アニメ『乱歩奇譚』のメインキャラクター、声優キャスト一覧

2017年7月6日更新

作家・江戸川乱歩の没後50年を機に製作された、オリジナルアニメ『乱歩奇譚 』。乱歩の作品を原案とし、その世界観を現代に置き換え、全く新しいストーリーが誕生しました。そこで、本作のメインキャラクターを務めた声優たちをご紹介します。

江戸川乱歩の小説を原案にしたノイタミナアニメ『乱歩奇譚』

『乱歩奇譚』

2015年7月から放送された、フジテレビ「ノイタミナ」枠のアニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』。2015年の7月が作家・江戸川乱歩の没後50年にあたり、乱歩の小説を原案にオリジナルアニメとして製作されました。

江戸川乱歩が遺した『人間椅子』『影男』『怪人二十面相』『パノラマ島奇談』などの作品の、奇怪で幻想的な世界観を現代に置き換え、全く新しいストーリーが誕生しています。

教師が無残な姿の「人間椅子」オブジェに加工され、物語の幕を開けた『乱歩奇譚』。アケチコゴロウやコバヤシ少年といったお馴染みの名前のキャラクターが登場し、怪事件に挑みますが、彼らの設定もだいぶ現代風になっています。

それでは、『乱歩奇譚』に登場する個性的なメインキャラクターと、その声を務めた声優たちをご紹介していきましょう。

アケチコゴロウ/櫻井孝宏

アケチコゴロウ

アケチコゴロウは、17歳。宮内庁公認・特定未成年の少年探偵です。天才的な頭脳を持つため、事件解決に協力することを条件に学校への登校を免除されています。

戦闘能力も非常に高く、複数人を相手にしたり、巨漢と戦って倒したこともありますが、体力が伴わないようで脱臼することしばしば。性格は、冷静で無愛想です。

助手となるコバヤシ少年とは「人間椅子」の事件で出会いました。

櫻井孝宏

出典: topicks.jp

アケチコゴロウを担当した櫻井孝宏は、愛知県出身、1974年6月13日生まれの声優です。

デビュー作は、1996年『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でした。2000年に『ゲートキーパーズ』浮矢瞬役でアニメ初主演を果たすと、端正な声質を持ち味として多くの作品でメインキャラクターを務めます。

代表作は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』枢木スザク役、『ダイヤのA』御幸一也役、『グリザイア』シリーズの風見雄二役など。また、パロディネタやイケメン声優起用で大ブームを巻き起こした『おそ松さん』では長男の松野おそ松を担当し、その人気を牽引しています。

コバヤシ/高橋李依

コバヤシ

出典: kai-you.net

とある中学校に通う13歳の少年、コバヤシ。小柄で中性的な顔立ちのため、女の子に間違われることがよくあります。他人に無関心で周囲から浮いた存在ですが、クラスメイトのハシバとは唯一仲が良いようです。

自身が容疑者となってしまった「人間椅子」事件でアケチと出会い、それを機にアケチの捜査に協力するようになります。潜入捜査として、見事な女装をすることも。

高橋李依

コバヤシを演じた高橋李依は、埼玉県出身、1994年2月27日生まれの声優です。

2013年『ステラ女学院高等科C3部』女子C役でデビュー。その後、『がっこうぐらし!』直樹美紀役でメインキャラクターを務め、『それが声優!』一ノ瀬双葉役で初主演を果たします。さらに、『魔法つかいプリキュア!』でも主役の朝日奈みらい(キュアミラクル)を務め、主題歌も担当しました。

2016年、第10回声優アワードで新人女優賞を受賞し、大注目の新人声優です。

ハシバ/山下大輝

ハシバ

ハシバは、コバヤシのクラスメイトで14歳です。クラス委員を務める、財閥の御曹司。面倒見が良く、コバヤシが厄介なことに関わらないように懸命に諭しますが、次第にアケチやコバヤシのペースに巻き込まれていきます。

財閥の御曹司という理由でクラスに馴染めなかった小学生の頃、コバヤシから声をかけられたことをきっかけに親友になったそうです。「人間椅子」事件でコバヤシが疑われた時には、ハシバだけが彼を信じて庇いました。

山下大輝

ハシバを演じた山下大輝は、静岡県出身、1989年9月7日生まれの声優です。

2011年~2012年、ラジオ『バナフェス!タウン』で声優の卵としてコンテンツに参加し、2012年『リトルバスターズ!』生徒Bで声優デビューします。

ハイトーンボイスが特徴で少年役を得意とする山下は、初主演作『ガイストクラッシャー』白銀レッカ役で知名度を上げ、『弱虫ペダル』でも主役の小野田坂道役を務めました。2014年には第8回声優アワード新人男優賞を受賞しています。

カガミケイスケ/小西克幸

カガミケイスケ

カガミケイスケは、新宿警視庁捜査一課管理官、26歳のエリート警視です。真面目で正義感が大変強く、そのため犯人に手を出してしまうことがあり、同じ一課で係長をしているナカムラに止められることも。カガミは、元上司であるナカムラを尊敬しています。

小西克幸

カガミケイスケを担当した小西克幸は、和歌山県出身、1973年4月21日生まれの声優で、ナレーターや舞台俳優としても活動しています。

1996年にゲームで声優デビューし、1997年には『勇者王ガオガイガー』でレギュラー出演を果たしました。以後、数多くの作品で活躍し、クールなイケメンや兄貴肌、三枚目やポケモンなど、演じる役は多彩です。

代表作として、『魔法戦士リウイ』リウイ役、『金色のコルダ』王崎信武役、ゲームの『アサシン クリード』アルタイル役や『テイルズ オブ シンフォニア』ロイド・アーヴィング役などが挙げられます。

また、声優養成所の先輩・関智一が座長を務める、劇団「ヘロヘロqカムパニー」の副座長という顔も。

ナカムラ/チョー

ナカムラ

ナカムラは、38歳の新宿警視庁捜査一課係長。マイペースなベテラン刑事です。もともとはカガミの上司でしたが、カガミが出世したため良きサポート役に徹しています。

チョー

出典: mamari.jp

ナカムラを務めたチョーは、埼玉県出身、1957年12月15日生まれの声優で、俳優やナレーターとしても活動しています。

代表作は、『ONE PIECE』ブルック役、映画『ロード・オブ・ザ・リング 』シリーズのゴラム役など。ゴラム役アンディ・サーキスが来日した際には本人と対談し、その後、公認声優としてサーキスが演じるキャラクターの吹き替えを担当するようになりました。

声優外の活動というと、NHK教育テレビ『たんけんぼくのまち』に「チョーさん」として出演していたことが有名です。それに由来し、2006年に芸名を「長島雄一」から現在の「チョー」に改名したのだとか。同じくNHK教育テレビ『いないいないばあっ!』では、着ぐるみに入りワンワン役も務めています。

ミナミ/藤田咲

ミナミ

ミナミは、25歳の検視官。「死体君」と共にさっそうと現れ、軽妙なやりとりを交えた「3分間ショッキング」を展開し、視聴者に解剖結果を分かりやすく説明してくれます。その際には、犯人役を務めます。

藤田咲

ミナミを演じた藤田咲は、東京都出身、1984年10月19日生まれの声優です。

「声優志望の大学生」として『アニメTV』にてリポーターを務め、2006年『つよきす Cool×Sweet』で初のメインキャラクター・蟹沢きぬ役を演じます。その後、ボーカロイド「初音ミク」の声を担当し、一躍知名度を上げました。

その他、『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』七海アオ役、『WORKING!!』伊波まひる役、『ゆるゆり さん☆ハイ!』杉浦綾乃役などで活躍しています。

死体君/山口勝平

死体君

死体君は、ミナミのパートナーで、死体解剖の結果を分かりやすく教えてくれます。その「3分間ショッキング」の解説の際に被害者役となる人形です。

山口勝平

出典: animeanime.jp

死体君を担当した山口勝平は、福岡県出身、1965年5月23日生まれの声優・俳優です。

「劇団21世紀FOX」に所属する一方、声優としての活動も始め、1989年『らんま1/2』の早乙女乱馬役で初主演し、本格的に声優としてのキャリアを重ねていきます。その後も数多くの作品に携わり、「東京国際アニメフェア2003」では個人の声優賞を受賞しました。

『犬夜叉』犬夜叉役、『名探偵コナン』工藤新一役、『DEATH NOTE』のL役などが代表作として挙げられます。

2004年には芸能プロダクション「悟空」を設立。自身も所属し、社長も務めています。

ハナビシ/中原麻衣

ハナビシ

ハナビシは、「人間椅子」事件で殺害されたコバヤシのクラス担任の代わりに赴任した、32歳の女性教師です。年齢に合わないピンク色のゴスコリ風ドレスを着て、頭にはネコミミを付け、常にハイテンション。手首に傷跡が認められ、登場する度に体の怪我が増えていきます。

中原 麻衣

ハナビシを担当した中原麻衣は、福岡県出身、1981年2月23日生まれの声優で、歌手としても活動しています。

2001年『パラッパラッパー』でテレビアニメデビュー。2002年には『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』シリーズで初のヒロイン・南楓役を務め、その後も『ひぐらしのなく頃に』竜宮レナ役、『CLANNAD -クラナド-』古河渚役、『おとめ妖怪ざくろ』西王母桃(ざくろ)役など、多くの作品でヒロインを担当しました。

演技もさることながら、トークの上手さにも定評があり、ラジオのパーソナリティとしてデビュー当初から活躍。また、歌唱力も高く、「nana×nana」などの声優ユニットを組む他、2004年にはソロ歌手としても活動を開始しています。