

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 3 2014年8月12日

    大人にならないことがウリのピーターパンが大人になってしまってるんでね…

  • こまり
    こまり 4 2014年7月16日

    小さい頃から家にあるビデオ。 金ロのを編集したやつだけど、大好きで何回も見てた。 あのころは「ハリーポッター」知らなかったし、「マクゴナガル先生」も知らなかった。 「ハリーポッター」見て、読んで、知ってからずいぶんたってから、この「フック」に出てくるウェンディがマギー・スミスさんだって知って驚いた。 雑貨とかインテリアかわいい素敵。着色料多めの食べ物とか。 飛行機のシーンは笑うよ。人魚きれい。 あとサソリの所はトラウマ。

  • あや

    昔みて、すーごい好きだった。 ハウス食品のピーターパンの冒険とかハマって見てたし、ピーターパン好きなんだなー。 久々にもう一回見たいなあ。

  • Chihiro Matsumoto
    Chihiro Matsumoto 5 2014年5月25日

    大好きで子供の頃から何度も観てる作品。 ピーターパンがネバーランドを離れ大人になった後の話。 スピルバーグ監督で、出演してる俳優陣も豪華。 ファンタジー作品だけど、大人と子供両方の視点から楽しめるはず。 私も大人になった今では、仕事仕事のピーターの気持ちにも共感できるようになりました。 少ししか出ないけどマギー・スミスのウェンデイ役が好き。

  • Takahiro Yasui
    Takahiro Yasui 2 2014年5月11日

    けっこう好き。 子供心を忘れた自分にはグッとくる。 そういえばロビンウィリアムスが好きで見た映画だったんだ。

  • Chani

    ははは・・・大人のピーターパンか・・・と黄昏てしまう部分はなきにしもあらず。でも、普通に面白い。

  • eddejed

    子供の頃から見ていて大好きな映画。 色鮮やかなネバーランドの世界や隠れ家での生活にワクワクし、フック船長との戦いにハラハラし、そしてドレスを着たティンクを見てジュリア・ロバーツにドキドキしたものです。 特にフードファイトのシーンが大好きで、いつか大勢でこんなひっちゃかめっちゃかな食事をするのが大人になった今でも叶えたい大事な夢の一つ。 一言:黒人のおデブちゃんに笑かしてもらう映画