アニメ『バッテリー』あらすじ・登場人物・声優キャスト【2016年夏のノイタミナ】

2017年7月6日更新

累計発行部数1000万部のあさのあつこ原作青春野球小説が、柚庭千景により漫画化され、ついに2016年7月からノイタミナ枠にてアニメ化が決定!

ノイタミナ枠にて人気小説『バッテリー』がアニメ化決定!

累計発行部数1000万部というベストセラーを記録する、あさのあつこが手掛けた青春野球小説が刊行から20年という節目に念願のアニメ化!!フジテレビのノイタミナ枠にて2016年7月より放送開始予定です。

小説の人気を受け、同じ角川書店から小説を基にした漫画が、柚庭千景により「月刊Aska」で連載されており、2016年現在8巻まで発行されています。原作の方は完結しており、全6巻になります。

青春野球アニメ『バッテリー』あらすじ

時代を超えてなお読み継がれていく青春文学『バッテリー』は、文字通り野球を通して大きく成長していくストーリーです。

主人公の引越しで訪れた岡山県新田市。そこで出会うまるで性格の違うふたりが、最高のバッテリーを目指し、それぞれ奮闘し、葛藤を経て成長していく様を描いている作品です。

中学時代からの青春期をメインに書かれていて、思春期ならではの想いもや葛藤もあり、多くの人が共感出来るストーリーだと思います。

登場人物・声優キャスト

原田巧/内山昴輝

本作の主人公で、投手としての才覚に恵まれていますが、決してその才能に胡座をかくわけではなく、努力は欠かさないストイックな性格の持ち主です。その反面、他人に対する関心が非常に薄く、そのせいで周囲からは冷たい性格だと思い込まれています。

ピッチャーの主人公を演じるのは内山昴輝。『絶園のテンペスト』の滝川吉野や、『IS<インフィニット・ストラトス>』の織斑一夏に、『ハイキュー』の月島蛍など、魅力的なキャラクターを数多く演じています。

永倉豪/畠中祐

本作のもう一人の主人公です。過去に見た巧の投球に魅せられて、彼の投球を受ける捕手として巧と関わり、バッテリーを組みます。巧とは違い、とても明るく屈託のない少年です。

明るいキャッチャーを演じているのは畠中祐。『うしおととら』の蒼月潮や、『甲鉄城のカバネリ』の生駒に、『遊☆戯☆王ZEXAL』の九十九遊馬など今密かに活躍を期待されている若手声優です。

アニメの他にも映画の吹き替えの作品に数多く出演しており、『ナルニア国物語』シリーズのエドマンド・ペベンシーなど大作にも出演しており、今後注目が集まること間違いなしの声優です。

原田青波/藤巻勇威

病弱ながらも兄の巧に憧れてピッチャーを目指している原田青波。「野球がしたい!」という強い気持ちと病気との葛藤に苦しみます。

青波の声に大抜擢されたのは、子役の藤巻勇威。リアルな演技が期待できますね!

門脇修吾/小野友樹

門脇修吾は、強豪校・横手二中の4番バッター。全国で名が知られている名打者で、巧との対決を待ち望んでいます。

門脇修吾を演じるのは、小野友樹。『ジョジョの奇妙な物語 ダイヤモンドは砕けない』や『遊戯王』など有名作に引っ張りだこの声優です。

瑞垣俊二/木村良平

門脇の幼馴染でチームメイトの瑞垣俊二。勉強も得意な文武両道の代名詞のような人物です。

声を担当するのは、『境界のRINNE』や『黒子のバスケ』などに出演経験のある木村良平です。数多くの有名作に出演し、カリスマ的声優とも称されています。

海音寺一希/梅原裕一郎

巧と豪の所属する新田東中学校野球部のキャプテンを務める海音寺一希は、真面目で明るくみんなから好かれる天性のリーダーです。

イケメン声優として呼び声の高い梅原裕一郎が海音寺一希を演じます。主な出演作に、『アクエリオンロゴス』『あまんちゅ』があります。

甘いルックスを生かし、「ねころび男子」などバラエティ番組でも活躍している若手注目声優です!

豪華なスタッフやキャスト達

声優達ももちろんの事、他にもアニメ化に基づき豪華なスタッフが集結しています。

監督・脚本を手掛けたのは映画『海がきこえる』で有名な望月智充。キャラクター原案に『放浪息子』などの人気漫画を生み出した志村貴子を起用し、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督は、アニメ『ハイキュー』の作画監督を務めている草間英興が担当します。

さらに作品により彩りを添える音楽には、ドラマ『未成年』の音楽を手掛けた千住明。またアニメーション制作は気税のスタジオ、ゼロシーが手がけます。

このように豪華スタッフが一同に集結し、あさのあつこの描いた青春野球の世界観を表現します。

メインキャスト&スタッフよりオフィシャルコメントが到着!

原作・あさのあつこ

「バッテリー」という作品が世に出てから、はや20年が経ちました。 20年経ってなお、アニメとなったあの世界と新たに出会える。感慨深いものがあります。最初の一冊目が出たとき、原田巧という少年が長く命を保てるように、長く読み継がれるようにと密かに祈ったものでした。その想いが実ったような気がします。「バッテリー」という作品は、わたしに10代のあの闘いを忘れることを許しません。物書きの源の一つです。

監督/脚本・望月智充

何といっても人気のある原作ですので、ファンの人たちのイメージを損ねないことを第一に制作しています。キャラクター、なかなか良いでしょう? 岡山県でロケハンをしましたが、とても楽しいものだったので、その空気が作品に反映できればいいなと願っています。

キャラクター原案・志村貴子

バッテリーという作品が生まれて20年という節目に光栄なお話をいただきました。何度もメディア化され愛され続ける作品なので皆さまそれぞれの思い入れやキャラクターイメージがくっきり染み込んでいるのではないでしょうか。これは光栄であると共にこわいことだと思いました。新しいバッテリーもどうぞよろしくお願い致します。
引用:battery-anime.com

音楽・千住明

多くの人々に長い間愛されてきた「バッテリー」、 その青春の一コマの音楽には、皆様に共感して頂けるエスプリを探しました。それは作品の中に自然に流れる空気の様なもの、目立ちすぎず決して派手ではないけれど、しかし一瞬の輝きのある音楽なのです。

内山昴輝(原田巧役)

二年ぶりのノイタミナ作品ということでワクワクしております。卓球の次は野球でした。ぼくが演じる原田巧さんは孤高の天才です。彼が豪たちと出会ってどう変わっていくのか。ぼくもまた、魅力溢れるキャスト、スタッフの方々と仕事できるのを大変嬉しく思っています。ご期待下さい。

畠中祐(永倉豪役)

内山さんと掛け合いをした瞬間の興奮と、自らへ不安が、ずっとぐちゃぐちゃになって今自分の中にいます。でも、18.44メートル先のマウンドに立つ巧と向かい合ったら、豪はきっとボールに食らいついていく。僕も、内山さんに、巧に、食らいついていきたい。ちゃんと捕ってみせます。バッテリー、お楽しみに。