実写映画『青空エール』あらすじ・キャスト【土屋太鳳主演で実写化】

2017年7月6日更新

河原和音の同名コミックが原作の映画『青空エール』が土屋太鳳主演、三木孝浩監督で2016年8月に公開されます。今回は、気になる映画のあらすじ、キャストを原作の見所と共にお届けします。

吹奏楽×野球のド直球青春映画『青空エール』がやってくる!

30秒特報

90秒予告

高校生という、誰もが経験する一時を舞台に、部活と恋愛にどこまでもひたむきに、真っ直ぐに臨む物語で、多くの読者の心を打った河原和音の同名コミックが、青春映画に定評のある『ソラニン』や『アオハライド』の三木孝浩監督により、映画化されます。公開は2016年8月20日の予定です。

映画『青空エール』あらすじ“甲子園を目指す”高校生の物語

青空エール

原作は、『高校デビュー』やアルコとの合作『俺物語!!』で知られる河原和音の同名コミックです。主人公の小野つばさは、甲子園のスタンド野球部を応援すること夢見て、名門吹奏楽部に入部。しかしブラスバンド初心者だったつばさにとって、吹奏楽部での練習は厳しいものでした。

周りとの差を感じ、何度もくじけそうになるつばさ。そんな時、いつも彼女の背中を押してくれたのが、クラスメイトで野球部所属の山田大介でした。

大介もまた、野球で甲子園を目指している身であり、やがて2人は一緒に甲子園に行くことを目標にするようになっていきます。

高校1年生から部活の集大成である3年夏までを描いたザ・青春ストーリー!

つばさがブラスバンドに入部した高校一年生の春から、高校三年生の夏までの部活や学校生活などをとてもリアルに描いている原作の『青空エール』。ただ甲子園を目指して練習に励むだけでなく、部活動の人間関係のドラマやスランプなどさまざまな出来事を通してつばさや大介は成長していきます。

初めての試合。レギュラーを外された悔しさ。今、高校生活を謳歌している若い世代はもちろん、「青春は終わってしまった…」と感じている大人世代にもぜひおすすめしたい作品です。

映画『青空エール』メインキャスト

『青空エール』の第一弾キャストが発表され、イメージにぴったりな今をときめくフレッシュな顔ぶれが揃いました。

ヒロイン、小野つばさ役に抜擢されたのは土屋太鳳

今回、小野つばさ役を射止めたのは2015年に、ファンタジー要素の入った切なくてキュンとくる恋愛映画『orange』の出演で話題をさらったばかりの土屋太鳳(つちや・たお)です。作中でつばさが吹くことになるトランペットは未経験ということで、本作では二重の意味での挑戦になります。

NHK朝ドラ『まれ』の主演をはじめ、ドラマ『下町ロケット』など注目作への出演が相次ぐ土屋太鳳が夢にひたむきな爽やかヒロインを演じています。

つばさと共に甲子園を目指す野球部員、山田大介を演じるのは竹内涼真

2014年から放送した『仮面ライダードライブ』で主演をつとめ、子供のヒーローとなった竹内涼真が、つばさを支え、そして惹かれることになる野球部員、山田大介役に挑戦します。竹内は野球こそ未経験ですが、5歳の頃からサッカーに撃ち込んできたスポーツマンで、役柄にぴったりです。

つばさと互いに励ましあいながら甲子園を目指す中で、つばさに淡い恋心を抱くまっすぐな高校生を演じています。

時に厳しい吹奏楽部の同級生、水島亜希を演じる葉山将之

葉山将之は、2011年テレビ東京系ドラマ『鈴木先生』でデビューしたばかりの若手俳優です。2015年には、映画『夏ノ日、君ノ声』で主演をつとめるなど、役者としての注目度が高まってきています。

本作では、吹奏楽部につばさと一緒に入部した水原亜希役で出演します。

追加キャストが発表!

城戸保志/堀井新太

大介の友人で、野球部のピッチャー(ベンチ入りはしていません)城戸保志を堀井新太が演じます。城戸はどこか本気になれないところがあるお調子者。演じる堀井は、2015年に『マッサン』や『花燃ゆ』に出演し知名度を上げた俳優。若手男性俳優集団D-BOYSに所属しています。

春日瞳/小島藤子

トランペットのパートリーダー春日瞳を小島藤子が演じます。小島は1993年生まれの女優で、2016年はドラマ『ダメな私に恋してください』などに出演しています。

脇田陽万里/松井愛莉

つばさのクラスメイト脇田陽万里を松井愛莉が演じます。脇田は原作でも人気の高いキャラクター。松井愛莉の好感度が本作で急上昇するかもしれません。

澤あかね/平祐奈

平祐奈

出典: natalie.mu

野球部のマネージャー澤あかね役で、平祐奈が出演します。平は、2015年に映画初主演、ドラマ初主演を飾るなど、知名度を急上昇させてきている女優。「大塚家具」や「JR skiski」などのCMも話題になりました。

碓井航太/山田裕貴

野球部員碓井航太役で山田裕貴が出演します。山田も城戸と同様、若手男性俳優集団D-BOYSに所属しています。

志田未来最後の高校生役!?

志田未来が吹奏楽部の先輩森優花役で出演することが決定。1993年生まれ、現在23歳の志田最後の高校生役になるかもしれません。

上野樹里が吹奏楽部の顧問役に!

上野樹里が吹奏楽部の顧問杉村容子役で出演します。原作の杉村はスパルタ顧問でしたが、どうやら映画版では少々キャラクターが変わっているようです。詳細はわかりませんが、上野樹里の顧問に期待したいですね。

甘い恋愛だけじゃない!『青空エール』の魅力はリアルに描かれた高校部活の風景にも

原作コミックにおける吹奏楽部の様子は、作中の学校のモデルとなった、北海道札幌白石高等学校吹奏楽部のOBでライターの梅津由希子が監修しています。そのため、原作を読んだ吹奏楽経験のある読者から、部活の練習風景やつばさの挫折など、様々なシーンに強いリアリティがあると評判になりました。

今回、実写映画化に伴い、そのリアリティにさらに磨きがかかることが期待されます。

実は過去に一度「実写化」されていた

Suzu - 『you can do it!』collaborate with 『青空エール』 〜前編〜

Suzu - 『ひかりの方へ』collaborate with 『青空エール』 〜後編〜

2016年、初映画化となる『青空エール』ですが、2014年に、シンガーソングライターSuzuのMVにて1度公式実写化がされています。この時は2013ミスセブンティーンの大友花恋が小野つばさ役を、瀬戸利樹が山田大介役をそれぞれ演じています。

Suzyのさわやかな歌声が作品のイメージに合った本作。映画公開の前に予習としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

夏休みは『青空エール』で思いっきり胸キュンしよう!

今、高校生の人も、かつて高校生だった大人も、夏休みは劇場で、甘酸っぱい青春時代を体験しましょう。

映画『青空エール』2016年8月20日公開予定です。

『青空エール』のおすすめグッズ

映画ノベライズ 青空エール