2021年5月18日更新

探偵ものアニメおすすめTOP15!謎が解けた先に待ち受ける真実とは?【2021年最新版】

探偵アニメ

殺人事件や超常現象など、数々の謎を論理的に解決していくミステリー作品。王道のものから、ファンタジーや歴史に絡む作品までさまざまで、根強い人気を誇っています。今回はそんな探偵もの・推理ものアニメ10選を紹介!

探偵たちが活躍するアニメが観たい!おすすめ作品をランキングで紹介

長く深く愛されているミステリー作品。これまでさまざまな作品の中で、ほんの些細な事件から殺人事件、大規模のテロ事件など多くの問題が解かれてきました。登場人物と一緒に事件について考えるのもワクワクしますし、謎が解けた瞬間の爽快感はたまりませんよね。 ミステリー作品や推理ものに欠かせないのは探偵役です。探偵自身が持つ個性や謎を解くスタイル、非凡な頭脳などが、作品の軸となりスパイスとなることも少なくありません。 この記事ではそんな魅力的な探偵が活躍するアニメを、ミステリー性・ストーリー性・探偵のキャラクター性の3つを基準にランキングにしました!アニメ化を控えている話題の作品も紹介しているので、併せてチェックしておきましょう。

15位:『京都寺町三条のホームズ』

■ミステリー性:★★☆☆☆ ■ストーリー性:★★★☆☆ ■キャラクター:★★★☆☆ ■話数:全12話 『京都寺町三条のホームズ』は、望月麻衣によるミステリー小説シリーズを原作に、2018年7月~9月まで放送されたアニメ作品です。 女子高生・真城葵は、祖父の遺品である骨董品を鑑定してもらうため、骨董屋「蔵」へやって来ます。そこで、ホームズという異名を持つ店主の息子・家頭清貴(やがしらきよたか)と出会うのでした。その後、葵は蔵でアルバイトをすることになり、持ち込まれてくる骨董品と京都にまつわる依頼を受けていくことに……。 京都を舞台に物語が進む本作は、恋愛模様や古美術的要素もあり、ライトに見られるミステリー作品です。日常に潜む謎が多く、推理ものを見たいけれど重い事件は苦手な人におすすめ。

14位:『探偵オペラ ミルキィホームズ』

■ミステリー性:★☆☆☆☆ ■ストーリー性:★★★☆☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全12話 同名ゲーム作品を原作に制作された『探偵オペラ ミルキィホームズ』。ブシロードが贈るメディアミックス作品で、カードゲームやラジオなど幅広く展開されています。そんな本作は、第4期まで放送された大人気作品です。 舞台は近未来の都市「偵都ヨコハマ」。探偵を志しているシャロ、ネロ、エリー、コーデリアの4人は、トイズと呼ばれる特殊能力を使いながら、数々の難事件を解決してきました。しかしある日、宿敵・怪盗帝国との戦いの中で、4人はそれぞれのトイズを失ってしまう事態に……。 ギャグありファンタジーありな本作ですが、登場人物がとにかく可愛らしいのも特徴の1つ。萌えアニメとして、ほっこり楽しめるミステリー作品です。

13位:『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』

■ミステリー性:★★★☆☆ ■ストーリー性:★★★☆☆ ■キャラクター:★★★☆☆ ■話数:全24話 『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』はタイトルからも分かる通り、江戸川乱歩の同名作品を原案としたオリジナルアニメです。 明知小五郎のもとで少年探偵団として様々な事件解決に挑んできたリーダーの花崎。彼は死ねない身体になってしまった小林少年を探偵団にスカウトするのでした。 自殺願望のある小林少年と正義感の強い花崎の出会いに加えて、明知小五郎と怪人二十面相の因縁が絡み合い物語は展開していきます。 謎解きというよりSF要素が色濃い作品。怪人二十面相の声をGACKTが演じており、それも本作の魅力となっています。

12位:『歌舞伎町シャーロック』

■ミステリー性:★★★☆☆ ■ストーリー性:★★★☆☆ ■キャラクター:★★★★☆ ■話数:全24話 架空の街・新宿區歌舞伎町を舞台に描かれる『歌舞伎町シャーロック』は、Production I.Gのオリジナルアニメ作品です。2019年10月から2クールで放送されました。 ハドソン夫人が店長を務める、歌舞伎町のBar「パイプキャット」。そこは探偵たちが集う、知る人ぞ知る探偵長屋でした。 中でも腕の良いシャーロック・ホームズへ依頼するためにやって来たジョン・H・ワトソンですが、ひょんなことから彼の身の回りの世話をすることに。そしてワトソンは、ホームズと共に事件を追うことになるのでした。 探偵長屋にいる数々の名探偵が推理レースを繰り広げるこの作品は、ミステリーでありつつコメディ要素も多く含まれています。またシャーロックによる推理落語は本作ならではの特徴です。

11位:『すべてがFになる』

■ミステリー性:★★★★☆ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★☆☆ ■話数:全11話 森博嗣のミステリー小説原作の『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』。2014年にはドラマ化され、2015年10月~12月にはノイタミナ枠にてアニメが放送されました。 隔離された孤島で暮らすプログラマー・真賀田四季(まがたしき)。そんな彼女の元を訪れた大学准教授・犀川創平(さいかわそうへい)とその教え子・西之園萌絵(にしのそのもえ)ですが、誰も入れないはずの四季の部屋で死体を発見します。 さらにこの事件を発端として、次々と事件が発生。そして四季の部屋には「すべてがFになる」というメッセージが残されていたのでした。 名作ミステリーを映像化したこの作品。スピード感があり、早く続きが見たい!と思うような飽きのこない展開が魅力的です。

10位:『美少年探偵団』

美少年探偵団
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

■ミステリー性:★★☆☆☆ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:2021年春クールで放送中 「物語」シリーズで知られる西尾維新による小説「美少年」シリーズを原作としたアニメ『美少年探偵団』は、2021年4月から放送されています。 美少年探偵団は指輪学園中等部に秘密裏に存在する学内のトラブル解決を請け負う組織。ある事件をきっかけに美少年探偵団と関わることになった瞳島眉美(どうじままゆみ)は、風変わりな団員たちと共に美しく事件解決に乗り出していきます。 西尾作品おなじみのシャフトがアニメーション制作、新房昭之が総監督を担当。間違いのないタッグが作り上げる作品とあって安心して視聴できる作品です。

9位:『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』

■ミステリー性:★★★☆☆ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全13話 著書・三田誠、イラスト・坂本みねぢによるライトノベル作品を原作としたアニメ『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』。ゲーム『Fate/stay night』のスピンアウト作品で、2019年7月~9月まで放送されました。 第四次聖杯戦争に参加した少年ウェイバー・ベルベットは、エルメロイ派の座を引き継ぐことになり、ロード・エルメロイII世と呼ばれるように。彼は持ち前の能力を駆使し、持ち込まれてくる魔術絡みの事件を解決していくことになります。 魔術絡みの事件を描く作品なので、謎解きというよりは犯人の動機を探る過程を楽しむ内容です。ウェイバー少年が登場する『Fate/Zero』を予習しておくと数倍楽しめるでしょう。

8位:『探偵学園Q』

■ミステリー性:★★★★★ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★☆☆ ■話数:全45話 原作・天樹征丸、作画・さとうふみやによるコミック『探偵学園Q』。2001年~2005年まで連載されており、2003年にはアニメ化、2007年には実写ドラマ化もされました。 天才的な推理力を誇る主人公・連城究(れんじょうきゅう)は、幼い頃に誘拐事件に巻き込まれるも、探偵のおじさんに助けられ、自身も探偵を目指すように。そして探偵養成学校D.D.S.へ入学するのでした。 警視庁特別公認探偵の座を受け継ぐ、「Qクラス」に所属した究は仲間と共に次々と起こる難事件に挑むことに――。 事件を解決しながらも、究たちが探偵として成長するストーリーも描かれている本作。出会った仲間と一緒に謎を解く姿は少年漫画らしさもあり、ひと味違うミステリー作品になっています。

7位:『UN-GO』

■ミステリー性:★★★★☆ ■ストーリー性:★★★☆☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全11話 『UN-GO』は2011年にノイタミナ枠で放送されたボンズ制作のオリジナルアニメ。坂口安吾の作品を原案としながらも近未来を舞台としており、陰鬱としたSFテイストを味わえる作品です。 近未来で終戦を迎えた東京では、すでに探偵業は過去の産物となっており、多くの事件はメディア王・海勝麟六(かいしょうりんろく)によって解決されていました。しかしその裏には、「最後の名探偵」と呼ばれている結城新十郎(ゆうきしんじゅうろう)と、その相棒・因果(いんが)の活躍があったのです。 真実とは一体なにか、そんな哲学的な問いを考えさせてくれる重厚なアニメといえます。

6位:『神様のメモ帳』

■ミステリー性:★★★☆☆ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全12話 杉井光のライトノベルを原作とした『神様のメモ帳』は、2011年7月~9月まで放送されたアニメ作品です。キャラクター原案は『花咲くいろは』や『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』で知られる岸田メルが担当。 部屋にこもりっきりで、自らをニート探偵と呼ぶ少女・アリス。インターネットを駆使して情報を集めるアリスですが、そんな彼女のもとにニートの探偵団たちと高校生・藤島鳴海が集まり、共に怪事件を解決していくことに。 都市に潜むドラッグや暴力団の恐ろしさも描かれており、アンダーグラウンドな世界観が特徴です。そしてそんな中で、多くの人にとってはどうでもよいけれど、ほんの少しの人々にとって重大な事件を解決していく、心温まる物語が紡がれています。

5位:『憂国のモリアーティ』

憂国のモリアーティ
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

■ミステリー性:★★★☆☆ ■ストーリー性:★★★★★ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全24話予定 『憂国のモリアーティ』は構成・竹内良輔、漫画・三好輝による漫画を原作としたアニメ。2020年に1期、2021年に2期が放送されています。 主人公は「シャーロック・ホームズ」シリーズに登場するモリアーティ教授。完全階級社会によって差別はびこる大英帝国を舞台に、類まれなる頭脳を持つウィリアムは犯罪によって社会を変えていこうとします。 本作におけるシャーロック・ホームズは、才を見込まれ探偵役に担ぎ出される役どころ。宿敵であるウィリアムとシャーロックが、互いの腹の中を探り合う姿は見ごたえがあります。探偵が登場するクライム・サスペンスが観たい人におすすめ。

4位:『GOSICK -ゴシック-』

■ミステリー性:★★★★☆ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:全24話 桜庭一樹によるミステリー小説シリーズを原作とした『GOSICK -ゴシック-』は、2011年1月~7月まで放送されました。全24話で構成され、3話で1つの謎を解いていく形式となっています。同原作作品は2006年にはドラマCD化、2008年には天乃咲哉によってコミカライズもされました。 聖マルグリット学園の図書館の上にある、緑に覆われた部屋。そこには、自身を満たしてくれるような世界の混沌を待つ、妖精ような少女・ヴィクトリカ・ド・ブロワがいました。彼女は留学生・久城一弥と出会い、2人で謎に挑むことに……。 確立された世界観が魅力的なこの作品。謎解きだけでなく、変化していく2人の関係性や細かな心理描写も見どころです。

3位:『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』

■ミステリー性:★★★★★ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★☆ ■話数:全13話 『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』は2020年1月から3月まで放送されたあおきえい監督が出がけるオリジナルアニメ。 殺人犯の深層心理に潜む殺意の世界「イド」を使って、殺人犯の捜査をしている「蔵」という組織が舞台。元警官の殺人犯・鳴瓢秋人(なりひさごあきひと)は、このイドに乗り込むパイロットです。 彼はイドの中で記憶喪失の名探偵・酒井戸(さかいど)として目覚め、イドの中の謎を解き明かしながら、現実世界の犯人の手がかりを探ります。 洋画を観ているようなスタイリッシュな世界観が魅力の本作。殺意にスポットを当てていますが、その裏にある家族への愛も見どころです。

2位:「金田一少年の事件簿」シリーズ

■ミステリー性:★★★★★ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★☆ ■話数:全195話 『週刊少年マガジン』にて1992年~2001年まで連載されていた『金田一少年の事件簿』。その後、タイトルを改めた『金田一少年の事件簿R』や、20年後を舞台にした『金田一37歳の事件簿』も連載されました。 主人公は、名探偵・金田一耕助を祖父に持つ金田一一(きんだいちはじめ)。抜群の推理力を持つ金田一が、幼馴染・七瀬美雪や親友・剣持勇らと共に難事件を解決していく物語です。 身近なものを使ったトリックやリアルな描写が魅力的なこの作品。王道なミステリーでありながら先の読めない展開もあり、今もなお色褪せない名作です。小説やラジオドラマ、テレビドラマ化もされているので、あわせてチェックしてみてください。

1位:「名探偵コナン」シリーズ

■ミステリー性:★★★★★ ■ストーリー性:★★★★☆ ■キャラクター:★★★★★ ■話数:1000話以上(2021年5月現在) 1994年より連載開始した青山剛昌原作の推理コミック『名探偵コナン』。1996年にはアニメが放送開始し、2019年12月現在も放送中です。さらに劇場版作品も数多く公開されており、日本を代表すると言っても過言ではない、国民的人気アニメです。 高校生名探偵・工藤新一は、幼馴染・毛利蘭との遊園地デートの帰り道で、黒の組織の取引を目撃。しかし組織のメンバーに見つかってしまい、新一は毒薬を飲まされてしまうのでした。 その後、薬の副作用によって幼児化してしまった彼は、江戸川コナンとして蘭と彼女の父・毛利小五郎の家で暮らすことに。そして、次々と起きる事件を解決しながら元の姿に戻る方法を探していくことになるのでした。 基本的に1話完結型ということもあり、これまで登場したトリックや事件の数は膨大です。ミステリーファンは必見の作品ですよ。

番外編:2021年以降にアニメ化する探偵ものを紹介!

『探偵はもう、死んでいる』

たんもし 探偵はもう、死んでいる。
(C)二語十・うみぼうず/KADOKAWA/たんもし製作委員会

二語十によるラノベを原作とした『探偵はもう、死んでいる。』は、2021年7月から放送予定。 巻き込まれ体質の君塚君彦(きみづかきみひこ)はある日、名探偵を自称する少女・シエスタに出会い、成り行きから彼女の助手になります。しかし3年後シエスタは死亡。 無気力に過ごす彼の元に、夏凪渚(なつなぎなぎさ)から人探しの依頼が舞い込みます。これを機に君塚は再び世界の謎に向き合うことになり……。 探偵の死によって幕引きされたはずの物語が、意外な形で動き出す展開が新しいミステリー作品。ラブコメありアクションありの作品なので、アニメでも見ごたえがありそうです。

『風都探偵』

『風都探偵』は桐山漣と菅田将暉がW主演を務めた『仮面ライダーW』の続編を描く漫画で、2022年夏にアニメ化が発表されています。 主人公の左翔太郎(ひだりしょうたろう)とフィリップは、鳴海探偵事務所に所属する“2人で1人”のバディ探偵。2人の活躍により守られたはずの風都街では再び怪事件が起きるようになり、2人は解決へと乗り出します。 「仮面ライダー」シリーズ初のシリーズアニメ作品となる『風都探偵』。普段ヒーローものを観ないという人でも、バディ探偵ものとして楽しめる作品になるのではないでしょうか。

魅力的な探偵キャラと一緒に真実を解明しよう

探偵が活躍するアニメをランキングで紹介しました。探偵が難事件に挑む王道作品から、SFな世界観が魅力の作品、コミカルな作品まで、様々な作風の中で探偵は活躍しています。ランキングを参考に気分にぴったりの探偵ものアニメを選んでみてください。 平和な日常の合間に、探偵気分でアニメの中の刺激的な事件を追いかけてみてはどうでしょうか。