四国を舞台にしたおすすめ映画10選

2017年7月6日更新

瀬戸内国際芸術祭が毎年行われたり、小豆島に映画のロケで使用したセットが残っていたりなど、芸術や映画に造詣が深い四国地方。そんな四国地方を舞台にした映画10本にスポットを当ててご紹介します。

1:木下惠介の言わずと知れた名作【1954年】

スクリーンショット 2016-04-28 13.49.36

mataro_mince 木下恵介監督"二十四の瞳"。船上で「浜辺の歌」のシーン。唱歌ていいなとウットリしてたら「あっ、遊覧船だっ」。あのガキしばいたろかと。歌がうまくなってからのラストも彼女が好きな道に行けなかったことと相まって少しさみしくなった。水曜日にツカで。2013年9月13日

『二十四の瞳』の舞台となったのは瀬戸内海に浮かぶ小豆島です。教師として赴任して来た大石先生と12人の子供たちが、第二次世界大戦の暗さや悲壮さに巻き込まれていく様子が描かれています。

小豆島の「二十四の瞳映画村」には映画に使われたセットや小道具が展示されていて、多くの観光客が訪れる場所になっています。

2:シリーズ19作目は愛媛が舞台【1977年】

『男はつらいよ 寅次郎と殿様』

有名なシリーズである『男はつらいよ』。その19作目となる『男はつらいよ 寅次郎と殿様』は愛媛県を舞台とした物語です。大洲城の近くで知り合った殿様の子孫である藤堂久宗に出会い、亡くなった息子の嫁に会いたいと依頼されて寅次郎が奮闘するストーリーです。

3:「なめたらいかんぜよ!」が流行語に【1982年】

Yamanaka__Akira ザ昭和の日本映画という感じでした。 主人公の覚悟が素晴らしい!
reif 2011-09-17 「鬼龍院花子の生涯」、えーとまず夏目雅子さんが花子さんじゃない!点に度胆を抜かれました。「おまんら、なめたら…、なめたらいかんぜよ」の名シーンは痺れた。でもやっぱ極道の女としては岩下志麻さんがもう、一つの絶品ジャンルですね。死に様とか鬼気迫る。仲代達矢の土佐弁はどーかと思ったぜ

宮尾登美子の小説で初めて映像化された作品です。大正から昭和にかけての高知の花街を舞台にした物語で、夏目雅子演じる松恵の「なめたらいかんぜよ!」という凄みのあるセリフが印象的で流行語となりました。

鬼龍院政五郎と娘の花子の荒波の人生を、この家に養子として預けられた松恵の目線から語られる作品となっています。

4:山田洋次が手がける青春の物語【1988年】

okdkstmp 昭和23年、旧制高校最後の年の愛媛県松山高校が舞台。胸の空くような純情と歯痒いほどの切なさがもう何ともたまらない。演出の良さもあるんだろうけど、出る役者が皆素晴らしい。主役を張る薬師丸ひろ子には感心しきり、特に渥美清は最高!! この映画、公開されたのが1988年。何でもっと早く観なかったんだろうと思うと同時に、今だからこの映画のよさが分かるという気もする。山田洋次監督というと、寅さんや釣りバカ、藤沢周平原作の時代劇と観ているけど、こんな青春映画も撮ってたんですね…。

『ダウンタウン・ヒーローズ』は愛媛県出身の早坂暁が書いた小説を元に、山田洋次が監督を手がけた映像作品です。松山高校に通い寮生活をする浩介と友人たちが演劇を通して引き合い、またすれ違うさまを描いた青春のお話です。

当時現存した築100年以上の愛媛県の宇和島小学校を使って撮影されました。今は移築されて博物館になっています。

5:香川県を舞台にロックな高校生活を描く【1992年】

青春デンデケデンデケ

himitsudan ギターのデンデケが頭に残ります。若いって良いな。
1050Carnival 大好きな青春映画

ロックミュージックに憧れる主人公・藤原竹良は、高校で出会った個性豊かな仲間を集めて4人でロックバンドを結成します。ロックを通じて広がる人とのつながりや、藤原竹良の成長を描いた映画です。

香川県の観音寺第一高等学校の周りを中心に、愛媛県や徳島県など四国全体で映画のロケが行われました。原作の雰囲気そのままのナレーションや言葉遊びが特徴です。

6:「寅さん」渥美清への追悼作品【1996年】

mataro_mince 徳島の小さな町。そこで愛された映画館オデオン座名物社長の奮闘記。古今東西映画への愛情をたくさん詰めこんだ「虹をつかむ男」BS。西田敏行最高。パーソナルに多様化した主題が多いから今はひとりで来て観て帰る時代。映画館が社交場だった、皆でワイワイ観てた時代があるなら少しうらやましい。2015年4月20日
Kasumi_Takahashi 映画っていいな~ 夢がある!!!

『虹をつかむ男』は山田洋次が監督を手がける喜劇映画です。『男はつらいよ』の寅次郎役、渥美清への追悼の意を込めて制作されました。西田敏行が主演を務め、倍賞千恵子をはじめ寅さんファミリーが総出演している作品です。

舞台は徳島県美馬市。この映画によって取り壊されるはずだった「オデオン座」という劇場に注目が集まり、現在は町指定の文化財として一般公開されています。

7:「セカチュー」の名で一躍有名に【2004年】

kochinchan 中学生のときに。泣いたなあ
namizumishi 昔過ぎて今観ると違うんだろうな…。瞳を閉じてが流れると泣いてしまう。二人の距離感がよりいっそ切なくさせた気が…。

『世界の中心で、愛をさけぶ』は片山恭一のベストセラー小説が元となった映画。大沢たかおと柴咲コウが主演を演じ、観客動員数が実写映画の中で2004年の1位になりました。映画で柴咲コウ演じる律子が高松に向かうことから、ロケは四国で行われています。

またこの映画によって長澤まさみにスポットが当たり、知名度を上げるきっかけになりました。第29回報知映画賞の助演女優賞をはじめ数々の賞を受賞しています。

8:SF研究会のメンバーに起こった非日常を描く作品【2005年】

namizumishi おもしろかったー!青春だしタイムリープ系好きだしツボだった。舞台が狭いんだか壮大なんだかよくわからんアンバランスさもいい。
Masataka_Asi 見ていて不思議な感覚になった くだらなく面白い

『サマータイム・マシン』は、クーラーのリモコンが壊れて猛暑にやられているSF研究会のメンバーの元に突然タイムマシンが現れ、昨日に戻ってリモコンを取って来ようと画策することから始まる物語です。

監督を手がけた本広克行は香川県の出身で、地元で大きな話題を呼んだ映画となりました。作中には香川県善通寺市や丸亀市の風景が映し出されています。

9:角田光代原作、母性をテーマにした作品【2011年】

konoxoxomi 井上真央の最後の台詞が泣けた。 母親になるのってどういう事なのか、、まだ私は未熟だなあ。
_odabutsu 永作博美の演技が素晴らしいし、映画の構成も非常に良かったという印象。

不倫相手の娘を誘拐した希和子と、恵里奈の葛藤を描く物語です。観客動員ランキングは初登場5位となり、第35回日本アカデミー賞の賞を総なめした勢いのある作品です。

希和子が恵里奈を誘拐して小豆島に逃げるシーンでは、二十四の瞳映画村がロケ地として使われています。福田港や千枚田など、香川の自然の魅力を背景に話が展開していきます。

10:「もうひとハナ、咲かそ。」がキャッチコピー【2012年】

Sachiyo_Sugiyama 素晴らしい邦画です!人生いくつになっても何かを成し遂げれる人はかっこいい!何事もいろどりを 大好きな一作に!

『人生、いろどり』は2012年に公開された徳島県上勝町のおばあちゃんたちに焦点を当てた物語です。植物の葉などをつまものとして販売する「彩事業」の成功までの軌跡を描いた作品です。

徳島県上勝町は四国で最も人口が少ない集落。高齢化が進んだこの町で、女性たちが「彩事業」を通して前を向いて歩いていく様が描かれています。