モンティ・パイソン、イギリスを代表するコメディ集団がすごい!

2017年7月21日更新

結成から数十年経つ今でも熱狂的ファンのいるコメディアン集団、モンティ・パイソン。イギリス生まれのこのグループは、メンバー全員が超エリートで、ブラックな笑いが魅力的。今でも決して色あせることのない彼らの魅力をご紹介します!

伝説に残るコメディグループ、モンティ・パイソン

モンティ・パイソン

イギリスで有名なコメディグループといえばモンティ・パイソン。1969年からBBCでテレビ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』が開始され、その過激なブラックジョークが大旋風を巻き起こしました。彼らのコントは映画や舞台になり、今でも熱狂的なファンを持つ伝説的なグループなのです。

メンバーは皆、超優秀

モンティ・パイソン

モンティ・パイソンは6人組で、全員が高学歴で超優秀。また、音楽や演技の才能を持っていたりと一人一人がとっても個性的なのです。

ケンブリッジ大の医学部卒!エリート中のエリート、グレアム・チャップマン

グラハム・チャップマン

1941年生まれのグレアム・チャップマンは、モンティ・パイソン結成前にメンバーのジョン・クリーズと出会いコンビを組んだ人物。いわばモンティ・パイソンの屋台骨を作ったような存在です。ケンブリッジ大学医学部を卒業しており、医師免許も持っています。

医者という職業柄か、コントでもスプラッターものを多く作っていたのが特徴。コントでは医者や警察官を演じることが多かったようです。1989年に亡くなっています。

弁護士免許を持っている、ジョン・クリーズ

ジョン・クリーズ

そのチャップマンと最初にコンビを組んだジョン・クリーズもケンブリッジ大学卒業。弁護士の免許も取得しており、論理的なスケッチ(コント)の作成を得意としていました。また、ヒトラーのモノマネや長身を活かしたバカ歩きが十八番として有名です。

モンティ・パイソン以降はテレビドラマや映画で活躍しています。2016年現在では『007』シリーズや『ハリー・ポッター』シリーズへの出演が記憶に新しいところ。

モンティ・パイソンのミュージシャン、エリック・アイドル

エリック・アイドル

もう1人のケンブリッジ大卒はエリック・アイドル。彼は英文学を専攻していたこともあり、言葉遊びなど言語のジョークを多く作っていました。『空飛ぶモンティ・パイソン』は他のメンバーはコンビを組んでいましたが、彼はスケッチの執筆からすべて1人でおこなっていたので、一匹狼と称されることも。

音楽の才能はメンバーの中でもピカイチで、モンティ・パイソンが発売したレコードはエリック・アイドルが作詞作曲したものも数多くあったそうです。グループとしての活動停止後は映画『キャスパー』に出演したり、『シンプソンズ』で声優を務めたりとアメリカでの活躍が中心となっています。

演出や製作にも関わった、テリー・ジョーンズ

テリー・ジョーンズ

オックスフォード大卒のテリー・ジョーンズは、もう1人のオックスフォード卒業生マイケル・ペイリンと在学中に出会いコンビを組んでいます。モンティ・パイソンでは裸芸やおばさんの女装芸で有名。また演出にもこだわり、TVシリーズ中にもスタッフに指図することがあったのだそう。

TVシリーズ後は監督や脚本、コメディ作家として活躍しました。歴史学者としての活動もあり、執筆やドキュメンタリーの制作にも携わっているのだそう。

グループ1の演技者、マイケル・ペイリン

マイケル・ペイリン

オックスフォード大卒のマイケル・ペイリン。メンバーの中でも幅の広い役をこなすことができ、特に『死んだオウム』が有名。とても温和な性格で、超個性的なメンバーの潤滑油的な存在でした。

モンティ・パイソンの活動後は旅行番組が人気を博し、世界各地を回っています。

唯一のアメリカ人、テリー・ギリアム

テリー・ギリアム

6人目のメンバー、テリー・ギリアムはグループで唯一のアメリカ人(現在ではアメリカ国籍は放棄し、イギリス国籍に)。アメリカでオキシデンタル大を卒業後、アニメーターの仕事で渡英しモンティ・パイソンの一員となりました。スケッチには脇役としての登場が中心でしたが、『空飛ぶモンティ・パイソン』のアニメーションを担当しています。

モンティ・パイソン以降は映画監督としての活動を中心にしています。

強烈なブラックコメディがやばい

超エリートでありながら、スケッチで名を馳せたモンティ・パイソン。その笑いは政治家やイギリス王室をテーマにしたギリギリなものを始め、シニカルで過激なブラックコメディなのが特徴的。いくつかスケッチをご紹介します。

長身のジョン・クリーズだからこそできるスケッチ!『バカ歩き省』

2:35を過ぎたあたりからバカな歩き方をするジョン・クリーズが登場。たくさんの「バカ歩き」が見られます。

ヒトラーをテーマにしたどぎついスケッチ、『イギリスのヒルター』

冒頭からヒトラーそっくりのヒルターなる人物が登場します。彼は次のマインヘッド市長選に出馬しますが…。ドイツ訛りの英語とヒトラーのモノマネはまさに瓜ふたつ。

あの有名な単語はこのスケッチから生まれた、『スパム』

スパム入りのメニューばかりの食堂で起こる騒動を描いています。このスケッチがスパムメールの語源となったのだとか。

ビートルズとの深い関わり

モンティ・パイソン

モンティ・パイソンが活躍し始めたのは1969年。イギリスではビートルズが大人気だった頃です。実はこの2つのグループには深い関わりがありました。というのも、モンティ・パイソンの1人エリック・アイドルがビートルズを真似したバンド『ラトルズ』を結成しているのです。 ラトルズ

ラトルズのメンバーが出演した、ビートルズの名曲『All You Need Is Love(愛こそすべて)』のパロディ『All You Need Is Cash(金こそすべて)』というタイトルのテレビ映画も公開されています。

集大成の傑作『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』

モンティ・パイソン 人生狂想曲

テレビシリーズのみならずアルバムや舞台でも成功をおさめたモンティ・パイソン。映画も製作していた彼らがメンバー全員で制作した最後の作品が1983年公開の『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』です(日本では未公開)。 モンティ・パイソン 人生狂想曲

出産や戦争から性教育、臓器移植など様々なスケッチを取り扱っており、1983年のカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞しています。