2017年7月6日更新

渋川清彦、どこかで見たことある?名脇役俳優のデビューから最新作までをまるっとおさらい

渋川清彦 お盆の弟

「渋川清彦」という名前でピンとこなくても、この俳優どこかで見たことありませんか?映画やドラマ、CM出演だけでなく、バンド活動や自身が手掛けるアパレルブランドもあるほど幅広く活躍する渋川清彦。そんな彼のデビュー作から俳優業以外のことまで、わかりやすくご紹介します。

1. 渋川清彦のプロフィール

1974年7月2日生まれ、群馬県渋川市出身の俳優・渋川清彦。本名は田中清彦です。俳優の他、モデルや「DTKINZ (ドトキンズ)」というバンドのドラマ―としても活動しています。 群馬県の渋川市で18歳まで過ごし、のちに上京しました。当初は「KEE」という芸名でファッションモデルとしてデビューし、男性ファッション誌で活躍。以前からドラマなどの端役などで俳優として活動していましたが、1998年にはじめて映画デビューし、2006年に渋川清彦に改名しました。

2. 映画『ポルノスター』でスクリーンデビュー

渋川清彦は、豊田利晃監督の初監督作品である渋谷の裏社会で正反対に生きる二人の若者を描いたバイオレンス映画『ポルノスター』(1998年公開)で映画デビュー後、数多くの映画やテレビドラマ、その他CMなどにも出演しています。豊田監督とはデビュー作後もタッグを組むことが多く、常連俳優として出演しています。

3. 『そして泥船はゆく』で映画初主演を飾る

『そして泥船はゆく』(2013年10月公開)は栃木県大田原市を舞台に繰り広げられる、現代のモノクロ映画です。主人公の平山隆志は、祖母のもとで毎日だらだらと過ごす、無職で無気力、36歳のどうしようもない男です。そんな隆志の前に、ある日、亡くなった父親の娘だと名乗る少女が訪ねてきたことから、物語が進行していきます。 主人公の怠惰な男・平山隆志を渋川清彦が演じました。同映画は2013年、第26回東京国際映画祭を皮切りに、現在2016年までに世界6か国9つの映画祭で上映されてきました。

4. ファッション関係などでも活躍する渋川清彦

ファッションモデル「KEE」

キャリアのスタートはファッションモデルからでした。

オリジナルアパレルブランド「Rotar」

渋川は、オリジナルアパレルブランド「Rotar」をモデルの大柴祐介やカメラマンの内藤啓介らとともに手がけています。 スケートボードやモーターサイクルなど、ストリートカルチャーを取り込んだデザインで、大手アパレル通販サイト「ZOZOTOWN」でも販売されています。

5. ドラムも叩ける俳優

元々、バンドでプロを目指すために上京した渋川清彦。10代の頃はドラムをずっとやっていた本物のドラマーでもあります。1年ほどで中退してしまいましたが、東京コミュニケーションアート専門学校のドラム科に入学していたこともあります。 3人組のサイコビリーバンド「DTKINZ(ドトキンズ)」のドラムを担当しています。

6. 舞台でも活躍する渋川清彦

主に映画・ドラマで活躍している渋川清彦ですが、その活動は舞台にも広がっています。 2013年につかこうへい原作で三浦大輔が演出をした『ストリッパー物語』に出演し、2015年末には『ポルノスター』『青い春』『モンスターズクラブ』『クローズEXPLODE』などの映画で知られる豊田利晃監督が舞台初演出を務めた『怪獣の教え』に渋川は出演しました。 豊田作品の常連として渋川は島育ちのサーファーを演じました。

7. 「ゲーム・オブ・ウォー」のCMで話題に

伊勢谷友介が出演していることで知られるゲーム「ゲーム・オブ・ウォー」のCM。そこに渋川清彦が出演しています。 伊勢谷の戦う相手側としての出演です。「名前は知らないけどこの顔どっかで見たことある!」ということで話題を呼びました。かなり渋くてかっこいい感じです。この作品が初めてのCM出演になったようです。

8. 『お盆の弟』でヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞

2016年2月に行われた第37回ヨコハマ映画祭で渋川清彦は主演男優賞を獲得しました。主演を務めた『お盆の弟』は日本映画ベストテンでは9位、演技部門では脚本賞を含め4つの賞を受賞しました。

「撮影が終わった後に、監督がこの映画で賞を獲ってほしいと言っていた。現実になりました。やりましたあ」

清川が大きな主演賞を受賞したのは今回がはじめてとなり、これを受けて以上のように喜びのコメントを寄せました。