2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』紫原敦・キセキの世代最強センターに迫る

2mを超える巨体ですがお菓子が大好きという意外にも子供っぽいところもある紫原。しかし試合になると一転、その巨体を活かした非常にパワフルなプレイをします。そんなキセキの世代最強のセンター、紫原の魅力に迫ります。

紫原敦のプロフィール

黒子のバスケ 紫原 敦

紫原敦は身長208cmの並外れた体格と肩まで伸ばした長髪が特徴です。

基本的に人の言うことは聞きませんが、赤司に惨敗したことから、赤司の言うことしか聞かず、赤司と戦うことを避けるようになりました。

普段はとてもマイペースで面倒くさがりですが、攻撃的な性格でも有り、癪に障った相手には辛辣な言葉を投げかけたり、バスケのプレイでひねりつぶしたりと凶暴な面も持っています。

最強のセンター

紫原 敦 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

恵まれた体格と優れた反射神経を持っており、ゴール下から動かずディフェンスを務めます。スリーポイントラインから内側すべてを守備可能範囲としており、青峰でさえ点を取るのは難しいと言うほどです。

また、ダンクでゴールを根元からへし折ったり、アリウープでゴールを支柱ごと倒したりするなど圧倒的なパワーを持っています。さらに、巨体にも関わらず瞬発力やスピードなどの能力も優れており、身体能力の全てが最高水準に達しています。

破壊の鉄槌 (トールハンマー)

紫原が繰り出す技。回転しながら跳躍、ダンクシュートを繰り出すと言うもので、自分を取り囲んでいたディフェンス3人を吹き飛ばすほどの衝撃とゴールを破壊してしまうパワーを持っています。

バイスクロー

元は木吉鉄平が繰りだした技で、リバウンドしたボールを片手で掴み、制する技です。木吉は特訓やトレーニングによって得た技ですが、紫原は見よう見まねで一発で成功させてしまいました。

木吉鉄平との関係

木吉 鉄平 黒子のバスケ

互いに互いを負けたくない相手として上げており、バスケについても紫原敦は欠陥競技と言っているのに対し、木吉は楽しくてしょうがないなど、対照的に描かれています。

木吉は中学時代、紫原に惨敗しており、それがトラウマになっていました。そのため、普段は落ち着いている木吉でも、紫原が相手の際は戦意をむき出しにしています。

一方で紫原は木吉のことをすっかり忘れていました。しかし、木吉のダンクを見たことですぐに思い出し、バスケのやる気を出すなどこちらも木吉のことを意識しており、ライバル関係といえます。

紫原敦にとってのバスケとは?

天才的なスキルを持つ紫原ですが、バスケを大きなやつが勝つ欠陥競技と評しており、バスケに情熱を持つ物を嫌悪しています。一方で負けず嫌いなため、勝つために人一倍練習に取り組んでいます。また、彼がバスケを始めたのはミニバスケからで、以外にもバスケ歴は長いです。

見切りが早く、勝てないと思ったらすぐに諦めてしまいます。WC誠凛戦では一度、試合を諦めかけてしまいますが、氷室の叱咤を受け闘志を取り戻し、才能があってもバスケが好きでないと入れないはずの「ゾーン」に入りました。

しかし、試合には結局敗北してしまいます。その時、悔しさから涙を流しており、自覚はないもののバスケへの情熱を持っているようです。

長身とかわいらしさのギャップ

紫原 敦 黒子のバスケ

紫原敦は基本的にチームメイトのことを「~ちん」と独特な呼び方をしています。

また、「お菓子は正義」を座右の銘に掲げるほどお菓子を好んでおり、部室のロッカーの中にはお菓子がぎゅうぎゅうに詰められています。バスケをしているとき以外は基本的にお菓子を食べていますが、食べ物はどれも好きなようです。

実際、普段はマイペースですが、食べ物に関しては感情の起伏が激しく、激しい怒りを見せることもあります。

その巨大な体格からはイメージできない可愛らしい一面を持っていますね。

紫原敦の声優は?

鈴村健一

鈴村健一 

1974年9月12日生まれの声優、歌手です。『銀魂』沖田総悟、『桜蘭高校ホスト部』常陸院光役で有名です。

2011年、同じく声優、歌手の坂本真綾との婚約を発表し、以前から共演が多かったこともあり話題をさらいました。

紫原は「バスケは向いてるからやっているだけ。好きじゃない」という姿勢をずっと崩さなかったんですが、僕になかなか理解できなくて。でも、最後に流した涙ですべてが繋がった気がします。彼もまたバスケ馬鹿だったことがわかって、今後もますます応援したくなりました。いわゆる悪役的立ち位置で演じていましたが、本当の意味で愛すべきキャラクターになれた気がしてホッとしてます。

自身の演じる紫原敦に対して、このように語っています。演じただけあって時間が理解が深いですね。