高月彩良の8つの魅力【『思い出のマーニー』杏奈の声優も!】

2017年7月14日更新

170cm近くある身長とボーイッシュな魅力でドラマ『GTO』や映画『スレイヤーズ・クロニクル』、『思い出のマーニー』など話題作に次々と出演し注目が高まっている女優高月彩良。クールに見えて実は天然なエピソードを持つ高月彩良のキュートな魅力に迫ってみたいと思います。

1.高月彩良の芸能界入りからデビューまでを紹介!

1997年8月10日神奈川県生まれの女優高月彩良。2008年にスイミングスクールに行く途中のスカウトで芸能界入りし、ネットドラマ『TSC東京ガール』で女優デビュー。2010年に同じ事務所の若手女優5人で構成されたグループbump.yで活動を開始します。並行して映画『男子高校生の日常』(2013)『僕は友達が少ない』(2014)など話題作に次々と出演しています。

2.高月彩良ってどんな人?趣味や特技は?

幼いころから習っていたピアノと水泳が高月彩良の特技で趣味は音楽鑑賞。 性格は天然キャラとして知られていて、映画『思い出のマーニー』PRで訪れた松山で現地の印象を訊かれた際に「道後温泉とお坊ちゃま」と答えたり、香水をリップクリームと思って唇に付けたりしたこともあるそうです。

3.『思い出のマーニー』の杏奈役で声優デビュー

イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンによる同名の小説を米林宏昌監督が舞台を日本に置き換えて描いたジブリ映画『思い出のマーニー』(2014)。お屋敷に住む不思議な少女マーニーとの出会いを経て、閉ざしていた心を開いていく主人公の少女佐々木杏奈(アンナ)役に高月彩良が抜擢され、声優デビューを果たしました。

4.高月彩良の代表作7本!

ドラマ『逃亡弁護士』(2010年)

事務所で死んでいた二ノ宮弁護士殺害の罪を着せられ逃亡することになる若き弁護士成田誠(上地雄輔)が逃亡を続けながらも所属していたアクサル法律事務所の仲間の助けを得て真犯人に迫っていく物語。 父の死で心を閉ざして入院している謎の少女南優希を高月彩良が演じています。

映画『ジョーカーゲーム』(2012年)

日本政府が考案した児童IQ向上プログラム「義務教育延長法」の一環で行われる命がけの「ババヌキ」を強制される高校生たちの物語。AKB48の北原里英が主人公の女子高生赤沢千夏を演じました。 狂気のデスゲームのなかクールに心理戦をサバイブする女子高生大野香奈を高月彩良が演じています。

映画『僕は友達が少ない』(2014年)

平坂読による同名ライトノベルの実写映画版です。聖クロニカ学園に転校してきた人見知りの高校生羽瀬川小鷹(瀬戸康史)と架空の友達と話す三日月夜空(北乃きい)が立ちあげた友達を作るための部活「隣人部」に集まる面々が織りなす物語。 「隣人部」に集まる生徒の一人で男らしくありたいと振る舞う少女楠幸村を高月彩良が演じています。

ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』(2014年)

丸山隆平が主演でぬーべーこと鵺野鳴介を演じた、漫画実写化ドラマで高月彩良は正義感が異様に強い生徒の一人、菊池静を演じました。

映画『ストレイヤーズ・クロニクル』(2015年)

日本の極秘機関による進化実験により生まれた脳のリミッターを解除した子供達と動物の能力を有した子供達。前者は逃亡し後者は里子に出されていましたが、運命のいたずらで敵対し戦う事になるというアクション映画。 視線で相手を誘惑して制御しキスで気絶させることも殺すこともできる静を高月彩良が演じています。

映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(2015年)

集められたメンバーである「村人」の中から「人狼」と思われる人物を特定して処刑していき「人狼」は逆に村人を一人ずつ殺していくルールで血みどろの頭脳戦が繰り広げられる映画『人狼ゲーム』シリーズの第3弾です。 新たなルール「狐」を担う主人公の女子高生森井あやかを高月彩良が演じています。

ドラマ『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜』【2015年】

京都の旅行代理店を舞台に、京都におけるツーリズムの魅力をコメディータッチで描いたドラマ。主演は本作でドラマ初主演を果たしたお笑い芸人の渡辺直美。舞妓やツアーガイドの経験があり、主人公の高瀬と山本裕典演じる佐竹を援助する中央管理センターの沢村紅葉を演じました。 本作は『五つ星ツーリスト THE MOVIE 〜究極の京都旅、ご案内します!!〜』として映画化もされ、沖縄国際映画祭で上演され、2015年11月には全国公開されました。

5.オトメンを演じ、男装姿が話題に!

表面上は男の中の男ですが中身はラブリーなものが大好きな高校生正宗飛鳥(岡田将生)が、表面上は大和撫子そのものですが中身は日本男児な都塚りょう(夏帆)と恋に落ちるラブコメディドラマで、若き日の正宗飛鳥を高月彩良が男装して演じ話題となりました。

6.岡田将生と「キスの日」に初キス?

高月彩良が初めてキスシーンを演じた映画は『スレイヤーズ・クロニクル』。 キスによって様々な毒を注入する能力を持つ静を演じた高月と主役のスバルを演じた岡田将生とのキスシーンに「極度の緊張を見せていましたがそれを感じさせない堂々としたクールな殺しっぷりを魅せてくれました」と企画プロデュースの佐藤貴博から高く評価されました。 ちなみに『ストレイヤーズ・クロニクル』の公開日の5月23日は、日本映画で初のキスシーンが登場した1946年の『はたちの青春』の公開日であることから「キスの日」とされています。高月彩良の初キスシーンは「キスの日」に公開されたことになります。

7.16歳でドラマ『GTO』に出演!

元「史上最強の暴走族」だった高校教師鬼塚英吉が生徒たちの問題にぶつかっていく人気学園ドラマ『GTO』(2012)で、貧しい家庭事情をを隠すためデートクラブのバイトで他人に貢いでいたところを鬼塚に改心させられる生徒桑江遥を当時16歳の高月彩良が演じました。

8.高月彩良の今後の予定は?

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』

主人公の赤羽由宇は、ある事件をきっかけに、学校内で「黒悪魔」と噂されるドSの黒崎晴の怒りを買ってしまい、いろいろと命令されてしまうことになってしまいます。晴人の親友で、校内の女子に「白王子」と呼ばれる白河タクミへの片想いする反面、晴人の強引な態度とたまに見せる優しい一面に、由宇はだんだん晴人のことが気になってき......という物語です。 高月彩良は由宇の友達であり、晴人に想いをよせる芦川芽衣子役で出演します。 高月彩良が出演する、『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、2016年2月27日公開です。