2017年7月6日更新

主人公最強アニメおすすめランキング40【圧倒的強さにただひれ伏せ】

ワンパンマン

『ドラゴンボール』や『ワンパンマン』などの主人公最強アニメを、キャラクターの強さの解説も含めランキング形式で大紹介。昔懐かしのアニメや主人公がちょっと変わったキャラクターのアニメもランクイン!圧倒的な強さにただただひれ伏しましょう。

この記事の目次 [閉じる]

主人公最強アニメ、その様々な「強さ」をランキングで紹介!

主人公最強と一言で言っても様々な最強があります。敵を純粋な力のみで倒してしまう最強、魔法力や超能力が物語の中で最強、知力や策略に長けた最強の軍師的存在、見た目が最恐、ギャンブルなどにおいて最強の運の持ち主、スポーツなどで最強の実力を持つ者など「最強」を一括りに語ることなかれ! そんな主人公最強アニメをランキング形式で紹介していきます。

40位:まさに世界最強の吸血鬼『ストライク・ザ・ブラッド』

『ストライク・ザ・ブラッド』は人気ライトノベルのテレビアニメ化作品で、2010年10月から放送されました。「学園アクションファンタジー」というコンセプトと、キャラクターの可愛らしさで人気を博した作品です。 主人公の暁古城(あかつき こじょう)は世界最強の吸血鬼である「第四真祖」の力を受け継いでしまいました。「世界最強」というだけありその能力は驚異的なもの。首を切り落とされても数時間で蘇生できるほどの蘇生能力を持っているのです。 また他の吸血鬼と比べても桁違いの強さを持つ召喚獣「眷獣」を召喚することができます。しかしその強さのあまり敵ばかりか味方も巻き添えにしてしまうことがあるので、召喚できず逆にピンチに陥ることも。

39位:ラブコメの主人公なのに最強の魔力を持つ『トリニティセブン』

同名の漫画作品を原作として、2014年に放送された『トリニティセブン』。異変していく自分の住む街を救うため、魔導士となって魔導学園「王立ビブリア学園」に入学した17歳の少年、春日アラタが主人公です。ファンタジー作品ではありますが、ラブコメとしても楽しむことができます。 アラタは魔導書であるアスティルの写本を介してその能力を発動すると、その場のあらゆる魔法を支配し魔法の強制解除を使えるようになります。一方でその魔術が直撃すると服が破かれ、裸になってしまうという副作用があるのが難点です。

38位:プログラマーがチートな主人公に『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』

デスマーチからはじまる異世界狂想曲
© 愛七ひろ・shri・KADOKAWA カドカワBOOKS刊/デスマ製作委員会

インターネット上で連載されていた小説にアレンジを加えライトノベル化した作品を原作とし、2018年に放送された『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』。 ゲーム会社に勤めるプログラマー・鈴木一郎はある日目を覚ますと異世界の荒野にいました。そこは彼がプログラミングしているゲームの世界で、彼は自身がテストプレイで使用するキャラクター・サトゥー になってしまいました。 主人公のサトゥー・ペンドラゴンは彼の本来の姿である鈴木一郎がテストプレイで使用しているキャラクター。レベル1の状態で荒野に放置されていたものの、初心者救済システムを使ったことで最強とされる竜神アコンカグラを倒してしまい、一気にレベル310という強さと莫大な財宝を手に入れました。

37位:最強の戦闘能力を持つミステリアスな戦士『七つの大罪』

七つの大罪
(C)鈴木央・講談社 /「七つの大罪」TVSP 製作委員会・MBS

『七つの大罪』は2014年から2018年まで、2期にわたり放送されました。人間と人間ならざる種族たちの世界が分かれていなかった時代に、七人の大罪人によって組織された伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描きます。 主人公のメリオダスは「七つの大罪」の団長です。作中で彼に勝利した人物はほとんどいないほど高い戦闘能力を持っています。自分に向けられた魔力を倍以上の威力にして跳ね返す能力「全反撃(フルカウンター)」の持ち主で、その戦闘能力の高さと冷静な性格で団長として慕われています。 その半面でメリオダスは秘密主義的な性格の持ち主でもあり、そのせいであらぬ疑いをかけられ衝突することもありました。その過去や正体は長らく明らかにされていなかった、ミステリアスなキャラクターでもあります。

36位:可愛い顔なのに最強の魔法使いでロボットオタク『ナイツ&マジック』

元はインターネット上で連載されていた小説がライトノベル化され、漫画化を経て2017年にアニメ化されたのが『ナイツ&マジック』です。 ロボットオタクの倉田翼は交通事故で亡くなってしまったところ、巨大ロボット「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが主戦力として存在する異世界に、エルネスティ・エチェバルリアという人物として転生してしまいました。 エルネスティは前世のロボットオタクの血を抑えきれずロボットに関する勉学に励み、成長すると幻晶騎士の開発を担う「銀鳳騎士団」の団長になり、数々のロボットを発明するなど多くの功績を打ち立てていきます。 また魔術の仕組みが前世の記憶に残っていたプログラム言語と似ていたために、魔術を改造したり新しく作ったりすることができるだけでなく、少年の頃から大人顔負けの魔力を持っていました。前世の記憶を持つという反則的な設定と天才的な能力だけでなく、可愛らしいルックスでも人気のキャラクターです。

35位:転生したおかげでチート級の能力を手に入れた『異世界はスマートフォンとともに。』

2017年に放送された『異世界はスマートフォンとともに。』も、インターネット上で連載された小説が元となった作品です。こちらも異世界に転生した主人公を中心にしたファンタジー作品です。 主人公の望月冬夜はある日、神様の手違いで事故に遭い亡くなってしまいます。罪悪感を持った神様は、冬夜に異世界で第二の人生を歩ませることにしました。その際冬夜は異世界で暮らすのに十分な力と異世界でも使えるスマートフォンを手に入れ、冒険者となった彼はそれを駆使して異世界を生き抜きます。 冬夜は様々な種類の魔法を使うことができる、非常に高い魔力の持ち主であるだけでなく、様々な局面でスマートフォンを駆使した結果一国一城の主となるのです。まさにチート級の強さを持っていると言えます。

34位:完璧超人な主人公による頭脳戦!『ようこそ実力至上主義の教室へ』

人気ライトノベルを原作とし、2017年より放送された『ようこそ実力至上主義の教室へ』。放送当時はその制作陣の豪華さも話題を呼びました。 舞台となっている東京都高度育成高等学校は徹底した実力至上主義を掲げており、進学率就職率ともに100%を誇る超名門校。しかし実際は学校は生徒たちに現金と同価値のポイントを大量に与えており、放任主義を貫いていたのです。 生徒たちはそれをいいことに自堕落な生活を送っていましたが、その裏にあった学校側の思惑に気付いたのでした。 主人公の綾小路清隆(あやのこうじ きよたか)は無気力な性格で、一見すると劣等生のようですが、実は超人的な運動神経と頭脳を隠していたのです。彼は平穏な学生生活を送るため、その優れた頭脳で周囲の人間を操る頭脳戦を繰り広げます。

33位:美しく謎に包まれた魔女のファンタジー『ゼロから始める魔法の書』

『ゼロから始める魔法の書』は同名のライトノベルを原作とし、そのうち第1巻の内容をアニメ化したもので、2017年に放送されました。 舞台は魔女と魔術が存在する世界。生まれつき半人半獣の姿をした傭兵と魔女・ゼロの2人の、ゼロが書き記し何者かによって持ち去られた危険な魔法書「ゼロの書」を探す旅を描いています。 本作のヒロインであるゼロは絶世の美女であると同時に天才的な能力を持った魔女でもあります。その能力は本来ならば魔女の側が要求して行うはずの悪魔との契約を、悪魔側が望んだことによって対価もなく行うほどです。 ゼロは魔術に代わる技術「魔法」を編み出しそれを「ゼロの書」に書き記しました。しかしその魔法の書が何者かによって盗まれてしまったために、傭兵と共にそれを探します。契約上は傭兵が彼女の護衛をしているはずなのですが、その非常に高い魔力のために傭兵をピンチから救ったことも少なくありません。

32位:弓の名手の貴族が英雄になるまで『魔弾の王と戦姫』

同名のライトノベルの一部にアレンジを加えアニメ化した『魔弾の王と戦姫(まだんのおうとヴァナディース)』は2014年に放送された作品です。 剣と馬が主な戦力であった時代、竜に与えられた特別な武具を持つ7人の「戦姫(ヴァナディース)」と呼ばれる少女戦士たちは「ジスタートの七戦姫」と呼ばれ、恐れられていました。 弓の名手であるティグルは戦姫の1人であるエレンと戦い、彼女の人間離れした戦闘力のもとに敗れたものの、その弓の腕を買われて捕虜として彼女の領地・ジスタート王国へと連行されます。そこで彼は捕虜の身にもかかわらず国の戦いに参加し、徐々に英雄として認められていきます。 彼の弓の腕はその素晴らしさを自他共に認めるほどのもので、矢を数本まとめて多方向へ撃つ、他の矢に当ててその進路をずらす、などの超人的な技術を持っています。しかしその弓には不思議な力が宿っているようです。

31位:世界最強のスナイパー『ゴルゴ13』

アニメ『ゴルゴ13』はさいとう・たかを原作の劇画で世界一の腕を持つスナイパーの活躍を描いた作品です。アニメは1971年にスチールアニメとして放送、以後OVAと劇場版がリリース、2007年に連載40年を記念しテレビ東京系列で全50話が放送されました。 クライアントの様々な難題に対して、デューク東郷は狙撃の腕を駆使して解決していきます。時には犯罪組織側、政府の裏側の仕事、企業間の抗争など暗殺業を中心に物語は展開、デューク東郷の狙撃の神業が光ります。最強のスナイパーならデューク東郷の右に出る者はいないでしょう。

30位:最強の拳法家のバトルストーリー『北斗の拳』

アニメ『北斗の拳』は原作・武論尊、作画担当・原哲夫のハードボイルドアクション漫画をアニメ化した作品で、1984年から1988年までTV放送されました。 核戦争によって荒廃した世界で無秩序な暴力がはびこる中、力による支配を目指す世紀末覇者拳王・ラオウと伝説の暗殺拳「北斗神拳」の伝承者・ケンシロウとの闘いを描いたアニメ作品です。 北斗神拳伝承者のケンシロウの拳法によって秘孔を突かれた悪党は体が爆発し死んでしまいます。「指先一つでダウンさ」のキャッチコピーや名台詞「お前はもう死んでいる」、悪党の断末魔の叫び「あべし」「ひでぶ」はアニメ放送当時子供たちの間で大ブームなりました。敵の体を爆散させるほどの力を持つ最強の拳法家はケンシロウを置いて他にはいないでしょう。

29位:新宿最強のボディーガード『シティーハンター』

アニメ『シティーハンター』は漫画家北条司原作の同名漫画をアニメ化した作品で、1987年から1991年まで読売テレビ系で『シティーハンター』シリーズとして放送されました。 東京都新宿区を中心に、探偵やボディーガードを請け負う凄腕のスイーパー冴羽遼が活躍するハードボイルド&コメディアニメです。主人公の冴羽遼は美人からの仕事の依頼のみを引き受ける「何でも屋」、その依頼のせいで何時もトラブルが付きまとい相棒の槇村香には怒られてばかりいました。 しかし、一度本気になるとどんな困難な依頼も解決していきます。以前は裏社会一の腕を持つ殺し屋で傭兵でしたが、ある事件を転機に傭兵業と殺し屋家業から足抜けしました。以後困っている女性を助けるためボディーガード兼何でも屋として活躍していきます。新宿で最強のボディーガードといえばシティーハンターの冴羽遼です。

28位:この作品の登場人物は中学生です『テニスの王子様』

『テニスの王子様』は、許斐剛原作による中学校のテニス部を描いた漫画で、2001年10月~2005年3月までアニメ放映されていました。 主人公・越前リョーマはアメリカのテニス大会で連続優勝をした経歴を持つ天才テニスプレイヤー。リョーマはアメリカから帰国したのち、テニスの名門校である青春学園中等部に入学します。名テニスプレイヤーである父・越前南次郎から受け継いだテニスセンスと、小さい頃から施されてきたテニスの英才教育で中学生とは到底思えないテニスのプレイスキルを持っており、打倒父を目指していました。 本来は左利きであるにもかかわらず、相手を小手調べするときや手加減するときなどは右手でラケットを持ちプレイするなどの余裕もみせる越前リョーマ。 またこの漫画自体が「格闘テニス漫画」と言われるほど通常のテニス漫画とは違い、通常では絶対あり得ない技を繰り出す事が有名で、「リョーマの技も例に漏れず相手ごとラケットをふっとばす」「ボールを真っ二つにする」「リョーマの全身がオーラに包まれる」など普通のテニス漫画とはかなり違う意味で最強な主人公であります。

27位:運だけなら最強のヒーロー 『とっても!ラッキーマン』

『とっても!ラッキーマン』は、ガモウひろし原作で『週刊少年ジャンプ』に1993年から1997年まで連載。1994年から1995年にアニメ化されました。 物語の舞台は地球の埼玉県。日本一ついていない少年の追手内洋一が不慮の事故で死んでしまいます。そこへ宇宙一幸運なヒーローラッキーマンが現れ、自分が取り逃がしてしまった宇宙人のせいで死んでしまったお詫びとして洋一と合体します。幸か不幸か幸運だけのヒーローラッキーマンとなったしまった洋一。様々な目的でやってくる宇宙人に対して地球を守ることができるのでしょうか? ラッキーマンは運だけなら最強のヒーローです。頭上に幸運の星が輝いている限りなにかしらラッキーなことが起こります。反対に雲などで隠れてしまうと一気に全ての行動が裏目に出てしまいます。数多くあるヒーローアニメの中でも運だけならラッキーマンには敵わないでしょう。

26位:「幻想殺し」の力を宿す最強のレベル0『とある魔術の禁書目録』

『とある魔術の禁書目録』は鎌池和馬原作によるのライトノベルで、第1期が2010年10月~2009年3月まで、第2期が2010年10月~2011年4月までアニメ放映されました。 学園都市に住む主人公・上条当麻は、右手に生まれつき「幻想殺し(イマジンブレイカー)」という能力を宿しています。この能力は右手で触れた異能の力は超能力や魔術など、種類を問わず打ち消す事が出来るというある意味チート並みの能力で、魔術や超能力で生み出された炎なども触れる事で無効化したり、呪いに蝕まれた身体に触れることでその呪いを打ち消すことができるというものです。 この能力は能動的に発動できるわけではないので、学園で行われる身体検査には反応せず、無能力者と言われる「レベル0」とされています。 戦闘方法も、武器などは使わず自己流の喧嘩術で相手を叩き込むというもので、武装した相手や元から喧嘩が強い相手にはあまり通用しません。が、しかし逆にどんなに強い魔術や異能の力を持った者が相手でも、相手が完全に異能でしか戦いに挑んで来ない場合は「幻想殺し」の能力を持つ上条が最強であると言えます。

25位:様々な流派の達人に鍛えられた最強の主人公 『史上最強の弟子ケンイチ』

『最強の弟子ケンイチ』は松江名俊原作のバトル漫画で、『週刊少年サンデー』に2002年から2014年まで連載。2006年から2007年にアニメ化されました。 いじめられっ子だった主人公の白浜兼一が転校してきた女性格闘家の風林寺美羽に憧れ、格闘の達人達が通う道場「梁山泊」に入門し成長していく物語です。 主人公の白浜兼一は力では最強ではありません。様々な流派の達人たちの地獄の特訓に耐え抜いた肉体と精神力こそが最強と言えるでしょう。

24位:「あくまで、執事」なのにこの強さ『黒執事』

『黒執事』は枢やな原作によるファンタジー漫画で、2008年10月~2009年3月まで第1期、2010年7月~9月まで第2期、2014年7月~9月まで第3期がアニメ放送されました。 セバスチャン・ミカエリスは名門貴族ファントムハイヴ伯爵家に仕える執事で、品位・教養・武術・料理等何をやらせても完璧にこなし、さらに容姿端麗というパーフェクトな執事。柔らかな物腰で誰に対しても丁寧に振舞いますが、毒舌や皮肉を吐いたり慇懃無礼に振る舞う事もあるようです。 そんな彼の正体は実は主人シエルとの契約によって成り立つ悪魔。身体能力も悪魔そのもので、走って車に追いついたり、遠く離れた距離を一瞬で移動するなどは当たり前で、戦車を素手で破壊するなど人並み外れた戦闘能力も兼ね備えています。また悪魔ゆえに人間には殺すことが出来ず、銃で頭を撃ちぬかれる、急所(心臓)を剣で刺される、毒霧を吸っても平気という肉体を持っています。 「ファントムハイヴ家の執事たる者、このくらい出来なくてどうします?」そう言って全ての事をスマートかつ完璧に行う悪魔で執事なセバスチャンはまさにアニメ史上最強の執事と言えるでしょう。

23位:最強の先生とのサバイバル授業 『暗殺教室』

『暗殺教室』は松井優征原作の学園漫画で、『週刊少年ジャンプ』に2012年から2016年まで連載。2015年と2016年に2回アニメ化されています。 東京にある架空都市椚ヶ丘市が舞台。進学校で名高い椚ヶ丘中学校には成績不良の生徒が在籍するE組が存在します。そんなE組の元に防衛省の人間と謎の生物が現れた所から始まります。「来年の3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」「E組の担任を希望する」の2点を生物が要求してきますが、政府はE組の生徒に謎の生物の暗殺を要請。こうして先生と生徒の奇妙な授業が始まります。 この作品の主役(?)殺せんせーは、マッハ20での高速移動により攻撃はほぼ当たらず、耐久力も高くほとんどの物質を受け付けません。そんな肉体的にも最強な殺せんせーですが、先生としての知力も高くほぼ全ての教科を教えることもできます。 さらに生徒に対する愛情にもあふれており、落ちこぼれのE組の生徒1人1人と真摯に向き合っています。見た目は変わっていますが、最強の能力と愛情を持った先生は殺せんせー以外ありないでしょう。

22位:スタイリッシュ&クーレスト『坂本ですが?』

『坂本ですが?』は、佐野菜見原作によるギャグ漫画で、2016年4月~6月までアニメ放送されました。主人公である県立学文高校に通う男子高校生・坂本(下の名前は不明で放送禁止用語)は、メガネで七三分け、泣きぼくろが特徴の美青年で女子のみならず男子からも惚れられるほどの美しさをほこります。 全ての行動がスタイリッシュかつクーレスト、渡り廊下をライン引き(校庭に白い線でラインを引くガラガラ)を持って歩く姿はまさに大物スターのように輝き、壊れた蛇口から噴出した水を頭から被った姿はシャワーを浴びたばかりのセクシー俳優のごとく。また目をつけてきたヤンキーをスタイリッシュな技によって改心させて惚れさせてしまうという完全無欠の高校生です。 テストの点数は常に100点満点なのですが、性知識についてはあまりにも知りすぎていたために120点という点数で評価されるほど学問面でも無敵。そんな彼ですが実は動物が好きで校庭の庭に小鳥の巣を作ったりするなど可愛らしい面もあります。

21位:ラスボスのような吸血鬼の主人公『HELLSING』

『HELLSING』は平野耕太原作の漫画で、2001年10月~2002年1月までアニメ放映されていました。また、OVAが10巻発売されています。 主人公であるアーカードは圧倒手な強さを誇る吸血鬼の主人公であり、その強さはラスボス級で敵が主人公に見えてしまうほど。吸血鬼でありながら、主人であるインテグラの命令により吸血鬼狩りとして戦い、その能力はまさにチートと言わざるを得ないほどで、頭や心臓を潰されても死ぬことはなく服ごとすぐに再生してしまいます。 戦闘能力もずば抜けており、「6.8tもある高射砲を片手で持ち射撃する」「音速20倍の魔弾を捉える」「超音速偵察機を自身の身体ごと軍艦に叩きつける」などその強さはまさにラスボス。武器は二丁拳銃を扱い、吸血鬼らしい狂気を孕んだ言動が多く、敵との戦いや殺し合いをしている時などはその行為を最高の喜びとしているような不敵な笑みを受かべ相手を葬ります。

20位:現世での行いには十分ご注意下さい『鬼灯の冷徹』

『鬼灯の冷徹』は、江口夏実原作による地獄を舞台にしたギャグ(?)漫画で、第1期が2014年1月~4月までアニメ放映され、2017年7月から第2期が放映される予定です。 主人公の鬼灯は、地獄の閻魔大王の第一補佐官を務める鬼神で、地獄の鬼の中ではトップの存在です。非常に優秀な補佐官で、戦争の影響で亡者が溢れ混乱を極めていた地獄を治めたという実力の持ち主。仕事もでき容姿端麗という事から女性にもモテるというパーフェクトな鬼ですが、性格がドS過ぎる事から(本人は無自覚)部下の中には鬼灯の姿を見ただけで吐血する者がいるほどです。 上司である閻魔大王もお気に入りの武器(金棒)で容赦なくブン殴り、サタン・イザナミ・ベルゼブブといった位の高い面々にも臆するどころか、丁寧にさり気なく格下扱いするなど怖いものなし。それでも人望はあるので多くの部下に慕われており、天敵である中国の聖獣・白澤以外には冷静に対処をします。

19位:最強の狂戦士の復讐劇『ベルセルク』

アニメ『ベルセルク』は三浦健太郎原作の漫画をアニメ化した作品です。第1作目『剣風伝奇ベルセルク』が1997年に全25話、2012年に劇場版『ベルセルク 黄金時代編』が全3話構成で放映、2016年に続編となるTVシリーズ第2作目『ベルセルク』が分割2クールで放送されました。 中世ヨーロッパを思わせる異世界で主人公の黒い剣士ガッツは2メートル以上の大剣「竜殺し」を使い、使徒と呼ばれる異形の怪物共を狩り続けながら、かつて自分が所属していた騎士団「鷹の団」を壊滅に追いやった仇敵「ゴッドハンド」と自分を裏切った元鷹の団騎士団長グリフィスを探す旅を続けていました。 しかし旅の途中で妖精パックを始めとする様々な仲間との出会いを経て、ガッツの戦いは復讐の旅から仲間を守る旅へと変化していきます。巨大な剣「竜殺し」を振るいながら敵を倒していくガッツの戦闘場面は鬼気迫るものがあります。特に巨大な使徒との死闘シーンは見応えがあり、最強の狂戦士キャラを挙げるなら間違いなくガッツでしょう。

18位:最強のゲーマー兄妹が活躍する物語『ノーゲーム・ノーライフ』

アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』は榎宮祐のライトノベルをアニメ化した作品で、2014年に全12話が放送、2017年7月に続編となる劇場版が公開予定です。 伝説と言われた腕を持つネットゲーマー『 』(くうはく)は天才的な観察眼と洞察力を持つ兄の空と超人的な数学物理演算能力を持つ妹の白の兄妹コンビ。ある日『 』はネットゲームのチェスで神を名乗る人物に勝利してしまったことから、16の種族がゲームで抗争している異世界に召喚されてしまいます。 異世界での争い事はすべて「ゲーム」によって勝敗が決まり、更に人間種族は最弱の存在で人間族国家エルキアは存亡の危機にありました。そこで空と白の兄妹は人間種族が他の種族に負けない力を持っていることを証明するため、覇権を競う16の種族のゲームに参戦することを決意します。 天才的な観察眼と洞察力を持つ兄と超人的な数学物理演算能力を持つ妹のコンビはゲームにおいては無敵。最強のゲーマー兄妹なら間違いなく『 』の兄妹でしょう。

17位:競技麻雀で最強の運と腕を持つ女子高生『咲-Saki-』

アニメ『咲-Saki-』は小林立原作の女子高生競技麻雀漫画をアニメ化した作品です。アニメは『咲-Saki-』第1作が2009年に、第2作『咲-Saki-阿知賀編』が2012年、第3作『咲-Saki-全国編』が2014年にテレビ東京系で放送されました。 麻雀が競技として世間一般に普及した世界にて、麻雀全国大会で優勝を目指し奮闘する女子高生達の熱い麻雀バトルを描いた作品。主人公の宮永咲は清澄高校麻雀部に所属する女の子、強運の持ち主で麻雀の上り役「嶺上開花」が得意です。疎遠状態にあった姉に会うため全国大会出場を決意する咲ですが、彼女たち清純高校麻雀部の前には優勝を目指す全国の強豪校が立ち塞がります。 名シーンは、トップとの圧倒的な点差にもかかわらず宮永咲の連続「嶺上開花」によって絶望的な点数差を覆す場面です。最強の運と麻雀の腕を持つカワイイ女子高生をあげるなら宮永咲でしょう。

16位:最強の絆をもつ魔導士ギルドの物語『FAIRY TAIL』

アニメ『FAIRY TAIL』は漫画家真島ヒロ原作の同名漫画をアニメ化した作品で、テレビ東京系放送局で2009年から2016年まで全277話が放送されました。 物語は魔導士ギルド「妖精の尻尾」(フェアリーテイル)に所属する滅竜魔導士ナツと星霊魔導士ルーシィーを中心に展開されるファンタジー冒険活劇です。フェアリーテイルには氷の造形魔導士グレイや妖精女王と呼ばれ恐れられているS級魔導士エルザなど多くの仲間たちが在籍しています。 ナツとルーシィーの冒険の旅は世界の存亡の危機に繋がる大冒険へと進展、旅を通して出会った仲間やライバルとのバトルを通して2人は成長していきます。強敵を前に何度倒されても、仲間たちを思い立ち上がるナツたちの姿に思わず感動してしまうこと間違いなし!

15位:驚異的な能力を有するスーパーコーディネイター 『機動戦士ガンダムSEED』

『機動戦士ガンダムSEED』は戦争ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』から続くガンダムシリーズの1つで、21世紀最初のガンダムです。2002年10月~2003年の9月までTBS系列で全50話放送されました。 物語はコズミック・イラと呼ばれる架空の西暦の71年から始まります。肉体の遺伝子を操作し宇宙に住んだ人類「コーディネイター」とそれ以外の「ナチュラル」との間で戦争が起きていました。 主人公の少年キラ・ヤマトはガンダムシリーズの中でも最強のモビルスーツ操縦技術を持っています。それはキラが唯一成功したスーパーコーディネイターと呼ばれる存在であることが大きいでしょう。モビルスーツ搭乗時の回避能力や反応速度が高く、どんな状況でもシステムを変更できるほどの知識を持っています。 後継機のフリーダムに乗り換えてからは、機体の能力と相まって多くのモビルスーツを瞬時に撃退したり、戦闘能力を奪えるほどの正確な射撃能力を持っています。モビルスーツを扱わせたらキラが最強でしょう

14位:常に高みを目指す最強の戦士 『ドラゴンボール』

『ドラゴンボール』は鳥山明原作の大人気バトル漫画です。1984年から1995年まで『週刊少年ジャンプ』で連載。1986年からシリーズがアニメ化されました。 7つ集めるとどんな願いでも叶えてくれる魔法の玉「ドラゴンボール」を求め、主人公の孫悟空と仲間たちが冒険する格闘漫画です。 物語はドラゴンボールを求める冒険物語から、地球を狙う宇宙人との戦いへと発展していきます。主人公の孫悟空は様々な強敵と戦うため、修行して強くなっていきます。 これまで何度も地球を救ってきたのも、正義のためではなく強敵と戦いたいという純粋な気持ちによるものです。2017年放送の最新作『ドラゴンボール超』でも、全宇宙を巻き込んだ力の大会を提案するなど、上昇志向こそが孫悟空を最強にしている所以です。

13位:影は薄いが超能力では最強『モブサイコ100』

アニメ『モブサイコ100』は漫画家ONE原作のWeb同名漫画をアニメ化した作品で2016年7月から12話が放送されました。 主人公は存在感が薄いおかっぱ頭の中学二年生影山茂夫こと通称モブです。幼少の頃に弟と共に不良高校生に暴行されて意識を失った時に、超能力に目覚めました。その際に超能力が暴走し弟の律に大怪我をさせてしまい、以降超能力は人に対し使わないことを決心。普段は感情をコントロールしてますが、我慢の限界になるとモブの超能力は暴発し発動してしまいます。 ある事件がきっかけで、劇中に登場した世界最強のエスパー鈴木統一郎を倒したことから、世界最強の超能力者になりました。モブの主な超能力は念動力で周囲のビルやマンションなどを軽々と持ち上げる実力を持っています。暴走状態では「100%」を超えた念動力を発動、周囲を破壊しつくします。影が薄い最強の超能力者なら影山茂夫がNo.1でしょう。

12位:最強の刀の成長物語『刀語』

最強の刀が登場するアニメは『刀語』です。奇才西尾維新原作小説のアニメ作品で、2010年に12話がフジテレビ系列の放送局で放送されました。 戦国時代を舞台に、伝説の刀匠・四季崎記紀が打った凶悪な能力を持つ12本の刀を、刀を使わない最強の剣法「虚刀流」の使い手・鑢七花が幕府の奇策士の少女とがめと共に集める旅を描いた作品。12本の変体刀の所有者は曲者ばかりですが、果たして七花ととがめは12本の変体刀を収集できるのでしょうか? 鑢七花が曲者ぞろいの変体刀所有者を相手に素手で立ち向かう戦闘シーンは見ごたえがあります。やがて七花は物語終盤のある事件がきっかけで12本の刀「完成形変体刀」を超える刀の虚刀「鑢」に覚醒します。最強の刀を相手に素手で戦いを挑み、勝ち続ける鑢七花は最強の刀と言えるでしょう。

11位:圧倒的なスピードを誇る最強の剣士『ソードアート・オンライン』

『ソードアート・オンライン』は川原礫原作のファンタジー小説で、累計1000万部を突破した大人気作品です。2012年と2014年にアニメ化され、2017年に劇場版も公開されました。 2022年、世界初のヴァーチャルマシンに対応したソフト『ソードアート・オンライン』が発売された世界が舞台。主人公のキリトは偶然ソフトのテスト版に選ばれ、製品版も購入して楽しんでいました。しかしゲーム起動中にログアウトできない事態が発生します。 そして「クリアしない限り脱出ができないこと」「ゲーム上での死や、現実世界での機械の強制的な取り外しは死を意味すること」が明らかになります。多くのプレイヤーが攻略できず倒れていく中、キリトが初戦のボスを突破し、その後も最前線で戦い続けるのでした。 キリトは、全身黒づくめでかためているため「黒の剣士」の愛称で知られています。彼は登場人物の中で圧倒的なスピードを誇り、さらにスピードを生かしたスキルを開発し、敵が撃った弾の軌道から自分に当たりそうな弾だけを切り払ったりすることができます。剣士が主役の作品は数多くありますが、スピードを生かした戦い方ならキリトが最強ではないのでしょうか。

10位:見た目は可愛い幼女!だけど中身は…『幼女戦記』

『幼女戦記』はカルロ・ゼン原作によるライトノベルで、2017年1月~3月までアニメ放映されました。 主人公のターニャ・フォン・デグレチャフは可愛らしい幼女なのですが、その中身は現代日本のエリートサラリーマン。前世では人事部で腕を振るっていましたが、辛辣な性格が災いしリストラした元部下に逆恨みされ殺されてしまいます。 死んだ彼は「存在X」と呼ばれる神的存在に無信仰さとあまりにも酷い人格を咎められ、生前の行いを悔悛させるべく前世の記憶を持ったまま異世界に転生する羽目に。 孤児院で育ったターニャは、魔導の才能を見出され、8歳で士官学校に進学、9歳で航空魔導師として任官しました。エリートサラリーマンとして培った能力で、どんなに過酷で残酷な内容の任務も仕事としてこなし、軍人として戦火の最前線で活躍する最強の幼女です。

9位:最強の戦闘分析能力をもつ高校生『アルドノア・ゼロ』

アニメ『アルドノア・ゼロ』はアニメ制作会社のTROYCAとA-1Picturesが共同制作したオリジナルロボットアニメです。監督はあおきえい、脚本は虚淵玄が担当し2014年から2015年にかけ分割2クールで放送されました。 火星で発見されたロストテクノロジーであるアルドノアを巡り火星独立国・ヴァース帝国と地球連合との長期に戦争状態も休戦協定が結ばれ膠着状態となっていました。そんな中、地球の平和式典に参加していた火星の皇女アセイラム姫は何者かの襲撃に会い行方不明になります。事件を機に、再び地球と火星は戦争状態に突入、主人公の高校生界塚伊奈帆は火星騎士の襲撃を受けて戦いに巻き込まれていきます。 界塚伊奈帆は高校生ながら圧倒的な戦力を誇る敵の機体を練習機で敵の弱点を突きながら撃破していきます。初見の敵機体の弱点を即座に分析・察知し的確に攻撃する伊奈帆の分析能力はまさに圧倒的です。

8位:彼に命令されたら逆らえません『コードギアス反逆のルルーシュ』

『コードギアス反逆のルルーシュ』はサンライズ制作の日本のSFロボットアニメで、2008年4月6日~9月28日までアニメ放映されました。 ルルーシュ・ランペルージは本名をルルーシュ・ヴィ・ブリタニアと言い、神聖ブリタニア帝国の第11皇子にして皇位継承権17位。日本との不戦条約の人質として日本に送られたルルーシュと妹のナナリー。しかし、不戦条約は破られ日本は自らの国である神聖ブリタニア帝国に滅ぼされ属領になってしまいます。この戦争により父であるシャルル・ジ・ブリタニアに憎しみと復讐心を抱くようになったのです。 ある日ルルーシュは、反ブリタニア勢力のレジスタンスグループによって捕らわれ、カプセルで眠っていたC.C.と出会い「自分の願いを1つ叶えること」を条件にルルーシュに「絶対遵守のギアス」を与えました。 この「絶対遵守のギアス」の力は、ルルーシュの眼を見た相手に命令を下し、それを必ず実行させることができる能力です。「命令するためには直接相手と目を合わせなければならない」「有効範囲は約270m」等の制限があるものの、このギアスを使われた相手は命令に逆らう事はまず出来ません。

7位:生死を超えた最強のメンタル『アカギ』

『アカギ 闇に降り立った天才』は、『カイジ』など多くのギャンブル漫画で有名な福本伸行が原作の麻雀漫画です。この『アカギ』は元々『天 天和通りの快男児』に登場して人気となった伝説のギャンブラー、赤木しげるを主人公にしたスピンオフ作品です。1995年と1997年にVシネマが2本、2005年にテレビ東京系列でアニメ化されました。

主人公・赤木は自前の洞察力と頭の回転の速さで次々にギャンブラーを倒していきますが、その前に立ちはだかる莫大な資金と権力で日本を裏から操るといわれている男・鷲津。自分の老いによる衰えに畏怖した鷲津は、血液を賭けた裏麻雀を楽しんでいました。そんな狂気なルールすらも動じない赤木、はたして勝つことができるのでしょうか? 赤木しげるは、相手の打ち方に対する圧倒的な洞察力や引きの強さで最強の雀士とも呼べる存在です。しかし普通の雀士と決定的に違う点は、自分の生き死ににこだわっていないほどの強靭なメンタルにあります。対戦相手からの脅しに全く動じず打ち続ける姿勢。最大の敵鷲津の血液を賭けた麻雀をさらに過酷な条件への変更を提示するなど、常人では考えられないほどの精神力は最強と呼ぶにふさわしいといえるでしょう。

6位:魔法以外では万能すぎる能力を持つ最強のイレギュラー『魔法科高校の劣等生』

タイトルからは想像もつかないほど有能な主人公が活躍するアニメが『魔法科高校の劣等生』です。この作品は佐島勤原作のラノベ小説で絶大な人気を誇っていました。 魔法を科学的に解明した現代魔法が確立した世界が舞台の物語。主人公の司波達也は、通常魔法の才能を持ってないまま生まれてしまったため人造魔法の実験体にされます。そのおかげで何とか通常魔法が使えますが、性能が低いために入学時の実技で劣等生扱いされてしまいます。 しかし魔法理論では1科生すら上回る秀才で、通常魔法が使えない代わりとして幼少期からの訓練と陸軍に所属し、忍術使いに弟子入りしたこともあって体術にも優れています。さらには魔法を使うエンジニアとしての顔も持ち、通常魔法の上位といわれる古代魔法の分解と再生が使うことができないほどの最強ぶり。最終的には作者ですら劣等生ではないことを認めています。

5位:最強で最凶の魔王『オーバーロード』

アニメ『オーバーロード』は、最強にして最凶、見た目も含めて最恐の魔王モモンガことアインズ・ウル・ゴウンが活躍する作品です。原作は丸山くがねのファンタジー小説で、2015年に放映されモモンガことアインズの魔王ぶりが話題となりました。 よくある異世界転生アニメですが、『オーバーロード』が他のアニメのした主人公たちと徹底的に違う点は、主人公が骸骨姿の最高位魔導士の魔物であることや、魔王として世界制圧するため人殺しや殲滅などを自分の野望のため平気で行うことです。 最高位の魔導士であるため魔法戦ではほぼ敵なしで、肉弾戦でも素手で戦士を絞め殺すなど、魔王としての能力に不足はありません。見た目も含めて劇中最凶間違いなしです。

4位:戦うことを拒んでいた最強の主人公『鋼殻のレギオス』

『鋼殻のレギオス』は雨木シュウスケ原作によるライトノベルで、2009年1月~2009年6月までアニメ放映されました。 レイフォン・アルセイフは、学園都市ツェルニの一般教養科に転入してきた学生でした。しかしその正体は、6歳で武芸の才能を見出され、10歳という若さで「天剣授受者」となった武芸の達人だったのです。「天剣授受者」とはグレンダン王家に武芸の実力を認められ「天剣」を授けられた者の事を指し、人を超越した化け物並みの力を有する人物を指します。 「天剣授受者」は絶対的な力を持っており、そのあまりの戦闘能力故に都市部での闘いにおいては一人しか出撃できないと言われていますが、主人公は闇試合に出場していたことが王家に知られ、グレンダン王国を追放されてしまいます。しかしながらレイフォンの強さは圧倒的で、まさに最強という表現が適切でしょう。

3位:最強のロボットメガネっ子!!『Dr.スランプ アラレちゃん』

『Dr.スランプ アラレちゃん』は鳥山明原作によるギャク漫画で、1981年4月8日から1986年2月19日までアニメ放映されました。則巻千兵衛博士によって作られた人間型のロボット少女・則巻アラレが主人公のアクションコメディです。 天真爛漫で純粋な心の持ち主ですがそのパワーは計り知れなく、趣味は体当たりで白バイやタクシーを壊すこと。岩石を投げて月を壊す、拳骨一発で地球を割るなど到底人間技(?)とは思えないパワーを発揮します。 また同作者の『ドラゴンボール』に出演した際には、主人公・孫悟空が苦戦したレッドリボン軍のブルー将軍をプロレスごっこで倒す、殺し屋である桃白白の必殺技「ドドン破」を受けても何ともない、さらには宇宙最強の戦闘民族サイヤ人の王子であるベジータを吹き飛ばし、超サイヤ人ブルーとなった悟空のかめはめ波とアラレの得意技である「あいさつ砲(んちゃ砲)」が互角の力で相殺されるなど、宇宙最強のメガネっ子と言っても過言ではないでしょう。

2位:生まれた時から最強の3人『パワーパフガールズ』

『パワーパフガールズ』は、アメリカのアニメーターのクレイグ・マクラッケンが手掛けた海外アニメです。2001年にテレビ東京系列で放送され、2002年~2005年までは衛星放送のカートゥーンネットワークで放送されていました。 この物語はアメリカの架空の町タウンズビルでおきた様々な事件を、幼稚園に通っている3人の女の子たちがパワーパフガールズとなって解決していくストーリー。発明家のユートニウム博士は、砂糖とスパイスと素敵なもので女の子を作る実験をしていました。その実験中に誤ってケミカルXが加わったことにより、スーパーパワーを持った3人の女の子が誕生した所から始まります。 ロングヘアが特徴のリーダーブロッサム。金髪で甘えん坊のバブルス。ショートボブの黒髪が特徴的で男の子っぽい印象のバターカップの3人は、空を飛びタウンズビルに現れた怪獣などをパンチ1発で倒したり、軽々と投げたりして案外簡単に倒しちゃいます。 連携した3人の力は最強と呼んでも不思議ではありません。また、まだ幼稚園生である点が高順位にランクインする理由となりました。成人した頃にはどれだけ強いか、想像するだけで震えますね。

1位:最強の中の最強、パンチ一発で誰でもKO『ワンパンマン』

最強キャラが活躍するアニメと言えば、アニメ『ワンパンマン』でしょう。原作はONEのギャグアクション漫画で漫画家村田雄介によってリメイクされ「となりのヤングジャンプ」にてWeb掲載中の作品です。 禿で存在感が薄いが、どんな敵でもパンチ1発で倒してしまう主人公ハゲマントことサイタマの活躍をギャグ満載で描いた作品です。作中には様々なヒーローやヴィランが登場し活躍するので、サイタマ以外のヒーローの激しい戦闘シーンも必見です。 どんな強敵も一撃で倒してしまうサイタマは文句なしに最強キャラナンバー1の称号がふさわしいでしょう!!

いつの時代も強い主人公は魅力的

昔懐かしいアニメから近年の話題作まで、主人公が最強!なアニメを紹介しました。強さにも恐ろしくなってしまうようなものからなんだか笑えるものまで様々な種類があり、お気に入りの能力やキャラクターもみつけられたのではないでしょうか。