ベッキー・G、全米で大ブレイク中の新人歌手がかわいい!【画像】

2017年7月14日更新

自分でYou Tubeに投稿した動画がきっかけとなり注目され、若手人気スターのひとりとして活躍中のベッキーG。そんな彼女が多くの人に知られるきっかけとなった楽曲や彼女のチャームポイント、そして初めて出演する映画作品についてもご紹介します。

ベッキーGって誰?

ベッキー・G(本名:レベッカ・マリー・ゴメス)は、1997年3月2日にカリフォルニアに生まれたラッパー、シンガーです。

メキシカンの両親のもとに生まれ育ったベッキーですが、経済的な理由で家を出なければならなくなり、一家は彼女が9歳の時に祖父母の家に引っ越します。

ベッキーは家計を少しでも支えるために、ナレーション業のアルバイトをしながらその傍らで、ガレージバンドを組みクリスティーナ・アギレらなどの楽曲を演奏していたそうです。

ベッキーは2009年からG.L.A.Mというガールズグループとして活動していましたが、2011年に自身の歌、ダンスをYou Tubeに投稿したところ、一気に注目されることになります。

ベッキーは、有名曲のカバー曲に自身でラップ歌詞を書いて歌い、それをリミックスした動画を投稿しており、動画どれもすぐさま高い再生回数になりました。

楽曲「Shower」が大ヒット

ベッキーが2014年4月に発表したシングル曲「Shower」(2014年)は、自身の初めてのビルボードチャートインにして16位という上位にランクインしました。

アップチューンで明るいメロディに乗せて、“ララディ~ララダ~”とユニークで独特な歌詞が特徴的なこの楽曲。

同じく、2014年に大ヒットしたカーリー・レイ・ジェプセンの「Call me baby」と並んでその年を代表する楽曲だとも評されました。

すきっ歯ブームを牽引?

ハリウッドをはじめとする欧米では、幼少期から歯科矯正をする家庭が多く、白くて整った歯並びが魅力のひとつとなっています。しかしそんなアメリカで、すきっ歯は珍しいようでチャームポイントとして見られているそうなのです。

ジョニー・デップの元妻でフランス人女優、歌手のヴァネッサ・パラディもすきっ歯で有名ですが、同じくすきっ歯のベッキーは今そのブームの牽引者にもなっています。

よく日本では八重歯がかわいい、なんていうことを聞きますが、すきっ歯がチャームポイントのひとつであるアメリカでは、あえて歯列をすきっ歯にする人もいるそうです。

元彼は歌手のオースティン・マホーン

オースティン・マホーンは、アメリカ人歌手です。

彼は、ベッキーと同じく自分がYou Tubeに投稿した動画で注目され発掘された、いわゆる“Youtube Celebrity”のひとりです。

オースティンはデビューして間もない時にMTVアワードやテイラー・スウィフトのライブツアーでオープニングアクトを務めたことで多くの人に注目された、今をときめく若手スターのひとりですが、そんな彼はベッキーの元彼でもあります。

オースティンは、ベッキーの楽曲「Lovin' So Hard」(2015年)のミュージックビデオに恋人役で出演しており、実際も恋人同士でした。

とても仲の良いカップルでしたが半年ほど経ってから破局してしまいました。

ベッキーはオースティンと別れた直後にとても傷心していた様ですが、今でも良き友人関係を築けているようです。

映画『パワーレンジャー』で映画デビュー!

ベッキーの活躍は音楽活動のみならず、女優としてのキャリアをスタートさせます。 この“パワーレンジャー”とは、子供を中心に人気を誇り続けている日本の「戦闘レンジャーもの」に影響を受けて作られた、アメリカ版戦闘レンジャードラマ、のことです。 ベッキーが女優デビューする『パワーレンジャー』(2017年)は、そのドラマをベースに制作される様で、特殊な能力を持つ高校生グループが、それぞれの能力を武器に平和を脅かす悪から地球を守るというストーリーになるそうです。 ベッキーは今作で黄色レンジャーを演じることが決定しており、お気に入りの黄色にまつわるキャラクターで嬉しかったようです。 銀幕デビューにして、主要キャラクターを演じるベッキー、女優として歌手としてマルチに活躍するベッキーに今後も注目です。