2017年7月6日更新

マイケル・バルビエリ、無名子役が『スパイダーマン:ホームカミング』に出演!

マイケル・バルビエリは若干14歳のながら、『スパイダーマン:ホームカミング』への出演が決まっている新人俳優です。そんなマイケルのこれまでの出演作品やこれからの出演作を紹介します!

マイケル・バルビエリって誰?

マイケル・バルビエリは、若干14歳ながら、マーベル社の人気スーパーヒーロー映画シリーズのひとつ、『スパイダーマン:ホームカミング(原題)』への出演が決定した新人俳優です。

ニューヨークで生まれ育ったマイケルは、2016年全米公開の両親の争いを描いた家族映画『Little Men(原題)』での演技が高く評価され、出演となりました。

また、『スパイダーマン:ホームカミング』の他にも、スティーブン・キングの同名ホラー・ファンタジー小説の実写映画『The Dark Tower(原題)』の出演も決定。本作は2017年に全米で公開されます。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で花嫁のひとりを演じたアビー・リーや、『ダラス・バイヤーズクラブ』で第86回アカデミー賞主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒーと共演するそう。

2017年はマイケル・バルビエリ飛躍の1年となりそうです。

出演作はまだ少ない!期待の子役

マイケルは年齢も若く、俳優としてデビューしたばかりなので出演作品も、短編映画『Killer(原題)』と『Little Men(原題)』の2作品のみです。

『Killer(原題)』では、少年から多感な青年へと変化しだしたダスティ役を演じています。また、『Little Men(原題)』では初めての長編映画への出演にして主演ながら、第32回サンダンス映画祭で高く評価されました。

浅いキャリアながらも、2017年全米公開予定の人気作品のリブート映画『スパイダーマン:ホームカミング』への出演は、一躍彼の活動の幅を広げることになるでしょう。

『スパイダーマン:ホームカミング』に出演予定!

『スパイダーマン:ホームカミング』は、マーベル社のスーパーヒーローコミックス「スパイダーマン」を原案とし、2017年に公開が決まっている「スパイダーマン」のリブート作品です。

マイケルが演じる役柄は、まだ正式には明らかにされていませんが、主人公ピーター・パーカーの友人のひとりを演じるのではないかという噂。その友達というのはヒーローオタクのガンケ・リーをモデルにした役らしいのですが、原作ではアジア人の設定です。

「スパイダーマン」といえば2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』への出演が記憶に新しいですが、『スパイダーマン:ホームカミング(原題)』でもトム・ホラントがピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じます。

また、メイおばさん役をマリサ・トメイが、そしてトニー・スターク/アイアンマン役でロバート・ダウニー・Jr.の出演も決定しています。今までの「スパイダーマン」シリーズには他のマーベル社コミックのキャラクターは登場しませんでしたが、今作では登場するようで、これまでとは一味違った「スパイダーマン」作品となるでしょう。

『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日公開です。