2017年7月6日更新

スヌーピーに登場する変な名前のキャラクターまとめ

ピーナッツという新聞連載の漫画から始まり、今や世界的に有名なキャラクターとなったスヌーピー。ウッドストックやチャーリーなどの他にもたくさんのキャラクターが登場します。中でも変わった名前のキャラクターについてご紹介します。

1:ピッグペン

1954年7月13日にピーナッツに初登場した、いつも埃だらけのピッグペン。豚小屋「Pig-Pen」という意味です。あくまでも呼び名で、本名は明かされていません。

彼は前身をきれいにしてもすぐに埃がついてしまう体質。歩くと埃がたち、触ったものは全部真っ黒。お友達にガムドロップを配ろうとしても、そのドロップまで真っ黒になってしまいます。映画を見に行っても埃でスクリーンが真っ黒になってしまい、上映は中止になってしまうのです。

ピッグペンは「ダスト・マグネット」(埃磁石)と自分のことを呼び、埃だらけの自分を自慢に思っています。汚れているのが当然のピッグペンにとって、埃まみれであることが幸せ。埃は自分の歴史だとまで述べているほどです。髪もぼさぼさで服もよれよれですが、それを恥ずかしいとも改めるべきだとも思っていないので、隠したり言い訳したりもしません。いつでもマイペースで楽観的な男の子です。

特異体質になった理由は描かれていませんが、お父さんはピッグペン1世と呼ばれていたとのことなので、親子代々の遺伝なのかもしれませんね。

1993年にはレジーナ掃除機のCM出演を果たし、実写とアニメを組み合わせたCM演出とも相俟って話題になりました。

2:ナンバーファイブ

本名は555 95472。555が名前で95472が名字です。これ、実は郵便番号なのだそうです。お父さんが命名したのだそう。

95472に該当する地域はカリフォルニア州ソノマ郡またはセバストポール市です。チャーリーたちの住む町に引っ越してきたそうなので、以前はカリフォルニア州に住んでいたのでしょうか。

仲間たちにはファイブ、と呼ばれ、本人もその呼び名が気に入っている様子。5と表記されることもあります。スヌーピーの飼い主。チャーリー・ブラウンが選手兼監督を強める野球チームに所属しています。

3:3と4

ナンバーファイブの双子の妹です。1963年に初めて登場しました。

全くの瓜二つで、お互いに見分けがつかないくらいなんだとか。

ダンスが得意で、クリスマスにはスヌーピーの演奏をバックに個性的な踊りを披露しました。

4:タピオカ・プディング

1986年9月4日に初登場した、自分をPRすることが大好きという個性的な女の子キャラ、タピオカ・プディング。チャーリー・ブラウンのクラスメイトです。

父親がライセンシング管理会社を経営しており、キャラクター認可の仕事をしているので、いつか自分もキャラクター可されると信じています。自分のブロンドと笑顔はグリーティングカードやTシャツなどのグッズになって、100万ドルの儲けを出すのだと豪語したこともあるほどです。

毛布が手放せないキャラクター、ライナス・ヴァン・ペルトから映画に誘われたことがあります。

5:学校さん

チャーリーの妹、サリー・ブラウンは学校が嫌いでした。ですがある時通っているパインクレスト小学校の校舎が、自分の意志をサリーたちに表現するようになったのです。それが学校さん。

サリーと学校さんはとても仲良しになり、サリーは慰めて欲しいときには学校さんに頼るほど。学校さんもサリーが大好きで、サリーが来ない日は寂しがります。

ある嵐の日に学校さんは壊れてしまい、サリーは悲しみましたが、後に再建されて、またサリーと仲良しになりました。