金田朋子、モニタリングで大ブレイク!おしりかじり虫の声を担当するド天然声優に迫る8のこと

2017年9月13日更新

超音波ボイスで有名な金田声優の金田朋子。アニメ作品はもちろん、天然ボケと大きなリアクションが人気を集め、バラエティ番組にも引っ張りだこです。実はフルマラソンを完走するほどのスポーツウーマンの顔もあり、イケメンアスリート俳優と結婚している彼女の8つのエピソードに迫ります。

1:甲高い声がインパクト大!おしりかじり虫の声を務める金田朋子

NHKの歌番組『みんなのうた』で2005年から放送された歌、『おしりかじり虫』。

子供たちや母親世代にも人気になり、2012年10月にはNHK BSプレミアムでアニメ化もされました。

妖精であるおしりかじり虫が人々のおしりにかじりつくと、かじられた人は元気になりみんなが笑顔になるというストーリー。この主人公のおしりかじり虫18世を演じたのが、声優の金田朋子です。

誕生日は1973年5月29日、神奈川県横浜市出身の金田は、普段の地声も甲高いアニメ声です。

逸話が多すぎる

かつあげされた時に「やめてください!」と叫んだ声があまりに特徴的で相手が爆笑したのでその隙に逃げたことや、電話で話していると子供に間違えられるなどの逸話があるほど。

大学卒業後に就職活動をしていた時には、面接官にその声はふざけてるのかと怒られたというエピソードもあります。ヘリウムを吸っても声が変わらないそうですよ。

また、ゲームの音声を収録していた時には、データ変換時に金田の声だけ異常なノイズが発生してしまうという事態が。原因は金田の20kHz超の超音波が含まれていたせいだったとか。人間の耳の可聴域を超える科学的にも立証された天然アニメボイスなのです。

2:声優になろうと思ったきっかけは『アルプスの少女ハイジ』

金田は小・中・高・大学と一貫校に通っていました。テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』は子供の頃から大好きなアニメだったそうで、ハイジに憧れて声優を目指そうと決意しました。

大学は建築学科で無事卒業したものの、1mmの狂いも許されない図面を引く仕事は自分には向いていないと思ったそうです。製菓会社ブルボンに入社し新潟本社で勤務していましたが、その後高島屋新宿店に転職。玩具売場で働きます。

この時姉から勧められたこともあり、高島屋に務める傍らで夜間の青二塾東京校第二部に通い始めます。

とは言え百貨店のシフト勤務では夕方開始のレッスンに間に合いません。そこで金田朋子は夕方には体があくようにと、三井住友銀行の貸金庫担当員に転職。

努力の甲斐あって、2000年4月に青二プロダクションのオーディションに合格。三井住友銀行を退職しました。

3:30代にして居酒屋で年齢確認?見た目も中身もまるで子供!

金田は身長150cmと小柄。母親も祖母も金田より身長が低いそうで、母方の遺伝のようです。超音波ボイスと低身長のせいで子供に間違われることがしばしばだという金田。

30代の時でも居酒屋で年齢確認をされたり、横浜中華街で「中学生ですか」と尋ねられ、違いますと答えると「小学生ですか」と言われたりしたと言います。

4:『モニタリング』でドッキリを仕掛けられまくって大ブレイク!

TBS系列の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』でドッキリを仕掛けられた金田朋子。初出演は2015年4月30日です。

心霊スポットを取材後タクシーに乗ったら助手席に女性が乗っていて、運転手には見えていないという幽霊タクシーネタを仕掛けられ、仕掛け人たちが笑ってしまうほどのリアクションを見せてくれました。

恐怖で叫びつつも、幽霊から「面白い話聞きたい」と言われて一生懸命応えようとするところも好感度が高かったようです。そのほかにも水原希子の秘密を知ってしまう、おじいちゃんの幽霊と会ってしまうなど様々なドッキリを仕掛けられ、人気を博しています。

5:声優・神谷浩史と共演した番組が面白すぎると話題に

金田朋子は2008年から2010年まで配信されたゲーム情報番組『ファミ通TV』で、金田は神谷浩史と共にMCを務めます。

神谷は青二所属の人気声優。金田の二歳年下と年齢も近く、『ハチミツとクローバー』の竹本や『機動戦士ガンダム00』のテイエリア、『夏目友人帳』の夏目など、数々の有名アニメで主役を務めている実績のある声優です。

天然ボケで迷言を繰り返す金田をさっくり突っ込んで切り捨てる神谷という組み合わせは視聴者の爆笑を呼び、話題になりました。

6:俳優・森渉と結婚、森が結婚に踏み切った理由とは?

『モニタリング』のどっきりでも仕掛け人として参加をしたことがある、夫の森渉。1983年2月25日生まれと、金田朋子より10歳年下です。

高校時代は器械体操をしており、大学ではトライアスロンとスポーツマンだった森は、2005年公開の映画『亡国のイージス』で俳優デビューしました。

森は「次に付き合う人は結婚する人」と考えていたところ、共通の友人の誕生日パーティで金田と出会ったそうです。森は相手の容姿ではなく、おばあちゃんになっても一緒にいたいと思える人と結婚したいと思っており、金田と出会って「この人なら」と思えたのだと言います。

年下のイケメンアスリート俳優が自分を好きになるとは思っても見なかった金田。2人で出かけ告白されても冗談だと思っていました。めげずに何度も森がアタックを繰り返し、2013年11月22日に結婚しました。

7:2015年、Yahoo!検索大賞声優部門を受賞

1年間で前年よりも検索数が急上昇した人気の人、作品などに贈られる『Yahoo!検索大賞』パーソンカテゴリの声優部門賞を、金田が受賞しました。授賞式でも天然キャラを炸裂させ、会場を沸かせます。

なんと金田朋子の将来の夢は「お札」になることらしく、Yahoo!検索大賞を受賞したことでちょっとだけ近づいた気がすると話していました。

8:実はアスリート!マラソンを何度も完走している金田朋子

この小柄な体で実はスポーツウーマンな金田は、2012年初め頃からマラソンを始めています。

2012年2月4日のハーフマラソンを皮切りに、2012年10月7日の第10回弘前・白神アップルマラソンでフルマラソンに参加。4時間31分34秒のタイムで完走を果たします。

2014年11月9日に参加したいびがわマラソン2014では3時間59分40秒で完走と前回の記録を更新。これはNHK教育の番組『3か月でフルマラソン ~めざせ!サブ4~』の企画として行われたもので、サブ4とはフルマラソンを4時間以内で走り切ることを指します。

アップダウンの激しいコースで見事サブ4を達成した金田は、なっており、番組ゲストの増田明美に「どこでも通用する」と言わしめたほどでした。

2015年4月19日のチャレンジ富士五湖 FUJI 4 LAKESの部(女子)では100kmを完走。

2016年1月9日に放映されたテレビ東京の『土曜スペシャル 北陸三県縦断 激走!300キロ 道の駅駅伝6』という番組にも参加しています。これは道の駅ごとにスタンプを押しながら300kmを水沢アリー、小島よしおと3人で走りぬくと言う駅伝企画の第6弾でした。

天候も悪く、水沢アリーが75.5km、小島よしおが94.5kmを走ったところで、残り130kmもある状態でアンカーの金田が走り出します。視聴者もこれは無理だろうと思う状況でしたが、金田朋子は見事完走しました。

途中で足を痛めるアクシデントもありましたが、最後までいつものハイテンションぶりを維持。坂道を物ともしない姿に賞賛が集まりました。夫の森も足のマッサージを行うなど金田をサポートする姿もあり、仲良し夫婦は健在の様子ですよ。