『プラダを着た悪魔』に関する15の意外な事実

2017年7月6日更新

アン・ハサウェイやメリル・ストリープ出演の大人気映画『プラダを着た悪魔』に関する意外な事実やトリビア、小ネタなどをまとめてみました。

仕事に恋に頑張る女性を描いた映画『プラダを着た悪魔』

映画『プラダを着た悪魔』とは2006年公開のアメリカ映画で、ジャーナリストを目指すためにニューヨークへやってきた田舎者のアンドレア(アン・ハサウェイ)が、最高のファッション雑誌『ランウェイ』編集長であり厳しく横暴な上司であるミランダ(メリル・ストリープ)の元で奔走するドラマ映画です。

ストーリーの面白さやキャラクターの可愛さは勿論、ファッションを題材とした映画ならではのお洒落さでも注目を浴びました。アン・ハサウェイが次々に綺麗な衣装に身を包む様は、男性も一見の価値あり!

女性が恋愛や仕事に対してひたむきに頑張る姿や、自身の信念を貫く爽快なストーリーに共感した同世代の女性を中心として人気に火が付き、現在でも絶大な人気を誇る映画なのです。

1,実は原作の著者がカメオ出演

プラダを着た悪魔

『プラダを着た悪魔』には同名の原作があるということは知っていますか?その作者であるローレン・ワイズバーガーさんが実は出演していたのです。

2.『プラダを着た悪魔』の続編小説が発売されていた

『プラダを着た悪魔 リベンジ!』

原作となったローレン・ワイズバーガーの同名小説は、なんと2013年に続編が刊行されています。前作から10年後、自分の雑誌を立ち上げ結婚も決まり順風満帆な日々を送るアンドレアの前に、ミランダが再び現れる…。というストーリーの作品。『プラダを着た悪魔 リベンジ!』というタイトルで上下巻に分かれていますので、映画ファンは是非こちらも!

3,エミリーの衣装はほとんど"ヴィヴィアン・ウエストウッド"

ヴィヴィアン・ウエストウッド

エミリー・ブラントが演じた彼女の衣装はほぼVivienne Westwood。おしゃれの参考にどうぞ。

4,作中の衣装の総額はなんと100万ドル(約一億円)!

なんと映画に出てきた衣装の総額は少なく見積もっても100万ドル。ちなみに衣装デザイナーには10万ドルの予算しか与えられておらず、ほとんど借りてきたとのこと。

5,メリル・ストリープがアン・ハサウェイにかけた素敵な言葉

メリル・ストリープ プラダを着た悪魔

伝えられるところによると、撮影初日メリル・ストリープはアン・ハサウェイに次のような言葉をかけたそう。

「あなたは役にとって完璧だと思う。一緒に撮影できてとっても幸せなことだわ。」

またこの後「これからもうこんな素敵なことはもう言わないからね」と付け加えたとのことです。撮影が始まると悪魔のような鬼編集長モードになるので気遣ったのでしょうか。なんにせよ素敵なエピソードですね。

6.メリル・ストリープからアン・ハサウェイへのアドバイス

メリル・ストリープ

憧れのメリル・ストリープと共演できることをとても喜んでいたというアン・ハサウェイ。そんな彼女にメリルは、役のためにも体重を減らしてはいけないこと、そして体重なんて気にせずにハンバーガーを食べることをアドバイス。大先輩からの貴重なアドバイスですね。

7,まさかの撮影ミス?

アンドレアがパリの噴水近くでミランダから着信を受けるシーンですが、よく観ると着信ではなくて「発信」になっています。気づいていたあなたはすごすぎです。

8.ミランダのモデル、アナ・ウィンターの感想は?

ヴォーグ アナ・ウィンター

鬼編集長ミランダのモデルとされているのは、アメリカ版『ヴォーグ』の編集長を務めるアナ・ウィンター。そんな彼女は本作の試写会に全身プラダで身を固めて出席。記者に感想を聞かれると

「皮肉が効いた娯楽作品ね。気に入らないわけがないわ。」
引用:imdb.com

と答えたそうです。

9.ミランダのモデルはクリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド

そしてメリル・ストリープが実際ミランダを演じる際に参考にしたのは、なんとクリント・イーストウッド!メリルいわく、彼は撮影現場でも絶対に声を荒らげず、だからこそ周囲は彼に逆らえなくなるそうです。

10,ミランダ役はヘレン・ミレンかキム・ベイシンガーだったかも

今となってはメリル・ストリープしか考えられませんが、上の二人も役の候補に上がっていたようです。

11.ミランダとナイジェル、プライベートでは…

『プラダを着た悪魔』

© TM and2006 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

映画内では裏切り合う事になったミランダと部下のナイジェル。しかしプライベートでは、ミランダ役のメリル・ストリープとナイジェル役のスタンリー・トゥッチは長年の友人であり、毎年クリスマスパーティーを開くほど仲が良いとのことです。

12,アン・ハサウェイは役作りのため実際にアシスタント業務を経験

アン・ハサウェイ

アンドレア役のアン・ハサウェイは役作りのため、ボランティアとして一週間ほど競売専門会社でアシスタント業務を経験したそう。

13,アンドレア役はアン・ハサウェイじゃなかったかも

ジュリエット・ルイス

ミランダと同じくアンドレアもアン・ハサウェイ以外考えられませんが、もしかしたらジュリエット・ルイスやクレア・デインズが演じてたかも。画像はジュリエット・ルイス。

14,あの「ハリーポッター7」はオークションに出された

ハリー・ぽっtq−

映画に出てくる「ハリーポッター7」の一冊はネットオークションにだされ、586ドル(当時約7万円)で落札されたそう。そのお金はチャリティに寄付したそうですが、実際あの本には何が書かれていたのでしょう??

15.『マイ・インターン』は『プラダを着た悪魔』の続編?

マイ・インターン

2015年に公開された『マイ・インターン』。ベンチャー企業の女社長と、彼女のもとでインターンシップとして働くことになったロバート・デ・ニーロ演じる70歳の老人の交流を描いた作品ですが、公開当初からアン・ハサウェイ演じる女社長は『プラダを着た悪魔』のアンドレアの10年後の姿では?と噂が立っていました。

しかし、実際はそれぞれ独立した全く別の話のようです。