2017年7月6日更新

政治の勉強は映画から!各国の政治を学べる映画8選

政治って何だか難しい……。勉強しようと難しい文章を読んでみても、なかなか理解しにくい場合がありますよね。そんな時にオススメなのが政治を扱った映画!映像による臨場感と共に学べるので、とてもわかりやすいですよ!

政治の勉強は映画から!

政治は難しくて苦手だし、文章ばかりの新聞や小説はなかなか読み進められない……。そんな方にこそ、政治を扱った映画を観る勉強法がオススメです。

実際の事件を基にしたフィクション、創作によるノンフィクション。どちらも違った魅力があるので、楽しみながら学ぶことができます。さらに、映画の一番の利点は、まるでその場にいるような臨場感が味わえること!

国や時代すら超え、それぞれの出来事を身近に感じることで、より興味を持つことができるのではないでしょうか。今回は、日本を含めた様々な国の、政治を扱った映画8選をご紹介します!

1:ウォーターゲート事件を描いた『大統領の陰謀』

gonbe73 2015/09/26 ロバートレッドフォードといいダスティンホフマンといい若い頃イケメン。フォレストガンプでウォーターゲート事件のことやってたり、町山さんがゾディアックの解説で話してたりと気になってはいたけどなかなか観る機会がなかった作品。陰謀もの結構好きで楽しめた。もうちょいウォーターゲート関連の映画観たいな。
tophelos 2014/04/19 BS たまたまの偶然なのだが「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」にも出演しているロバート・レッドフォード出演の本作を鑑賞した。言わずと知れた「ウォーターゲート事件」を題材にした実話の映画化であるが、事件を追いかけるのは刑事ではなく新聞記者なので、「捜査」ではなく「取材」である。謎の情報提供者「ディープ・スロート」との密会シーンにこそ強い緊迫感が漂うが、アクション的な要素も皆無で派手さは全くと言っていいほどない。それでもスリリングな展開でグイグイと物語に引き込まれてしまうのだから、さすがアカデミー四部門受賞作である。それにしても70年代数々の名画の絵作りはどれもこれも素晴らしい。

1972年6月17日、ワシントンD.C.のウォターゲートビルの民主党本部に不審な5人組が侵入し、逮捕される事件が起きます。新米記者のボブ・ウッドホードは、裁判を取材する中で、5人組の裏にいる何か大きな存在を嗅ぎ付けて……。

第49回アカデミー賞では、8部門にノミネートされ4部門を受賞。ウォーターゲート事件の真相を追求し、ニクソン大統領を失脚させたワシントン・ポスト紙の2人の記者の実話を映画化しました。

新米記者のボブと、先輩記者カール・バンスタイル。2人は地道な調査の末、現職の大統領一派による盗聴という事実を解明することに。そして、アメリカ政治史に残る汚点の真実が白日の下に晒されるのです。

2:ブッシュ政権批判の『華氏911』

Ken_Chang 視点は多角的に、この映画が視点の一つであることをよく理解しないといけない
____RiN____ 世界で一番有名なドキュメンタリー監督:マイケル・ムーアの名を世に知らしめた、世界で一番有名なドキュメンタリー映画(おそらく)。監督のコミカルなキャラがあってこその、エンターテイメント・ドキュメンタリー。しかし、体当たり撮影過ぎてよくこの人ガードマンにボコボコにされないで済んでるな、とどの映画見ても思います。あと、ブッシュJr.の徹底した悪役っぷりも仕込みか!と疑いたくなります。 アメリカ人て普段からこんなにキャラ立ってるの?疲れない?

2001年9月11日、アメリカで発生した前代未聞の同時多発テロ事件。主犯を捕まえ損ねたまま、戦場をイラクへと移していったブッシュ大統領の、”対テロ戦争”の真実を暴きます。

第57回カンヌ国際映画祭で、パルムドール賞を受賞した作品です。アメリカでは公開前から物議を醸し、映画の主張や政治的影響を巡って、様々な社会現象を巻き起こしました。

マイケル・ムーア監督は、同時多発テロ事件におけるブッシュ政権の行動に疑問を抱いたとのこと。豊富な事実を基に、様々な角度からその真実を明らかにしようと試みています。ただし、単なる政権批判ではなく、事件後のより大きな問題を考える目的があると語りました。

3:吉田茂の生き様!『小説吉田学校』

GHQによる占領下にあった戦後、日本の命運を賭けて政界を生き抜いた”吉田本流”。内閣総理大臣・吉田茂は、池田隼人・佐藤栄作といった「吉田学校」門下生を率いて、日本の講和独立を果たすのですが……。

当時の政界における実力者、鳩山一郎・田中角栄なども実名で登場。原作は、政治評論家・戸川猪佐武による同名の実録政治小説です。その第一部「保守本流」をベースに、森繁久彌、芦田伸介らをキャストに迎えて制作されました。

4:女性首相の生涯を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

minimaru メリルストリープの演技がすばらしく、引き込まれてしまいました。 首相時代の、強い女性像と 亡くなった夫を妄想に見て昔を回想する、 すっかり弱くなってしまった女性像とのギャップに切なさを感じながら。

他の方のコメントにあるように、サッチャーを知らない方は少しでも歴史背景を押さえてから見た方が理解度深まる気がします。

makifuji12 働く女性の苦悩が良く描かれているとおもいます。 正直、世界史が嫌いだった私は、マーガレットサッチャーについて全く知らなかったのですが、この映画をみて彼女に興味がわきました。 彼女を知った上でもう一度見ると面白いかもしれないですね。(2014/06/17)

男勝りの決断力とリーダーシップで、”鉄の女”の異名をとった女性首相マーガレット・サッチャー。政界引退後、認知症を患った実生活を重ね合わせつつ、戦時中から1990年の首相退陣までの栄光と挫折を描きます。

英国初となった女性首相として、隠された素顔や妻としての半生を振り返る伝記映画です。今作で、サッチャーを演じたメリル・ストリープは、みごとアカデミー賞主演女優賞を獲得しました。

サッチャー時代に頻発した暴動のシーンでは、本物の労働争議での記録映像が使用されており、臨場感あふれる作品に仕上がっています。

5:汚職事件の裏側に迫る『国会へ行こう!』

ごく普通の大学生・河合直哉は、とあ出来事がきっかけで衆議院議員・松平重義の議員秘書のアルバイトをすることに。政界の表と裏を知り、政治への熱意を持った河合は、松平と共に政治改革法の立案に挑むのですが……。

テレビドラマシリーズ『あぶない刑事』の一倉浩雄監督が、吉田栄作・緒方拳を主演に向かえて制作した政界コメディです。実在の出来事を扱った作品ではないですが、時々気づく現実世界との類似にドキリとしてしまうかもしれません。

6:ロッキード事件当時に撮影された『不毛地帯』

tora 山崎豊子の不毛地帯。 当時の総合商社の苛烈な内情を垣間見る 事ができるような。瀬島龍三さんがモデル みたいですね。

近畿商事は、総予算が一兆円を超えると言われる二次坊の主力戦闘機選定を巡り、他商社と血で血を洗う攻防戦を繰り広げることに。やがてその戦いは、政界への巨額の実弾攻撃合戦へと発展していきます。

二次坊(第2次防衛力整備計画)において、主力戦闘機選定に暗躍する商社。それぞれと癒着し、私利私欲に走る政治家たちの暗部を描いた山崎豊子の同名小説が原作です。

当時、ロッキード事件などが起きたことで話題になりましたが、実在するどの事件の概要とも違う作品であるとのこと。主人公のモデルに関する情報については、登場人物に特性のモデルは存在せず、複数人からの取材を基にしていると原作者が断っています。

7:暗殺事件の真相は…?『JFK』

tromboy18 WHAT IS PAST IS PROLOGUE“過去の出来事はプロローグである” 206分という大作でしたが見ごたえあり!ラストの法廷シーンは台詞の一言一言に重みがあります。エンドロールの「この作品を真実を探求する若者にささげる」には鳥肌。
igagurichan 長い映画ですが飽きません。 素晴らしい映画です。 ラスト、ケビン・コスナーが法廷演説をしますが…私の中では映画史に残る名場面です。

1963年11月22日、テキサス州ダラスで暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領。ケネディ暗殺事件の捜査に執心する一人の検事、ジム・ギャリソンを中心として。事件における唯一の訴訟となった、クレイ・ショー裁判に至るまでの顛末を描きます。

第64回アカデミー賞、撮影賞と編集賞を受賞した作品。実名で登場する検事ジム・ギャリソンの著書、『JFK/ケネディ暗殺犯を追え!』の”共同謀殺説”を中心に制作されました。

一つの推論を多角的に捉え、大量のドキュメント・フィルムを取り入れた編集に、高い評価が集まった模様。この事件を扱った作品の中でも、最大規模を誇る名作だと言われています。

8:政治の陰謀!『スーパー・チューズデー 正義を売った日』

k1ller_aka_tKo 頭脳明晰で正義の心を持っている男が政治に傾倒していくほどに、自らで階段を踏み外してしまうという何とも怖いお話。 劇中にある「ミスをした者は脱落する」という言葉通り、ちょっとした判断ミスや気の迷いが命取りになる。表情をメインにあまり多くを語らないのが終わった後に余韻を味わえるので良いが、前半が少々眠たい。
ZUKINKO うわー、なんとも後味の悪い、すっきりしない終わり方。これでホンとに良かったの?とは思ったけれど、不思議と嫌にならないのは、結局の所、皆お互い様な感じがしたから?モラルなき正義が政治の世界でまかり通る中、国民は選挙においてその人の何を見たらいいのかと改めて思ってみたり。何にしても、逆恨みが一番怖いです。

大統領選挙キャンペーンチームとして、マイク・モリス知事の陣営で働くスティーブン。しかし、オハイオ州予備選討論会の後、ライバル陣営から密会の依頼を受けます。その後に、選挙戦を揺るがす重大な秘密を知ってしまい、熾烈な情報戦に巻き込まれることになって……。

2004年、民主党大統領予備選挙に立候補したハワード・ディーン。その選挙スタッフだったボー・ウィリモンが、当時の選挙に着想を得て執筆した戯曲『ファラガット・ノース』を映画化した作品です。

大統領選の裏に渦巻く黒い陰謀、裏切りなどによって、選挙情勢や人間関係は一瞬の間に変化していきます。政界を皮肉たっぷりに風刺する、スリリングなストーリーから目が離せません。