©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.

トム・ホランド、スパイダーマンに抜擢された新人俳優に迫る!

2017年8月29日更新

新スパイダーマン役に映画『インポッシブル』などに出演していたトム・ホランドが決定。トム・ホランドのプロフィールや出演作などについてまとめました。

イギリスの若手俳優のトム・ホランド

Premier this evening for The lost City of Z.

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

この度新スパイダーマンに抜擢されたトム・ホランド。1996年6月1日生まれ、イギリス・ロンドン出身の俳優です。フォトグラファーの母とコメディアン・作家の父がいます。

幼い頃からダンスで才能を発揮、2008年にはミュージカル版「リトル・ダンサー」などに出演。その後俳優としてキャリアをスタートさせます。ちなみに『借りぐらしのアリエッティ』翔役の英国版吹き替えが初映画出演作。

聡明な見た目からは想像できないその演技力で、若干19歳にしてアメコミの人気ヒーロー・スパイダーマンに抜擢された、ハリウッドの中でも注目されている若手俳優です。

トム・ホランド映画デビュー作!

ユアン・マクレガーナオミ・ワッツの共演が話題となったこの作品。2004年に起こったスマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇し、散り散りになりながらもお互いの無事を祈り、再会のために生き抜くスペイン人一家の実話を基に描く感動の実話人間ドラマです。2012年に日本公開されました。

トムは長男ルーカス役を演じました。これがスクリーンデビューです。

巨大クジラの恐怖をリアルに描いた作品に出演!

アメリカの名作小説である『白鯨』を実写映画化した『白鯨との闘い』に、トム・ホランドがキャビン・ボーイのトマス・ニカーソン役で出演します。

同作は、ロン・ハワード監督がメガホンをとり、主演がクリス・ヘムズワースです。

捕鯨が一大産業だった19世紀に、太平洋沖4800㎞という海域での、捕鯨船エセックス号と巨大な白鯨との闘いを描いています。

Click click @nikkihollandphotography

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

トム・ホランドは、リアルさを追求された撮影を振り返り、

「撮影の前にみっちりと、航海の仕方や、そのために必要な知識を学んで、本当の船乗りになるようなトレーニングを積んだんだ。おかげで、小さい船なら操作できるようになった(笑)」

とコメントしています。

『白鯨との闘い』は、2016年1月16日に公開されます。

トム・ホランドが新スパイダーマンに大抜擢!

#spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

マーベルとソニーが共同で製作する「新スパイダーマン」に抜擢。トム・ホランド版ピーター・パーカーは2016年4月日本公開予定の『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』にて初披露。そして、2017年8月『スパイダーマン ホームカミング』が公開となります。

トム・ホランドは今までスパイダーマンシリーズを務めてきた俳優、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドに比べても、原作の設定の高校生に実年齢が最も近いこともあり、新しいスパイダーマンに世間の期待が集まっています。

また、新スパイダーマンはホラー映画『クラウン』(14年)のジョン・ワッツが監督を務め、トム・ホランドをはじめフレッシュな顔ぶれが揃う作品となっているようです。

そして、ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループのトム・ロスマン会長は

「私は、共に仕事をした新進気鋭の監督たちがスーパースターになっていくのを幾人も見てきたが、ジョンもそうなれるだけの才能を備えている。スパイダーマン役についても、数多くの若く素晴らしい俳優がいたが、トムのスクリーン・テストだけは特別だった。つまり、私たちは最高のスタートを切ったんだ」

とトム・ホランドを高く評価しています。

歴代スパイダーマン役を演じてきた俳優は、一気に知名度があがりブレイクを果たしてきました。トムもブレイク間違いないでしょう!

映画『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』の予告篇はこちらです!アイアンマンとキャプテン・アメリカ、マーベルの二大ヒーローが戦うという衝撃なストーリーとなっています!

マーベル作品には6作品出演契約?

It's play time! Where do I buy this?!?! #spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

現在注目の若手俳優トム・ホランド。新スパイダーマンに抜擢されたことで話題ですが、今回マーベルの新作6作品に出演する契約を結んだことを明かしました。

既に公開済みの作品『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』でついにスパイダーマンが加わりファンの中でも大きな話題となりました。この他に同シリーズ3作目の『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や新スパイダーマン『スパイダーマン ホームカミング』が公開予定となっており残りあと3作品に出演する予定となっています。

そんな気になる出演作は『スパイダーマンホームカミング』に続く第2弾・第3弾とアベンジャーズシリーズの第4弾になるのではないかといわれています。ますますスケールアップするマーベル作品に、トム演じる新スパイダーマンがどの様に関わっていくか?ファンの期待も高まっています。

まだまだある!トム・ホランドおすすめ出演映画

シアーシャ・ローナン主演、第3次大戦が起こったロンドンという舞台での青春サバイバルドラマです。

複雑な家庭環境で育ってきた16歳の少女デイジーは、会ったことのないいとこたちに会うため、1人でニューヨークからイギリスへとやってきます。純真ないとこたちと触れ合い、反抗的だったデイジーの心境に変化が生じます。そんな中、ロンドンで核爆発テロが起き、第3次世界大戦が勃発します。そんな中デイジーたちは軍によって離れ離れになってしまいます。

トムはシアーシャ演じるデイジーのいとこ、アイザック役で出演しました。

2015年6月27日に日本公開され、出演人物はたった一人という異色の作品。主人公が一人車で走り、電話などで他のキャストと会話していく映画なのですが、トムは息子の声を担当しています。

トム・ホランド今後の出演予定作!

『The Lost City of Z(原題)』

デイヴィッド・グランのノンフィクション・アドベンチャー小説「ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え」を原作とした映画『The Lost City of Z(原題)』への出演が決まっています。アマゾンにあるという謎の都市Zを探して、息子と共に姿を消したイギリス人探検家を主人公に描いた作品です。主演は映画『パシフィック・リム』で知られるチャーリー・ハナムが務めます。

製作にブラッド・ピットが携わることでも話題となっています。2016年、アメリカで公開される予定です。

子役から爽やかイケメンに成長したトム・ホランド。今後も彼の活躍に大注目です!

トムの身長と筋肉に注目!

Bed time

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

若手ながら世界的人気俳優の仲間入りをしたトムの身長は173cm。ハリウッド俳優の中では高身長ではないかもしれませんが、それをまったく思わせない堂々たる存在感を映画作品の中で放っていますね。 しかし、身長もあまり高くなく甘い顔立ちの彼は、その風貌とは反対に相当な身体能力の持ち主でもあります。 『スパイダーマン:ホームカミング』では、撮影のために様々な鍛錬を積んだトムはワイヤーで吊られている最中もしっかりバランスが取っていたそうです。 その身体能力はアメリカン・コミック『スパイダーマン』の作者であるスタン・リーも絶賛したほど。『スパイダーマン:ホームカミング』ではキュートなルックスと驚異の身体能力に注目です。

恋人は『スパイダーマン:ホームカミング』の共演者!?

Stealing hearts since 96'

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿 -

2017年現在、トムはディズニーチャンネルの人気ドラマで度々主演を務め、ティーンに絶大な人気を誇っている女優でミュージシャンのゼンデイヤと交際しているのではないかと言われています。 ゼンデイヤは、トムが主演の『スパイダーマン:ホームカミング』で風変わりな女子高生ミシェル役を演じており、撮影現場でお互い急接近したのではないかと推測されています。 二人は交際報道を受けて双方共にそれを否定して大切な親友なだけだと主張しました。以前にも『アメイジング・スパイダーマン』で主演を務めたアンドリュー・ガーフィールドがヒロインのエマ・ストーンというビッグカップルが誕生したことから、スパイダーマン共演者と交際しちゃう説が話題となっています。 もしトムとゼンデイヤが交際していたら、身長173cmのトムに対してゼンデイヤは身長180cmあるので、身長差カップルにもなりますね。

スパイダーマンになるための鍛錬がすごい!

Enjoying the sun :)

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

これまでトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドと2人の俳優が演じてきたスパイダーマン役ですが、3人目となったトム・ホランドは今作でこの役を演じるにあたり相当鍛錬を積んだそうです。 スパイダーマンといえば、腕から投げ出す蜘蛛の糸を使って空間を変幻自在に飛び回り、そして並外れたジャンプ力や素早い立ち回りを行う驚異の身体能力ではないでしょうか。 そんなキャラクターをきちんと演じるために腹筋やボクシングなど体幹を鍛えることに重きを置いたトレーニングをしつづけたそうです。 その結果、一日中撮影が続いてもへばらない体力をつけることができ、ワイヤーアクション中にも体操選手の様にしっかり自分でバランスを保って演技ができたそうですよ。

トム・ホランドは映画『スパイダーマン』史上初のリアルティーン?

アメリカン・コミック『スパイダーマン』は今作も含めると3回ハリウッド実写映画化されていますが、トムはその中でも初めてティーンエイジャーのピーター役を実際にティーンで演じた俳優なのです。 もちろん、これまでピーターを演じたトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドもそれぞれの作品世界観にピッタリはまった姿を見せてくれましたが、今回トムがより忠実にピーターを演じたことで好評を博しています。