未来はどうなる?近未来SFファンタジーアニメ30選

2017年7月6日更新

科学技術の発展や荒廃した世界、人類の進化・分化、悪との争いなど、未来の世界は未知の想像に溢れています。こんな未来はちょっと怖い!と感じたり、こんな未来が待ち遠しい!と思えるようなアニメを集めました。

近未来SFファンタジーアニメは多種多様で面白い!!

一口に「近未来SF」と言っても、日本のアニメに関する限りかなり多岐に亘るジャンルのものが作られています。 例えば、日本が世界に誇るアニメジャンルの一つ「ロボットアニメ」1つとっても、学園もの、ファンタジー、戦記ものなどの他ジャンルとミックスされた作品が大量にあるのです。 世界観に関してもユートピア的な理想の未来を描いたものから、最悪のディストピアを背景としているものまで様々です。 本記事ではそんな多数ある近未来SF作品の中から、注目すべきアニメ作品をご紹介してきます。

隔離された世界からの逃亡『NO.6』

『バッテリー』などで知られる人気小説家あさのあつこの同名小説のアニメ化作品で、フジテレビのノイタミナ枠にて放送されました。 選ばれた人々の暮らす理想都市「NO.6」で暮らしていた天才少年の紫苑は、幼い頃突然現れたネズミと名乗る少年と出会ったことから、エリートの道を捨てて政府より追われる身になります。 ネズミの助けで逃げ込んだ先は、理想都市から隔離されて荒廃したスラムでした。突如出現した人を死に至らしめる「寄生バチ」や、理想都市と呼ばれるNO.6の実情と謎を知ってゆく紫苑とネズミの先に待ち受けるものとは。2人の友情も必見の、謎がいっぱいの近未来SFファンタジーです。

進化した新人類と「マザー」との戦い『地球へ』

竹宮惠子によるSF漫画作品をアニメ化し2007年に放送された作品。また1980年には劇場アニメ化もされました。漫画、テレビアニメ、アニメ映画でそれぞれ少しずつ設定が異なっています。 環境破壊により荒廃した地球を蘇らせるべく、別の惑星へ植民した人類は過去の過ちを繰り返さないよう、巨大コンピューター「マザー」によって支配されていました。ところが、次第に人類の中には「ミュウ」と呼ばれる、特別な才能を持った子ども達が生まれるようになり、人類の歴史は大きく変わっていきます。 マザーは彼らの存在を許さず、排除することを人類に命じます。彼らは密かに「処分」されてゆくのですが、その手を逃れたのが主人公のジョミーでした。美しい母なる地球を求める、切なくて壮大なストーリーです。

スポンサー付きヒーロー達と、悪との戦い『TIGER & BUNNY』

『TIGER & BUNNY』は2011年に放送され、その魅力的なキャラクターとシリアスなストーリーで女性ファンを中心に爆発的な人気を誇ったSFヒーローアクション作品です。またテレビアニメのヒットを受け、2本に及んで映画化もされました。 さまざまな人種が混在する都市、シュテルンビルト。そこでは「NEXT」と呼ばれる能力を持った特殊な能力者たちが、スポンサーロゴを身につけ、日常茶飯事に起こる犯罪と戦っています。 「キング・オブ・ヒーロー」を目指して悪と戦うヒーローたちのやりとりは、アクションばっちりで人間味に溢れています。洗練されたデザインのスーツや、未来感溢れるシュテルンビルトの背景にも注目です。

隠された過去の世界『新世界より』

貴志祐介による同名の小説をアニメ化した作品で、2012年放送され、そのホラーテイストな物語から話題を呼びました。 「呪力」の力によって滅びた過去の文明、その事実を伏せて育てられた子ども達。彼らは成長するにつれて、呪力の能力の差によって将来が決められていきます。 呪力をうまく操れない子どもは「ネコダマシ」によって攫われてしまい、消えてしまった子どもの存在は、別の子どもたちの記憶からも消されてしまいます。 そうまでして徹底的に秘密を守り、子どもたちや人々を操作して行く理由を探して行くうちに、遠い過去に世界が崩壊した理由を知って行くことになります。どこか恐ろしい、スリリングな近未来の世界が観られますよ。

国民的ロボットアニメシリーズの人気作品『機動戦士ガンダムSEED』

大人気SFロボットアニメシリーズ『機動戦士ガンダム』シリーズの中でもファンの人気の高い作品です。 遺伝子工学の発展を遂げた近未来、遺伝子操作を受けていない「ナチュラル」と、遺伝子操作を受けて新人類と称された「コーディネーター」は新たな対立を起こすようになっていました。 次第にナチュラルによる排斥を受けて、地球を逃れ新たな組織を作ったコーディネーター達ですが、突然の火種をきっかけにナチュラルとの戦争に至ってしまいました。 人類が激減するほどの戦になりながら、戦は止まず激化して行く一方でした。主人公の少年キラは、戦との関わりのない中立国に生まれながらも、運命の波に飲まれて戦いの中心に立つことになります。2つに別れた人類の終着点が気になる、近未来のロボットアニメです。

新しくて懐かしい回収屋『Dimension W』

西暦2072年、人類は次元軸「W」で無尽蔵のエネルギーを発見し、エネルギー問題は解決したかに見えました。エネルギーは個人携帯用の電磁誘導装置「コイル」に供給されるのですが、その技術をもってしても貧困格差は埋められなかったのです。 「不正コイル」が横行し、「不正コイル犯罪者」が出現します。本作の主人公はそんな不正コイル犯罪者に立ち向かい、不正コイルを回収する「回収屋」です。 近未来が舞台にもかかわらず、主人公のマブチ・キョーマはトヨタ2000GTなどという懐かしい車に乗っているなど、独特の雰囲気の漂うアニメーション作品です。

タイムリープと並行世界『ガンスリンガー ストラトス -THE ANIMATION-』

『ガンスリンガー ストラトス』は同名のアーケード・ゲームが原作のアニメ作品。アーケードゲームは対戦型シューティング・ゲームですが、原案が『魔法少女まどか☆マギカ』脚本の虚淵玄ということもあり、ただのガンアクションアニメではありません。 舞台は西暦2115年の日本で、2つの並行世界、2つの可能な未来が存在していましたが、その2つが融合を始め、生き残るためには一方が他方を滅ぼすしかなくなります。 1つは自由な無法地帯「フロンティアS(ストラトス)」、もう1つは自由を奪われた平和な管理社会「第十七極東帝都管理区」。両世界の戦力は、自分の世界を生き残らせるために過去を改変するのですが、その分岐点が2015年でした。そこで繰り広げられるのが「オペレーション・ストラトス」なのです。 2015年にタイムリープできるのは適格者のみ。しかも、2つの世界には同一人物が1人ずついるのです。つまり、自分と対戦しなければならないということを意味します。そんなシリアスなテーマを描いた虚淵玄が得意とするタイムパラドクス作品です。

寄生生物からエリアを守れ!『ブラック・ブレット』

時は西暦2021年、寄生生物「ガストレア」の出現により、ガストレアが嫌う金属「バラニウム」で構築された「エリア」内で人類は暮らすことを余儀なくされています。舞台は2031年の東京エリアで、まれに外から進入してくるガストレアの対策を生業とする、民間警備会社で働く里見連太郎が主人公です。 その相棒の藍原延珠は10歳の少女で、ガストレア・ウィルスに冒されており、超人的な力を持ちますが、「呪われた子供たち」と呼ばれ、余命幾ばくもありません。そんな彼らとガストレアの闘いがメインに描かれます。

救助隊員は女子高生『COPPELION』

本作は原作が連載中に東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故が起こってしまい、内容がその事故を予見するようなものだったために、連載も危ぶまれ、進行中だったアニメ化の企画も途絶しそうになりました。 近未来、旧首都は原子力発電所の事故のために廃墟と化しています。そこに送り込まれたのは3人の女子高校生でした。彼女らは遺伝子操作によって生まれた特殊部隊で、「Coppelion」と呼ばれていました。任務は生存者の救出だったのです。 他のコッペリオンとのバトルありと、単なる災害救助ものに留まらない内容になっています。

ロボット研究部と拡張現実『ROBOTICS;NOTES』

『CHAOS;HEAD』、『STEINS;GATE』に続く「科学アドベンチャー・シリーズ』第3弾の ゲームのアニメ化が本作。テーマはロボットで、舞台は種子島です。 タブレット型端末、通称ポケコンが普及し、AR(拡張現実)が日常的となった近未来。種子島にある中央種子島高校の「ロボット研究部」は部員が2名しかおらず、廃部の危機に瀕していました。 そんな中、ヒロイン・瀬乃宮あき穂は、巨大ロボット・ガンヴァレル完成を目指していました。ところが、ある日もう1人のロボ部員・八汐海翔は、君島コウという人物による、ARに関する陰謀を告発するレポートを発見するところから、物語は世界レベルの陰謀を巡るサスペンスに発展していきます。

81歳の電脳ダイブ『RD 潜脳調査室』

『攻殻機動隊』の士郎正宗とプロダクションI.Gの共同原作によるテレビアニメです。『攻殻機動隊』の世界観を共有しています。 2061年、ネット社会におけるセキュリティ「メタリアル・ネットワーク」で生じる事件を巡る物語です。RDとはReal Driveを意味します。 主人公の波留真理は49年間昏睡状態になっていて、目覚めると81歳の老人でした。彼は過去の経歴を買われて、メタリアル・ネットワーク(メタル)で発生する事件を調査する電脳ダイバーに任命されます。波留と相棒の蒼井ミナモのメタルとリアルの狭間で起きる事件の捜査が始まるのです。