アニメ『冴えない彼女の育てかた』声優一覧

2017年7月6日更新

2015年に放送された、アニメ『冴えない彼女の育てかた』。主人公の倫也を中心とした仲間たちが、目立たない恵をメインヒロインにしたゲーム作りに奮闘する物語で、2期放送も決定しました。そこで、同作品の声を務める声優たちをご紹介します。

2期も決定したノイタミナアニメ『冴えない彼女の育てかた』

『冴えない彼女の育てかた』

2015年1月から放送された、丸戸史明によるライトノベルが原作のノイタミナアニメ『冴えない彼女の育てかた』。私立豊ヶ崎学園に通うオタクの安芸倫也を中心にした仲間たちがゲーム製作に奮闘する過程を、恋心やお色気などを絡めながら描いた作品です。

ある日、安芸倫也はバイトの途中に出会った少女に運命的なものを感じ、彼女をヒロインにしたギャルゲーを作りたいと考えます。しかし、実はその女の子は同じクラスでありながら名前も顔も全く覚えていなかった加藤恵でした。

恵のキャラの薄さに驚いた倫也が、絵心のある澤村・スペンサー・英梨々や、才女の霞ヶ丘詩羽を誘い込み、本格的にゲーム製作に乗り出すというストーリー。1期放送では1ルートが完成したところで終わり、2017年4月からの2期が決定しました。

そんな『冴えない彼女の育てかた』のキャラクターと、その声を務める声優たちをご紹介します。

安芸倫也/松岡禎丞

安芸倫也

出典: matomame.jp

本作の主人公・安芸倫也は、豊ヶ崎学園2年B組の生徒です。自他ともに認める筋金入りのオタクですが、いわゆるステレオタイプのオタクとはだいぶ違い、コミュ力が高く、バイタリティ溢れるアクティブなオタクです。

アニメの円盤やゲームを買うためにバイトに励む毎日で、新聞配達の途中である少女と運命的な出会いをし、彼女をヒロインにしたゲームを作りたいと思いますが、実はその女の子が目立たないクラスメイト・加藤恵だったのです。

恵のあまりのキャラの薄さに驚き、「お前を、胸がキュンキュンするようなメインヒロインにしてやる!」と宣言。サークルを立ち上げ、プロデューサーとディレクターを務め、本格的にゲーム製作に乗り出します。

ライトノベル作家・霞詩子のファンであり、TAKIのハンドルネームでファンサイトの運営も行っています。

松岡禎丞

安芸倫也を務めた松岡禎丞は、北海道出身、1986年9月17日生まれの声優です。

2009年『東のエデン』のAKX20000役でデビューし、2011年には『神様のメモ帳』の藤島鳴海役で初主演を果たします。その後、多くの作品で主役を務め、2016年には第10回声優アワードで主演男優賞を受賞しました。

ナイーブな声質が魅力と言われ、『ソードアート・オンライン』キリト役や『輪廻のラグランジェ』ダノン・シ・アレイ役、『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』ヒイロ役など、出演作では常に主要キャラクターを務める売れっ子です。

澤村・スペンサー・英梨々/大西沙織

澤村・スペンサー・英梨々

出典: matomame.jp

本作のヒロインのひとり、澤村・スペンサー・英梨々は、豊ヶ崎学園2年G組。倫也の幼馴染みで、イギリス人の父と日本人の母を持つ金髪ハーフの可憐な女の子です。展覧会で入賞するほどの腕を持つ美術部のエースであり、学校ではお嬢様風の言動をとっています。

倫也の影響でオタクの道に入りましたが、あることがきっかけで倫也とは疎遠になっていました。しかし、実は英梨々のオタクは継続されていて、きわどいイラストも描く新進同人イラストレーター・柏木エリとして活躍するツンデレ娘です。ゲーム製作では、原画とグラフィックを担当します。

大西沙織

澤村・スペンサー・英梨々を務めた大西沙織は、千葉県出身、1992年8月6日生まれの声優です。

子どもの頃、アニメを「おもしろいな」と思いながら観ていて、自然と「声優になるんだ」と考えるようになったのだとか。

『白銀の意思 アルジェヴォルン』ジェイミー・ハザフォード役や、『精霊使いの剣舞』フィアナ・レイ・オルデシア役も演じ、『精霊使いの剣舞』のヒロイン声優で結成されたユニット「にーそっくす」のメンバーでもあります。

霞ヶ丘詩羽/茅野愛衣

霞ヶ丘詩羽

出典: kansuto.com

本作のヒロインのひとり、霞ヶ丘詩羽は、倫也たちより1学年上で豊ヶ崎学園3年生。美人である上、常に学年トップの成績を誇る優等生であり、下級生たちの憧れの的です。普段は無口ですが、一度喋り出すと毒舌のため、同級生や教師からは恐れられることも。

その正体は人気ライトノベル作家の霞詩子で、倫也とは自身の作品『恋するメトロノーム』を通して繋がりました。ゲーム製作ではシナリオを担当します。

茅野 愛衣

出典: www.froma.com

霞ヶ丘詩羽を担当した茅野愛衣は、東京都出身、1987年9月13日生まれの声優です。

人を癒す仕事をしたかったという茅野は、リラクゼーション関連の仕事に就いていましたが、深夜の帰宅が続き自分自身が疲弊してしまったそうです。そんな時、偶然観たアニメ『ARIA』に心を癒され、「アニメでも人を癒すことができる」と思い声優の道に進んだのだとか。

デビューは、オリジナルビデオアニメ作品の生徒役でした。2010年『とある魔術の禁書目録II』の五和役で初レギュラー出演を果たし、2011年『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』本間芽衣子(めんま)役で大ブレイク。以降、数々の作品に出演し、『ちはやふる』大江奏役や『オオカミ少女と黒王子』三田亜由美役も務めています。

加藤恵/安野希世乃

加藤恵

本作のメインヒロイン・加藤恵。豊ヶ崎学園2年B組で倫也とはクラスメイトですが、影が薄く倫也からはその存在に気付かれていませんでした。顔立ちは整っているのに、なぜか人の印象に残らず、何をされても反応が薄いという、全くキャラが立っていない女の子です。

オタクについての知識は乏しかったのですが、ギャルゲーをプレイしたりライトノベルを読んだりするうちに、ある程度オタクネタに対応できるようになりました。ゲーム製作では、メインヒロインのモデルの他、スクリプトも担当します。

安野希世乃

出典: seiyu-tv.com

加藤恵を務めた安野希世乃は、宮城県出身、1989年7月9日生まれの声優です。

声優を目指したきっかけは、子どもの頃にアニメの裏側で活躍している声優を紹介するテレビ番組を見て、「自分もこの職業に就きたい」と思ったのだとか。

代表作として、『ハマトラ』コネコ役、『うしおととら』井上真由子役、『シュヴァルツェスマーケン』グレーテル・イェッケルン役などが挙げられます。

波島出海/赤﨑千夏

波島出海

出典: matomame.jp

本作のサブヒロイン・波島出海は、倫也たちの2学年下の中学3年生です。以前、倫也や英梨々の近所に住んでいて、倫也とよく一緒に遊びオタクの道に引き込まれました。その影響で、今では同人誌をつくり、コミケに参加するほどどっぷりハマっています。

赤﨑千夏

出典: tiffoo.com

波島出海を演じた赤﨑千夏は、鹿児島県出身、1987年8月10日生まれの声優です。

中学時代は放送部で活躍し、高校時代は地元の市民劇団「劇団いぶき」に所属。大学でも演劇を学び、「ボイスニュータイプ・サマーオーディション2008」にて、文化放送賞、81プロデュース賞、アルケミスト賞を受賞します。「81プロデュース賞」の特典で俳優養成所に通い、卒業後は「81プロデュース」に所属しました。

2010年『メタルファイト ベイブレード』の子供C役でデビュー。2012年『キルミーベイベー』折部やすな役で人気を得た後、『中二病でも恋がしたい!』丹生谷森夏役などのコミカルな役で注目されますが、『selector infected WIXOSS』蒼井晶役のような狂気を含んだシリアスな演技もこなす実力派です。

氷堂美智留/矢作紗友里

氷堂美智留

出典: matomame.jp

本作のヒロインのひとり、氷堂美智留は隣県の女子高校に通う、倫也の従姉妹です。勉強は苦手ですがスポーツは得意。「icy tail」というバンドのメンバーで、ギター兼ボーカルを務め作曲も行います。そのため、ゲーム製作では音楽を担当することになります。

矢作紗友里

出典: animepeace.jp

氷堂美智留を演じた矢作紗友里は、東京都出身、1986年9月22日生まれの声優です。

中学時代に友人から「アニメみたいな声だね」と言われ、それをきっかけに声優を目指すようになったのだとか。

2005年『かりん』にて、主人公の真紅果林役で声優デビューを果たします。以降、数々の作品に出演し、『To LOVEる -とらぶる-』西連寺春菜役、『マケン姫っ!』姫神コダマ役、『織田信奈の野望』明智光秀役なども務めています。

波島伊織/柿原徹也

波島伊織

出典: tama-yura.jp

波島伊織は、波島出海の兄です。倫也とは中学時代に知り合い、実は倫也以上のオタク。小学生の頃からサークル活動に勤しみ、業界の大物とも顔見知りで、今では超有名サークルの代表をしています。英梨々が「柏木エリ」と知り、引き抜こうとしたことも。

柿原徹也

出典: jin115.com

波島伊織を務めた柿原徹也は、1982年12月24日生まれの声優で、歌手としても活動しています。

ドイツ生まれのマルチリンガルのため、外国人や通訳的な役を演じることがあり、『魔法少女リリカルなのはA's』ではドイツ語でのセリフを披露しました。

主な作品は、『戦国☆パラダイス -極-』伊達政宗役、『八犬伝―東方八犬異聞―』犬塚信乃役、『もしドラ』浅野慶一郎役など。2010年には、ミニアルバム『still on Journey』をリリースし、歌手としての活動も精力的に行っています。

加藤圭一/斉藤壮馬

加藤圭一・加藤恵

画像は、加藤圭一と加藤恵です。圭一は医大に通っている加藤恵の従兄弟です。倫也を恵の彼氏だと勘違いしているようです。

斉藤壮馬

加藤圭一を務めた斉藤壮馬は、山梨県出身、1991年4月22日生まれの声優です。

高校生活に馴染めず家で映画やアニメを見て過ごす中で、画面の向こう側の世界に憧れを抱き声優を志したのだとか。

大学4年の頃から本格的に声優の仕事を始め、2014年『ハイキュー!!』山口忠役で注目されました。代表作として、『アカメが斬る!』タツミ役、『残響のテロル』のツエルブ(久見冬二)役などが挙げられ、2015年には第9回声優アワード新人男優賞を受賞しています。

澤村小百合/中原麻衣

澤村小百合

澤村小百合は、英梨々の母親です。外見はとても若く、黒髪ツインテール。和装のことが多いようです。実は、かつて同人誌を描いていた腐女子のため、会話に下ネタやBLネタが混ざります。

中原麻衣

澤村小百合を担当した中原麻衣は、福岡県出身、1981年2月23日生まれの声優で、歌手としても活動しています。

2000年、ラジオ『VOICE CREW』の7代目パーソナリティに起用され、以降も個性的な内容のラジオ番組で活躍します。テレビアニメでのデビューは、2001年『パラッパラッパー』でした。

2002年から放送された『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』シリーズで初のヒロイン・南楓役を務めると、その後も『ひぐらしのなく頃に』竜宮レナ役、『人類は衰退しました』わたし役など、多くのヒロイン役を演じています。

歌手としては、個人名義の他、声優ユニット「nana×nana」や「みっくすJUICE」での活動も。

町田苑子/桑島法子

町田苑子

出典: tama-yura.jp

不死川ファンタスティック文庫に勤める町田苑子は、霞詩子(霞ヶ丘詩羽)の担当編集者です。詩子を「詩ちゃん(しーちゃん)」と呼び、何かと気にかけているようです。

桑島法子

町田苑子を演じた桑島法子は、岩手県出身、1975年12月12日生まれの声優です。歌手、ナレーターとしても幅広く活動しています。

幼女から大人の女性、少年まで役の幅も広いです。代表作は、『機動戦艦ナデシコ』ミスマル・ユリカ役、『犬夜叉』の珊瑚役、『薄桜鬼』雪村千鶴役など。

歌手としては、1996年に『機動戦艦ナデシコ』のエンディングテーマ『私らしく』でデビュー。以後はオリジナルアルバムやキャラクターソングもリリースしています。

姫川時乃/鈴木絵理

姫川時乃

姫川時乃は、バンド「icy tail」のメンバーでギターを担当しています。美智留が加入するまでは、ボーカルも兼任していました。声優のバックバンドになることが将来の夢という声優オタクです。

鈴木絵理

姫川時乃を演じた鈴木絵理は、神奈川県出身、1992年6月22日生まれの声優です。

もともとは女優志望でしたが、初めて聴いたドラマCDに感銘を受け声優を志すようになったのだとか。

『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』茨夕役、『六畳間の侵略者!?』東本願早苗役、『ふらいんぐうぃっち』倉本千夏役などを務め、文化放送アニソンガールズユニット「Trefle」のメンバーとしても活動しています。